The helpful information provided by Dr. Kenji Sato


 

Today, I’m very happy to be able to announce the great information for Topical Steroid Withdrawal provided by Dr. Kenji Sato.

A lot of patients who are suffering from TSW know Dr. Sato by name because of his theory and great method called No Moisturizing Treatment (NMT)’for TSW.

 

He is the leader against Topical Steroids and Protopic to use for Atopic Dermatitis in Japan.  He has been taking care of many inpatients/outpatients from all over Japan/foreign countries for a long time and achieves great results for TSW.  His eminent ability to diagnose patients’ symptoms and clear and appropriate advice make us surprise all the time because they can be the shortcut for healing. 

 

And I’m the testimony who got over TSW in a short period with his methodWithout applying any ointment or cream or oil or moisturizer, the very severe symptoms disappeared 90 days later.  It blew my mind.

 

He sometimes gives comments in the comment column on my blog and this time, mentions about reasons why TSW takes for a long time and can be severe.  So I am pretty sure that this information will help out a lot of patients suffered from TSW and must be helpfull for many people for understandings of TSW

I’m very proud of that he is one of readers of my blog. 

 

Dr. Kenji Sato’s message is as follows;

 

          ******************************

 

*snip*

[sic] 

I think it is worth informing to people.

From my experience, the causes which make TSW symptoms long and severe are the followings;


1. long term and/or stronger steroid use


2. use of tacrolimus


3. use of moisturisers after stopping topical steroids


4. frequent and long bath and/or shower


5. drinking of large amount of liquid, drinking liquid during night


6. wash out exudate and/or scrape off crust


7. insufficient intake of protein and lipid


8. bed rest during the day time


9. insufficient amount of exercise


10. be told not to scratch


11. poor management of psychological stress


12. Subjective accessment of signs (itch, pain etc) and no objective accessment of symptoms (erosion, red, brown, white, exudate, crust, etc )

 

Kenji Sato

 

          ******************************

 

No Moisturizing Treatment (NMT), that was developed by Dr. Sato based on his many experiences for a long time with TSW patients has been showing clearly defined outcome in Japan.

People who have tried NMT can make a definitive statement that it is the best method for your prompt recovery from TSW.  However, you need to understand one thing.

Once you started it, your symptom might look as if it got worse because your skin dries more but it is the process of healing.

As long as I know, healing tends to happen at the last minute of the entire process, meaning, I saw it was accelerated right before inpatients were discharged from hospital 45 to 90 days later.  So I recommend that you don’t give up at the early stage.  If your doctor diagnosed that your symptom is not dangerous, just keep drying your skin and follow the method precisely if you are trying NMT. 

Hang in there….for a while.  Things take time all the time.

 

Shrewed choice and insight are the point for your prompt recovery.

Healing will happen to you!  Take good care of yourself!

 

          ******************************

 

There are comments from fellow sufferers of TSW who had tried NMT to see my blog introducing Dr. Sato’s method in the below topic.  If you are interested in it,

👇 Click below site! 👇

It works! – No Moisturizing Treatment – For Topical Steroid Withdrawal Fellow Sufferers

 

If you haven’t heard NMT and would like to know it more or to see pictures of my symptoms,

👇 Click below site! 👇

How to get over Topical Steroid Withdrawal asap!

 

If you’d like to see the pictures of children’s cure, click the site below.  They are in the video.

👇 Click Here! 👇

https://www.dovepress.com/a-prospective-study-of-atopic-dermatitis-managed-without-topical-corti-peer-reviewed-fulltext-article-CCID

 

 

 

 

 

 

#Tokuko’s Room to Feel Upliftted       #tokuko’sroomtofeeluplifted


The helpful information provided by Dr. Kenji Sato」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます。

    6/1-6/3に広島での日本皮膚科学会へ行ってきました。全くごまかしていることが二つ。それは、皮膚だけでステロイドホルモンが作られ、ステロイド外用でそれが大変障害されることを研究課題にしようとしていないことが一つ、アトピー性皮膚炎の傷から抗原が入り食物アレルギーの経皮感作が起こるが、その比率はアトピー患者と一般の人ではあまり差はないということとステロイド外用で傷を綺麗にしても感作は抑えることができないのにできるかのごとく触れまわっていることです。
    皮膚科学会はけしからんです。頑張らなくてはと思って帰ってきました。

    • 佐藤先生
      大変お疲れのところ、メッセージをありがとうございます。
      先生のお話を伺うと、学会のステロイド推進派の方々は、一体どこを見て研究をされているのか・・・と、副作用患者の一人として唖然とします。

      私も今回の週末は、食事時とちょっと外出した以外は、全て世界中からのステロイド副作用の患者の方々の質問や悩み相談などの対応に追われました。出来るなら佐藤先生の治療を受けに来たい、という外国人の方のメッセージもたくさんありました。それだけ、患者がステロイドの間違いに気付き、副作用を体験し、苦しんでいるということです。

      それなのに、学会側はその患者の声に耳を貸さず、何を研究されているのでしょう?
      患者は医師に叱責されることに疲れ、ひっそりと自宅療養をして耐えています。ステロイドを拒絶すると、医師のせっかくの膨大な知識を享受できないのです。そして、私のような素人が相談に乗る・・・これは、どう考えても間違っています。

      読者さんが増えれば増えるほど、私生活が忙しくなってきてしまいますが、これはある意味、広めるチャンスでもあると思っています。
      読者さんが増えて、私の下手な説明を理解して下さって、そして実際に佐藤先生の脱保湿を自宅でやってみて、よくなって、少しずつ声を上げて下さっている・・・この環境を、先生の理論と実績を伝えるチャンスと捉えて生かしていきたいです。

      残念ながら私には先生の様な医学的知識がないので、なかなか皮膚の構造の理解は難しいのですが、それだけに、誰にでもわかりやすい言葉で、誰もに響く様に伝えるのが私の担当と考えています。その為には私自身がしっかり理解しなければいけないのですが、専門的なことはとても難しく、これからも勉強していかなければと思っています。

      佐藤先生の脱保湿をやってみたいという患者さん達に、しっかりと内容を咀嚼した上でヘルプして差し上げたいというのが私の思いです。医療指導をするつもりは全くありませんが(笑)、私が理解していれば、もう少しはいいアドバイスが出来るのに・・・と思うことが多々あります。

      先生にはまだまだ教えて戴きたいことがいっぱいありますので、またお目にかかるチャンスがありました時には、あれこれご教示戴ければ幸いです。
      これからもよろしくお願い致します!
      お疲れ様でございました。そして、また明朝から始まる診療、がんばってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください