アーカイブ | 11月 2017

世界が知りたがっています


 

先日、英語で

ステロイドの副作用、そして、(止めた後の)離脱症状からの脱出方法を、

このブログにポストしました。

    よかったら、クリックしてね。☟

    How to get over Topical Steroid Withdrawal asap!

 

私が大阪の阪南中央病院の皮膚科に入院して、

非ステロイド治療における日本のリーダー・佐藤健二先生(皮膚科部長)、および

山田貴博先生(現・天下茶屋あみ皮フ科クリニック)から

教わってきたこと、

指導されたこと、

病院での生活の仕方等を、

出来るだけ詳細に紹介したものです。

 

以前から、SNSなどで私を見つけ出して、

海外から、見ず知らずの私にすがるように相談をしてくる、

ステロイド離脱症状に苦しむ患者さんたちやその家族

たっての希望でした。

“ドクター・サトウ” がどんな治療をしているのか、

知りたがっている患者さん達が世界中にもいるのです。

 

今回は、驚いたことに、アップして1時間で、

シェアがシェアを呼び

25か国ほどの方々が、まず、200人以上もページを訪れて下さいました。

たったの一時間以内で、です。

そして、そこから爆発的な勢いで世界中に広がりました

有名人でもない一個人のブログが

ここまで広がり、読まれるのも驚愕の事態です

こちらのデータで見る限り、

現時点ではもう(数えていませんが)何十か国からもの訪問があり、

世界地図は埋まり、

閲覧者は莫大な数になっています。

 

現在、SNSで私を見つけた患者さんやそのご家族から、

数百にも及ぶ 感謝のメッセージ と共に、

質問・悩み相談が押し寄せ、

対応に追いつかないほどです。

(どう考えても、私は医者ではないのですが・・・・。)(笑)

 

ステロイド副作用関連の英語版の記事を書いた時は

海外のステロイド副作用のサポートグループにも発表したりするのですが、

そのたびに、莫大な数の方々が世界中からこのブログを訪れてくださいます。

 

世界中が知りたがっているのです

 

サポートグループの情報からもわかるのですが、

世界中にも、ステロイドの被害を訴えている方々がたくさんおいでなのです。

 

ステロイド外用剤を皮膚炎に使うのは間違っている

その副作用は恐ろしいものがある

止めた後の離脱症状は耐えがたい苦痛を伴う

子供にステロイドを使ったことで、壮絶な心の苦しみを抱えている

二度とこんな薬は使いたくない

 

・・・・・世界中が、

経験した患者が、

悲鳴を上げながら訴えているのです

 

日本だけではありません。

多くの国々で、

皮膚炎にはステロイドが処方され、

多くの患者が、

その恐ろしさに目覚め

この地球規模での間違いに

声を上げているのです

その副作用の壮絶な苦しみに、

「僕はもう、これ以上この苦痛に耐えられない気がする。

この命を、どこまで続けて行けるのか、わからない・・・・。」

そんな切実なメッセージすら届きます。

 

それでも、まだ、

「ステロイドは安全な薬です。」

と訴える医師達こそ、耳を傾ける時が来ているはずです。

ステロイドの恐ろしい離脱症状から脱出した患者たちは、

それがよかったからこそ、

もう、ステロイドを使う病院に戻らないのです。

ですから、

“皮膚科医”という看板を上げていながらも、

ステロイドを一切絶った患者たちが

どれほど改善され

どれほど止めてよかったと思っているのか

見たことも、聞いたこともない医師達で溢れているのです。

 

ステロイドの離脱症状を脱出しても、

アトピー体質が治るわけではありませんが、

(この完治に関しては、まだ世界中でも治療方法が発見されていません。)

少なくとも、ステロイドを使っていた時よりは、

遥かに皮膚が強くなり、楽になります

私の場合で言えば、例えば指は、生肉に薄皮かセロファンを乗せたような皮膚でしたが、

今はしっかりした、普通の強さになっています。

劇的な変化です。

 

いったんステロイドをやめても、

仕事の事情や、結婚式などの大事な行事を控え、

やむを得ず、苦渋の決断で再使用を始める患者たちはいます

何しろ、ステロイドの離脱には、長い年月を要する場合が多いですから、

それは苦しい決断です。

しかし、ステロイドは、炎症を(治してはいませんが)

とりあえずひっこめてくれる作用はあるので、

ごまかしながら、職場復帰をする苦しい決断もあるのです。

そういう、やむを得ない事情による再使用患者にしか会っていない、

そんな皮膚科医で世界は溢れているのです。

医師として、せっかく膨大な知識を持っておいでなのに

気付き始めた患者や、

一部の観察力の優れた医師達の意見を尊重しないばかりに、

ステロイドを使わないことによる改善ぶりを

見たことすらない膨大な数の医師達がいるのです

貴重な臨床例に触れる機会がないのです

 

アトピーなどの皮膚炎にステロイドを使い始めたのは

地球規模での間違った一歩でした

しかし、それを使い続けてきたのは、

医師たちも、患者たちも、知らなかったからなのです。

使うことによって、かえって皮膚炎が難治化すること、

使い始めると、やめられなくなり(常習性)、

やめると想像以上に恐ろしい副作用があること、

ちょっとした刺激に負けやすくなり、色々な皮膚炎が誘発されること、

・・・それらの事実を知らなかったのです。

しかし、患者たちが気づき始め、声を上げ始めた今、

その間違いを正さないのは、

視野の狭さの露呈であると同時に

他者の意見を取り入れないと言う、寛容さの欠如であり、

柔軟さの欠落です。

 

例えば、外科医などは、人には言えない

納得のいかない失敗を抱えていることが多々あるかもしれません。

人間ですから、ミスはあります。

しかし、その失敗から学び、その経験をもとに

次から多くの患者を救えれば、それはプラスに転化されていきます。

間違いを正すのは、決して恥ではありません。前進です。

 

今回私は、世界中から、たくさんのいいね!』(=Likeを戴きました。                                                                                                 

        

このブログ上だけでなく、SNS上でも、

いろいろなところでいいね!』=(Like)の嵐でした。

シェアしてくださった皆さんの、それぞれのFacebook上などでも、

いいね!』=(Like)が止まりませんでした。

そして、私は溢れるほどの感謝の言葉も戴きました

ありがたいことです。

世界中が知りたがっていることを、再認識することができましたから。

 

ステロイドの件に関わらず、

ものごとには色々な見解があります。

その考え方も『いいね!

でも、あの考え方も『いいね!

そんな思いで、一歩を踏み出す柔軟性があれば、

もっと世界は優しいものになって行く、

そして道は開けていくに違いない・・・・そう思う私です。

 

あなたのいいね! (=Like ボタン)も、

大きなサポート絶大なアピールとなります。

世間の関心の高さが見た人に伝わるのですから。

意思を伝える小さな一歩は、

今、あなたの目の前にいる人だけでなく、

未来を救う大きな一歩だと考えてみていただければうれしく思います。

『いいね!』アトピー・バージョン (笑)

 

大げさではありますが、また、おこがましくもありますが、

『徳子・世界を救うプロジェクト』(笑) の一翼を担っていただけたら幸いです。

みなさんのご協力、ご理解に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

     ☟ 阪南中央病院での経緯、日本語バージョンはこちら ☟

     脱ステのリバウンドから最短で脱出する方法 - 徳子編

     何度も言いますが~(笑)、私は医者ではありませんので、素人の見解が含まれていることはご理解ください。

     ただ、脱ステ・脱保湿の治療は本当に素晴らしいものです。

 

 

*** 外国人のお友達がいらっしゃる方***

この記事で紹介させて戴いた、

以下の英語版の記事を一人でも多くの方に届けて、

ステロイドの恐ろしさを伝える一翼を担って戴ければうれしく思います。

まず、知ることが大事なのです。

あなたの小さな行動が、未来の子供たちや、未来の患者を救うことになります。

佐藤健二先生もコメントを寄せて下さっています。

よろしくお願いいたします。

 

    ☟ クリックしてシェアしてね。☟

     How to get over Topical Steroid Withdrawal asap!

 

(このブログでは、皮膚炎の写真を見たくない方の為に、矢印で注意喚起し、見なくていいように工夫してありますので、ご安心下さい。)

 

 

 

 


How to get over Topical Steroid Withdrawal asap!


 

Topical Steroid Withdrawal warriors,

I see so many people are suffering Topical Steroids Withdrawal (TSW) all over the world nowadays.  Although patients are struggling to get it over, majority of dermatologists prescribe Topical Steroids mainly for atopic dermatitis and other skin problems even now.  I believe the time has come that the world should realize the medication cannot heal all but can be a toxic for the skin. 

See the pictures at the very bottom of this page if you are ready to know how horrible side effects of Topical Steroids are.  Since they are hard to see, viewer discretion advised, I placed them at the end on purpose for people who don’t want to see.

 

                                   **************************************************************

 

Well, fellows who saw the pictures……I’m so sorry for showing these ugly pics of mine below but you saw the obvious improvement on the third one of pictures of my lower leg, didn’t you?  It must be hard to believe but I didn’t use any topical products like ointments or creams to get cured.  So I’d like to explain about the best way in my life to get away from TSW hell for people who are suffering it.  I fully understand how tough it is so really want to encourage you guys to help out!

 

I had been using the strongest Topical Steroids all the time due to severe atopic dermatitis for more than 50 years since I was 6 months old.  I had never healed with them but wasn’t able to have ordinary life without them because they pull in inflammation barely, meaning, temporarily. However, the medication lose effectiveness gradually over time and had stopped working finally.

After I stopped using it, experienced horrible withdrawals/side effects as you saw below 4 times in the past 5 years.  It developed all over my body actually and I looked like a monster losing hair twice, lost weight 27 lb, 12 kg, in one week due to fluid oozing from the surface of skin, and so on…. 

Sometimes I looked completely red (Red Skin Syndrome) as if the entire body suffered extensive burns, then got crusts all over my body like fish then became red again with oozing fluid like a severe burn then got crusts again and then…..the symptom repeated over and over.

I had such bad side effects due to long term use of Topical Steroids but most of dermatologists still diagnose it as ‘atopic dermatitis’.  Do you also think so to see my pictures? 

No, it’s NOT atopic dermatitis.

We might not be doctors but even ordinary people can say, ‘It is abnormal!’ once seeing pictures below and anyone can tell the medication showed its fangs as a highly toxic substance.  It is obvious side effects.  Topical Steroids should no longer be used for skin problems. 

 

Even if you need to be hospitalized, there aren’t many hospitals to accept TSW in the world and the situation is the same in Japan too.  Patients are like denied refugees looking for hospitals with severely diseased body and I also wasn’t able to find even one at the biggest downtown Tokyo in Japan.  However, fortunately, I was introduced to a hospital by a famous Japanese dermatologist (Dr. Fujisawa) and was administered after the third attempt with acute aggravation of the skin at Hannan Chuo Hospital in Osaka, Japan.

And I finally found the best treatment in my life there…….that is,

No Topical Steroids and No Moisturizing Treatment (NMT) .

(This is a little different from Moisture Withdrawal (MW) but more than that.)

It must sound impossible to attempt ‘No moisturizing Treatment’ for people who have super dry skin like atopic dermatitis patients and I also thought the same but a miracle happened with the treatment.  Although it didn’t work very well while I just stopped using Topical Steroids but once I stopped using any moisturizers and did more than Moisture Withdrawal at the same time, my symptom got well miraculously in a short period!!

The 1st pic of the first three (the left lower leg) was taken on the Oct 29th, the 2nd one was on the Nov 18th and the 3rd one was on the Dec 17th in 2015.

Now, you are a witness.  Even if the symptom is this bad, it is cured after approximate 2 months of treatment, in other words, with ‘No Treatment’.

 

I got this miraculous recovery with Dr. Kenji Sato‘s treatment at Osaka, Japan as an inpatient for 3 months.  He is the leader against Topical Corticosteroids here in Japan. 

He doesn’t prescribe Topical Steroids or Protopic (Tacrolimus) or Neoral (Ciclosporin) definitely, almost no medications or no topical products while you are hospitalized actually.  (Except sleeping pills in need, anti-itch medicine per inpatients’ request, and so on…)

 

Well then, what do you do there?  Why it can be cured like this?

 

I’d like to tell you what we do and what we learn at Hannan chuo hospital.

          ****** If you wonder medications above would work, click below site! ******

          The fact that you definitely have to know – For Fellows with TSW

 

At the hospital, inpatients just maintain regular bedtime, sleep tight, eat well, and work out to increase in metabolism for generating healthy skin

         

 

To sleep tight during the prime time of skin, meaning, from 10:00 p.m. to 02:00 a.m., is really important.  You should arrange your daily life to fall asleep at 09:30 p.m. everyday.  Don’t be a night owl. 
(Growth hormone that accelerates metabolism is generated from 10 pm to 2 am.  It makes new skin.)  You’ll see a big difference if you can make it.

 

Carve out time for excercise

To work out every day is necessary to boost your metabolism and it accelerate regeneration of skin. 

If possible, take more than 1 hour for jogging or wogging or fast walking.

Doctors suggest to do it until getting sweat a little at least.

However, even if you weren’t able to make it, please don’t pick on yourself.

Although this is my own opinion, your state of mind affects your skin condition. 

Keep being peaceful mentally and it is important to gain an early recovery.  There is tomorrow!

 

Dr. Sato does not recommend to take a shower/bath very often

It removes moisture (normal bacterial flora also) from your skin.  The shower washes it away and it runs in the bath tub.  While the symptom is very bad, you shouldn’t take it.  I didn’t know it when I was at home and was taking a bath every day because of oozing liquid from the entire body.  Soemtimes crusts covered all over my body peeled off in the bath tub and water turned to be white in a short time.  I was loosing a lot of proteins then.  It was very dangerous.

I wasn’t allowed to take a shower for a while, then got approval once 3 or 4 days in the hospital.   It always should be done in a short time.  If you can finish it within a few minutes, it will be good enough but for as short a time as possible anyway.

The main reason to take a bath/shower for us is to avoid infections diseases diminishing bacteria on your skin.

The warm temperature brings on intense itch so either way, you should finish it quickly.

Hot springs also can be moisturizers.

 

People tend to wash too much nowadays being swayed by prevailing trends with CM and advertisements but we don’t need to use soap or shampoo when you take a shower since dry skin is a little more difficult to get dirty than normal skin.  If you really want to use it, use soap bars but not liquid body soap.  To make it liquid, they have to use surface-active agent, that is a petrochemical product.  It is obvious that is not good for your skin.  Liquid soap remains ‘in’ your skin even if you believe you washed it away.  Use soap bar instead of shampoo if you really want to do it.

 

Once you stopped using Topical Steroids, Not to Moisturize at the same time is VERY important.  You have to do it thoroughly.

Do not wear too many clothes.  It also can be moisturizers.  Even if you got disorders of thermoregulation like freezing cold sensation due to TSW, try to wear less clothing.  I used to wear cotton loose-fitting T-shirts and thin cotton short pants that doctors recommend in the hospital.

Thick top covers/comforters also can be a moisturizer.

No skin cream or lotion or natural oils to moisturize.  You have to hydrate your skin with your natural ability, otherwise,  you need to use them forever and your skin doesn’t work for that awaiting something to be applied from outside all the time. 

(I didn’t put any topical products while I was in the hospital and even now also.)

 

When you scratched, I know it gets worse but just air-dry the part. No need to put ointments or creams. 

Skin recovers the fastest if you just dried it.  (I didn’t know this amazing fact until I meet Dr. Sato.)

If you get oozing fluid from the surface of the skin too much, just apply a piece of clean gauze with the same size of affected part.  It should be washed and dried in advance with water to deminish the stimulation to the skin.  It is applied instead of a scab on the part so should be 1 piece only but not 2 or more definitely.   If it peeled off partially after a while, cut off the peeled part only and keep remaining the clinging part.   When you take a shower, leave it as is and then dry as is.  You can leave the same gauze for 1 week at the longest.  Don’t remove it on purpose.

 

After you scratched the skin, ooze tends to seep out.  It happens because you might have too much water.  We had a strict restraint for drinking water in the hospital. 

I was allowed 1000 ml total amount of intaking water a day first then 2 months later, 1200 ml including fruits, jelly, yogurt, etc….(This is in my case.)  It was very tough for me because a lot of ooze was seeping out so fast and rolling down from my raw skin all over my body.  I was craving water as if a dying person in a desert….lol 

As I explained above, I lost 12 kg (26.5 lb) in the first 7 days due to continuous running ooze (Ahem….it must be retained for record at the hospital….lol) but the restriction stopped ooze that runs from all over my body completely and diminished it coming out after scratch obviously.  If I didn’t have this direction, I would put my life danger because I was losing proteins from my body until reaching critical limit due to hypoalbuminemia.  The ooze contains a lot of proteins so letting it run one after another makes you lose the important nutrient factor out of your body.  (Falling a lot of crusts also contain proteins!)

However, I believe this requires medical supervision.  (You can’t find hypernatremia, hypoproteinemia, hypoalbuminemia and so on by yourself.  Only medical professions can diagnose dangerous symptoms.  Or they might prescribe laxative in case nessesary.)

Even after discharge from hospital, I try not to drink too much water. 

 

When you go outside, please don’t forget to wear a hat or use a sun umbrella to shield the skin from UV rays.  Since you don’t put on sunscreen (sun cream/lotion), always have to have one of them.

                                                    

 

As for food, You can eat anything basically but do not take or eat or apply Liquorice (Licorice), Glycyrrhizin (Glycyrrhiza/Glycyrrhizae Radix) if you saw them in the ingredients.  Names are different but they are the same one and it is included in food, Chinese medicines and cosmetics.  Once you use/have it, your brain would misunderstand as if you began to use Topical Steroids again.

Oh, also, eating any food is ok but please try to avoid salty food.  That makes you feel thirsty and you will have more water.  I didn’t know it first and bought a soy sauce in the hospital but Dr. Sato found it in one glance.  He asked me, ‘What is it?’…….I answered, ‘It is a decoration of my room.’ jokingly….lol

Needless to say, eating well-balanced meals is very important.  Especially, since proteins generate your skin, try to have them consciously.

 

Well, this is all we do in the hospital and with this simple procedure for a few months, all of inpatinets can improve their symptoms very well.  It was an amazing fact for me. 

I had been appliying Topical Steroids on affected parts always for more than 50 years for my atopic dermatitis and they had never cured my symptoms but without putting any ointments or creams, my skin improved SO much for the first time in my life.  I fully realized that Topical Steroids are highly addictive and make atopic dermatitis or other skin problems obstinate.

However, the most intense and unrelenting itch known to man is still uncontrolable usually.   When you have such a strong itch as if an attack starts, you scratch the part like mad and it is breath-stopping.  Yes, I know you feel like hollowing the part until reaching to the bones or internal organs and think you’d like to tear the body part off if possible during ‘the attack’.  And even worse, after you scratched, you always feel regret and the part pains…….but it can’t be helped because no one can stop the itch.  It is our big problem.  I guess you try to use ice packs or take anti-itch medicines to deminish it and we do it in the hospital too but they don’t work perfectly as you know. 

 

Dr. Sato says, Don’t worry about scratching.  It is ok to scratch because it is such an itchy sickness.  Once doctors warned not to scratch it to patients, the relationship of mutual trust will be ruined at that moment.  Itch is the major symptom of this sickness so it is ok.  Scratch, and then dry it.  And scratch, and then dry it.  Repeating this same pattern, your skin is getting stronger little by little.  However, please don’t forget that the last scratch should be tenderly.”

 

….I was moved so much to hear this and knew he was the real doctor.  Everybody had been saying ‘Don’t scratch.’ to me kindly in my whole life history but I know it is uncontrolable level for human beings.   I can make definitive statement that no human beings can stop this intense itch, but all of you must have been said, ‘Don’t scratch.’ by doctors, your family, frineds, etc…in your life so I believe you also are encouraged by his lines above.  It must be such a relief to hear for patients.  It is ok to scratchPlease don’t feel bad about yourself.

 

I just followed Dr. Sato’s direction in an authentic way in the hospital.  Actually, I couldn’t help repeating to scratch but dried my skin after that every time.  In case I got fluid oozing a lot, applied a piece of gauze and dried.  As you see in the pictures below, I used to have brown thick crusts on both of my legs and scratched even such parts until all of them fall off……but just dried later in that case too.  I repeated it over and over, again and again……then my skin was getting stronger little by little and finally, I got a miraculous recovery within 3 months.  The thrid picture below is the result.  (The pictures show only for 2 months result though I was in the hospital for 3 months.)  It was amazing because the treatment was as if ‘No Treatment’ after all. 

Most of inpatients also get very well with the treatment when they are discharged and they look like having healthy skins.  Additionally, my scratched skin looks stronger obviously now

I would like to declare that you also can get over TSW with ‘No Topical Steroids and No Moisturizing Treatment (NMT)’.

I knew that we didn’t need to apply Topical Steroids from the beginning

 

Topical Steroids has a strong potential for addiction and make your skin problems be refractory.  And the side effects and withdrawal are horrible.  It is sound choice you stopped using Topical Steroids for your skin problems!

 

I fully understand how tough Topical Steroid Withdrawal is because I’m the experiencer and if I may say so, I might have experienced one of the severest TSW symptoms in the world.  I’m one of them who used the storongest Topical Steroids the longest globally or worldwide or spacewide…..lol 

So, I really would like to disseminate the worldwide misstep of Topical Steroids.

Steroids should be used only for life-threatening situation.  Immunosuppresants shouldn’t be used for skin problems like Atopic Dermatitis.

 

I’m afraid to say this but, it is a long journey to get over TSW, however, once it happened on your body, ‘you’ have to get it over anyway and you are the only one to make it.  You just need to understand that it takes time.  I’m sure you know it but we tend to forget it. 

If it is sure that you won’t get complete heal tomorrow, it’s better to enjoy today’s life finding blessings.  There are gratefull things here and there around you!  Even if you cried over, or even if laughed a lot, the next day’s symptom is the same so it is waste of time to spend your time feeling sad.  Time is your life. 

 

For the fastest recovery,  I recommend the therapy above.  As long as I know, all of other patients who challenged the treatment won’t see doctors who prescribe Topical Steroids forever and will take the learned therapy ‘No Topical Steroids and No Moisturizing Treatment (NMT)’ in case they got flare again.

 

Trust your body’s natural healing ability You will be ok without medications.   I’m not scared anymore even if I got the same symptom again in the future because I learned the most effective way above.

 

Try to keep being positive in any situation!  Mental health status is very important for the fast recovery. 

   

It doesn’t need to be perfect.  If you found 1 tiny good part, bless it!  

When you say, ‘This finger is really bad….’ to someone else, you are missing something. 

Bless other 9 fingers.

 

Smile first, then you can be happy.  It brings you happiness.  Smiling is not the thing to do after you became happy.  The order is important to make your life wonderful.

 

You’ll be ok soon.  Hang in there!

Hugs,

Tokuko

 

  ***I recommend you try the therapy with a doctor who you can rely on because sometimes you might get infections that spread, hypernatremia due to extreme water restriction, hypoproteinemia and hypoalbuminemia due to losing too much protein and some other sicknesses that  might happen secondary.  I used to see dermatologists often even while I was taking bed rest at home.  It doesn’t matter if the derm can take care of TSW or not.  Only medical professions can diagnose dangerous symptoms.  ***

***Before you initiate NMT, please try to read other articles regarding TSW from the ‘POSTS IN ENGLISH’ tub.  Don’t miss a thing to accomplish it and get the fastest results.

 

☟ Viewer discretion advised Severe Dermatitis Pictures below

 

 

 閲覧注意(皮膚炎の写真があります)

 

 

 

☟   Viewer discretion advisedSevere Dermatitis Pictures below

 

 

☟   閲覧注意(皮膚炎の写真があります)

 

 

☟   Viewer discretion advisedSevere Dermatitis Pictures below

 

 

☟ 閲覧注意(皮膚炎の写真があります)

 

 

<<<My left lower leg >>> 

From Oct 29 to Dec 17, 2015 at Hannan Chuo Hospital in Osaka, Japan

Oct 29, 2015

Nov 18, 2015

Dec 17, 2015

 

 

 

<<<My left ring finger>>>

I did no treatment during the period below.  Just dried even after I scratched.

Scratch and dry and scratch and dry and scratch….I didn’t put any topical products or bandages too.  Even if it was bleeding, I just dried.

And finally…..see the last picture!  The skin became way too strong!  It is amazing!

 

 

 

 

 

 

          ********If you are brave and would like to see more pictures of my symptoms and improvements, go to another  

      page below.  It is written in Japanese but pictures are at the very bottom of the page.

 

               ☟ Click here. ☟

                The 4th Happy Anniversary after stopped using Topical Steroids - 脱ステ4年記念日に - ステロイドをやめて変わったこと                 

脱ステ4年記念日に - ステロイドをやめて変わったこと

 

 

            *******You can see kids’ improved pictures in a study below.

 

    ☟ Click here. ☟

             A prospective study of atopic dermatitis managed without topical corticosteroids for a 6-month period 

 

You can manage Atopic Dermatits without Topical Corticosteroids!

 

Downtown Tokyo from the sky

 

 

#Tokuko’s Room to Feel Uplifted    #tokuko’sroomtofeeluplifted


『虫の知らせ』って、信じますか?


 

虫の知らせって、信じますか?

バカバカしいと言われればそれまでですが、

不思議だけれど、これって身の周りでもよく聞きますよね。

 

いよいよ年末も近づき、

ぽつりぽつりと

悲しいお知らせが届いたりする時期になりました。

 

昨日、私の故郷の大好きな叔父(亡き父の兄)が、

今年亡くなっていたことを、

いとこからの喪中はがきで知りました。

叔父の家では、私が遠方なので、

気を遣って知らせなかったようです。

故郷を後にしてからは、何年かに一度しか会えない叔父ではありましたが、

ちょうど、ハガキを受け取る2日前に、

叔父はどうしてるかなぁ、元気かなぁ・・・

と、気になって考えていました。

ちょうど、いとこが喪中はがきを投函した頃でしょう。

なんだか、いとこの優しい気持がこちらに届いていたような気がします。

 

ふと、気になって、

(叔父が亡くなった日に、私は何をしていたのだろう?)

と、パソコンに残している記録を見ると、

なんと、その夜に私は久々に亡くなった父の夢を見ていました

しかも、珍しいことに、

会話までしていたのです。

夢の中で、

なぜか、とある新築の2階で、

身内と何かを話している父に

私が一方的に話しかけただけの内容が記されていましたが、

父が亡くなって4年、

ほとんど夢に出てこない父と、会話までしていたので、

わざわざパソコンに記録していたようです。

 

父は、

「徳子。今日、叔父さん(=父の兄)が亡くなって、天国に来たんだよ。」

ただ、そう知らせたかった気がします。

兄弟をとても大切にする父でしたし、

自分が病床にありながらも、

年老いた兄(私の叔父)の健康をとても案じていましたから。

あいにく、鈍感な私は、そんなお知らせだと気づきませんでしたが、(笑)

・・・・伝えたかったのでしょうね。

 

私の母が突然亡くなった日の前夜も、

不思議な虫の知らせ現象がありました。

母は突然亡くなっていますから、

誰一人として母が亡くなるなど思いもしなかったはずですが、

母の兄弟姉妹の全員が前夜真夜中に

なんと、

居間をネズミが走り回る音を聞いたそうです。

もちろん、ネズミなどどこの家にもいませんでした。

それなのに、母の兄弟姉妹全員が、

それぞれの家の居間から

ネズミの足音が聞こえて目覚めたというのですから、不思議なものです。

 

虫の知らせの話題になると、

必ずたくさんの人達から、

「そう言えば、うちの親戚でも・・・!」

などと、色々なエピソードを聞くことができます。

不思議だけれど、

なんだかちょっと楽しい話題にもなって、盛り上がりますよね。(笑)

なぜだかわからないけれど、

たくさんの人達が、科学で解明できない現象を、同じように体験するのですから。

 

亡くなる人は、亡くなる一週間くらい前から(魂はそのことを知っているので)、

親しい人のところを(魂が)周って歩く・・・・

というのはよく聞くことがありますよね。

男の人はおトイレから

女の人は台所から・・・・

何か気配や音がする、と言うお話し、

信じてもいいのかな、という気がします。(^_^)

大切な人だからこそ、会いたくなったり、

お知らせしたくなるように思います

そう思うと、怖いのではなく、

あったかい気持ちになりますよね。

 

あなたも、不思議な虫の知らせ、

経験ありますか?

 

よろしければ、楽しいお話を、コメント欄でお話してくださいね。

 

 

#虫の知らせ #突然 #故郷 #居間 #夢 #ネズミ #喪中はがき #年末


『革命のファンファーレ』が、スゴすぎる!!!


 

スゴイ本を読みました。

 

もう、何がスゴイって、脳みそがぶっ飛びます

お笑い芸人・絵本作家としてしか知らなかった、

キングコングの西野亮廣(にしのあきひろ)さんの書いた

革命のファンファーレです。

 

 

これ、もう、とにかくスゴ過ぎなんです。

何がすごいって・・・・

読んだら、自分自身の、この時代での立ち位置に気付かされるんです。

そして、時代がものすごい勢いで変わっていたこと、

なのに、その流れに乗っていなかったこと・・・

それらを、痛感します。

 

私も、その辺の若いモンより(笑)、そこそこコンピューターもやるし(?)、

新しいものには飛びついて、何でも体験してみたり、

人がやったことのないことに挑戦してみたりが大好きで、

我ながら、

まあまあ、時代にはついて行けてるかな・・・・

 

なあ~んて、やや、自己満足していたのですが、

なんと、

全然ついて行けてなかった・・・・

読後にそれを思い知りました。

どっか~~~~~~ん!!!

という衝撃を味わったのです。

 

コンピューターが一般家庭に浸透し、

色々なことが便利になり、

なんでもかんでも自宅に居ながらにして出来る時代になりました。

しかし、見えているつもりだったこの時代は、

私たちの想像を遥かに超えて進化していたのです

(ここまで全てが変化していたなんて・・・。)

初めて、そう思い知り、衝撃を受けました。

 

読んでいない方には、私が何を言っているのかわからないでしょう?(笑)

ネタばれはいけないので、中身は言えませんが、

時代について行きたい!」

と思っている方、必読の書です。

この本はまだ、出てから一か月少々ほどかと思いますが、

この先、爆発的にヒットすると思います。

それくらいスゴイ。

とにかく、スゴイとしか言いようがありません。(笑)

(なんて語彙力のない説明でしょう!)

 

かく言う私も、この本は

日本一の金持ち・斎藤一人さん(生涯納税額日本一)の直弟子である宮本真由美さんに、

「とにかく、スゴイの!!!!

本の半ばくらいに行った頃には、もう、脳天ぶっ飛んで爆発するよ~!

徳子さんには絶対読んでほしい!!!!全ての答えがそこにあるの!!」

・・・と教えてもらい、速攻で買いに行って読みました。

そして、ホントに脳天ぶっ飛び、爆発でした。(笑)

 

キンコンの西野さんと言えば、数年前に、

お笑い芸人でありながら、素晴らしい絵本を出版されていますが、

ナント、それをネット上で全ページ無料配信して話題になりましたよね。

 

   ☟ 興味のある方はクリックしてね。いいお話です。

   『えんとつ町のプぺル』

 

絵本が買えない子供たちにも平等に見られるように、

という配慮は聞いていましたが、

その根底には、凡人には到底想像もできないようなビジネス戦略もあったのです。

常識を覆したことから、随分あちこちで叩かれたようですが、

結果はと出て、彼の完全勝利絵本は爆発的に売れました

そのノウハウも、余すところなく説明されています。

 

こうして、宮本真由美さんを始め、

色々な方々や、

私ですらブログで紹介していることも、

西野さんの思惑通り。(笑)

・・・一体私が何を言っているのかは、

読めばわかります。

ジャンルはビジネス書なのですが、とっても読みやすく、

ビジネスに興味があるとかないとか関係なく、

自分が時代について行っていないこと、

言い訳をして行動していないことを知る、

素晴らしいきっかけになります。

 

さらに、

やらねば!)

という気にさせられます。

何をやるのかは置いておいて、(笑)

ある意味、自己啓発本でもあることに気付きます。

 

そして、本の最後のページでは、

西野さんの他者への底知れない愛を知り

感動します。

是非!!! 

 

『えんとつ町のプペル』

 ☝「著作権によって助けられている部分はたくさんあるけれど、
   著作権によって潰されている可能性もたくさんある」by 西野亮廣
・・・・そんな考えで、著作権をナアナアにしてみた西野さんの作品です。
 
 
***ちなみに、宮本真由美さんの著書も、どれも素晴らしいですよ。
落ち込みがちな方にお勧めです。(^_^)b
 
 

ステロイドを止めた後の、リバウンドが不安?


 

まだ起こっていないことを、とっても心配してしまう人がいます。

特に、アトピー性皮膚炎の治療に使ってきたステロイドを止めた後、

そのリバウンドによる悪化は、一度で終わらないことがありがちの為、

(また、同じ苦しみが訪れるのでは・・・。)

という不安が起こるのももっともでしょう。

しかし、その再発いかんに限らず、

生きていると、色々な不安が起こるものです。

 

このまま行けばいつかは・・・・」

などと言って、未来を心配したり、

この分でいくと必ずそうなっちゃうよ。」

などと、

今までの少ない経験を基に、

不安症に陥りがちなのが、私たち人間です。

霊視能力があるわけでもないのに、(笑)

ついつい、マイナスの未来を予測しては、心配してしまいがちです。

 

ただ、マイナスのことを考えてしまうのは、

実は、人間の持って生まれた普通の感情なのです。

物事を不安に思うという感情がなければ、

人間は命を繋いでここまで来られなかったからです。

 

どういうことかというと、

色々なものが整っていなかった昔は、

例えば、寒くなった時に備えて

食料を備蓄したり、

暖かい服装を用意したり、

そういうことをしてきたから、

生きてこられたのです。

あれこれと、自分や家族を守る為に、

前もって準備が出来たからこそ、

人間は知識と文化を引き継いで、ここまで来られたのです。

これが、

もし人間に、不安な感情が芽生えなければ、

人類はは絶滅していたでしょう

 

人類の進化の図を見たことのない方はいないと思いますが、

サルのような姿から、前かがみの人間が、

次第に背筋を伸ばして直立歩行になっていく、あの図・・・

それを見て、

とある学者は、

このまま行くと、人類は次第に背筋がそっくり返って行くだろう。」

と、予測を立てたそうです。(笑)

 

そんな行き過ぎた不安を持っているのでは、

「この調子で行くと、日本人は一億総エグザイルになってしまう!」

とか、

「就職口がない時は、娘はAKBに入れるしかないわ!」

とか、

「これじゃ、俺、福山と見間違われちゃうんじゃね?」

などと言っているのと同じで、

笑いのネタになるくらい、バカバカしいことです。

 

 そうは言っていながらも、

ステロイドの副作用を経験した私たちは、

ついつい再発を恐れて、

「また、いつ、大爆発するかわからない・・・。」

とか、

「今度悪化したら、どうしよう・・・・。」

などと、未来に不安を抱いてしまいがちです。

 

でも、よく考えてみてください。

まだ、それは起こってもいませんよね?

そりゃ、起こるかもしれません

でも、起こらない可能性もあるのです

なのに、せっかく少し調子よくなっている時にすらも、

未来を不安に思って

暗い予測の話をするのはやめにしませんか?

 

起こらないかもしれないことを、

どうしようどうしよう

と、懸念しまくって、

せっかくの貴重な、楽しく過ごすべき今のこの時を、

自ら暗い未来予測の時間にしないようにしましょう。

どうせ未来のことは誰にもわからないのですから、

(少なくとも、あなたに霊視の

スゴイ能力があるのでなければ)(笑)、

悪い未来を想像して嘆くよりも、

きっともう

悪化しない気がするんだよねー♪」

と、明るい未来を想像してみませんか?

 

実際、どの程度の薬を、どのくらいの期間使ったら

どのくらいのリバウンドが起きる、

あるいは起きない・・・

そういったデータは地球上に存在しないのです。

誰にも

わからないのです。

皮膚炎はデータがとりにくい、というのは、素人にも察するに余りあります。

 

強いステロイドを塗ったから

長いこと使ったから

・・・そんな使用歴や頻度や強度にかかわらず、

リバウンドは

起こる人起こらない人がいるのです。

 

一度も起こらない人

一度で終わってしまった人

何度も繰り返す人・・・・

それぞれありますが、

理由はわかりませんし、

どうなるのかもわかりません

 

なのに、

なぜ不安ばかりを選ぶのでしょう

明るい未来を予測して楽しく過ごすという選択もあるのです。

どうか、空想の世界で、苦しまないでください。

 

次は大丈夫な気がする。」

もうあれほどの悪化は来ないと思う。」

そう、明るく思い描いて、

他の、幸せ見つけをしてください。

感謝出来ることを探して、

今を楽しんで下さい

 

不安に思うのは人間の持って生まれた本能です。

でも、それを打ち破ってみませんか?

物の整っていなかった太古の昔とは違うのです。

現代は、1億総中流と思っているのが日本人で、

私たちは、そんな日本に生まれ育っているのです。

誰もが必要なものに手の届く時代に生きているのです。

100均に行ったら、そんなにお金はなくても、

ほしいものくらいは揃います。

そんな時代になっているのです。

重く考えすぎないことです。

不安があなたの症状を悪化させてしまうことは、

あなた自身が、実は気付いていますよね?

 

太古の昔と同じように、

未来の不安に思い悩む必要はありません

悪いことが起こったら、

その時に対処すればいいのですし、

その為に必要なものは揃っているのです。

むやみに不安にならないでください。

 

大丈夫

なんとかなるものです。

なんとかしましょうよ。

 

何か起こった時に、即座に対応できるよう、

少しくらいの貯金だけはしておきながら、

心は、ゆる~~~く、ふわ~~~んと、

そして感情は、今ある、ありがたいことを選択し、

今日を楽しく過ごしてください

今持っている、たくさんの感謝すべきことに気付いてください。

そんなあなたに、

きっと神様か何かからのご褒美がありますよ。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

#アトピー #リバウンド #不安症 #ステロイド #副作用 #悪化 #太古の昔 #皮膚炎 #感謝 #ありがたいこと


エネルギー泥棒、育ててませんか?


 

今日は、特に女性に向けてのお話です。

 

ねえねえ、ちょっと聞いて~~~~!」

 

そう言って話しかけるパターン。

よく、女性にありがちですよね。

女性って、とにかく話を聞いてもらいたい動物です。

 

それほどカッコよくもないのに (笑)、よくモテる男性や (?)、

そ~んなお金持ちでもないのに (笑)、何度も結婚している男性とかも (?)、

よく見ていると、女性の話を、よ~~~~~く聞いたり、

聞いている素振りがうまい人 (笑) が多いものです。

それくらい、女性は話を聞いてもらえることで

かなり欲求が満たされストレスも解消出来るようです。

 

「聞いて、聞いて~~~♪」

って、女性は思いついたことを

ペラペラペラペラ話してしまいがちですが、

そんな女性だからこそ、私たちは、

日頃どんなことを話題にしちゃっているのか、

時々は考えた方がいいかもしれません。

 

実際、自分のストレス解消の為に、好き勝手な言動をして、

相手を疲れさせ、他人のエネルギーを奪ってしまう人・・・

近くにいませんか?

そういう人々は、

エネルギー泥棒、もしくは、エナジーバンパイア

と呼ばれます。

あなたも、誰かにエネルギーを奪われた経験、ありますよね?

その人と話していると、

なんだかいつも疲れてしまったり、

どうもスッキリしない・・・

それは、明らかにエネルギー泥棒(エナジーバンパイア)です・

 

そして、恐ろしいことに、

エネルギー泥棒は、

無自覚の場合がほとんどです。

あなたからエネルギーを奪っている相手も気付いていませんが、

あなたも、私も、気付かずに

エネルギー泥棒になってしまっていることがあるかもしれません。

 

まず、最もわかりやすく、誰にでもありがちなのが、愚痴

愚痴ばっかり・・・・という人が、あなたの周囲にいませんか?

あるいは、あなたが “嘆きの人” (笑) 、“ボヤキ人間” になっちゃったりしていませんか?

 

女性は、他人に愚痴を聞いてもらうだけで、かなりすっきりするように出来ています

 

一方、優しい人ほど、相手に、

「愚痴、聞くよ~?」

みたく言ってあげたりしがちですが、

愚痴のめちゃくちゃ多い人は、

あなたが愚痴を散々聞かされた後に、

相当なエネルギーを奪われてしまって、

そして、そこから這い上がる為に、

また更に相当なエネルギーを使わなければいけないことなど

微塵(みじん)も考えていません。

無意識のうちに、あなたのエネルギーを奪って、自分のエネルギーにしているのです。

その名の通り、エネルギー泥棒です。

 

そういう人をも、優しいあなたは、

ついつい救ってあげようとしてしまい、

(辛そうだから、愚痴くらいは聞いてあげなくちゃ・・・。)

なんて思っていませんか?

・・・そんな人にまでいい人になっていると、

あなたの健康にすら影響を与えることがあります

だって、どよ~~~~んとした話しや

イライラしながら、怒りの話を聞かされていると、

自分の自律神経すら乱されてしまいますから。

どうかあなたは、そんな人とは距離を置いて、自分で自分を守って下さい

 

しかし、それだけでなく、実は、

愚痴を言い続けている人は、

また愚痴を言いたくなるようなことを

どんどん引き寄せ続けるものなのです。

ですから、そんな人へのホントの優しさは

愚痴を聞いてあげないこと

そっちの方が  なんです。

でも、優しいあなたは、

なかなかそれを切り出せませんよね?

そんな時は、知っていることを話題にして切り出す感じで、

「ねぇ、知ってる?愚痴って、言ってると、

またそれを言いたくなるようなことをどんどん引き寄せて

そのループから抜け出せなくなるんだって。

きっと、いつもあなたの愚痴を聞いている私は

かえってあなたの辛さを増大させちゃってたのかもね~。

これからは、敢えてあまり聞かないようにするね。」

と、しっかりと線を引いてください。

 

もちろん相手は、いいところもある人かもしれませんが、

ホントにあなたを大切にしてくれている人は、あなたに愚痴ばかり聞かせません

本当の意味で、他人のことを考えてあげられない

自分自身のことでいっぱいいっぱいの未熟な人なのです。

相手は相手で、愚痴ばかり言っているとどうなるのかを自分で学ぶ運命なのです。

つまり、そんな愚痴のオンパレードの人は、相手にしなくていいのですよ。

あちらも、学ぶ時が来たら、学ぶのです。

 

あっちが痛い、こっちが痛い

・・・・と嘆いてばかりの人もいます。

確かに病気は辛いのですが、

私たちも、家族などにはついつい甘えて

「今日も、ここが痛くて・・・。」

などと言ってしまいがちです。

でも、あなたが医者でもないならば、

いくら聞かされても、どうしてあげることも出来ません。

しかも、病気の相手は

聞かされているあなたまでもが

相当切ない思いをしていることに配慮は出来ません

やむを得ないことではありますが、

自分のことでいっぱいの状態なのです。

ですから、一緒に辛くならないでください。

あなたが解決できないことにエネルギーを奪われないでください

「そっか~。もう少しの辛抱だね。きっとよくなるよ。」

・・・・と、さらっと聞き流して、

あなたはあなたで明るい波動を維持してください。

逆に、その明るい波動が、

暗くなってしまいがちな病気の人の救いになるくらい、

明るく人生を楽しんでいてください。

その方がお互いの為なんです。

 

苦労話が好きエネルギー泥棒もいます。(笑)

自分が以前、どれだけ大変だったのかを、切々と語ります。

20年前のいやな思い出を引き合いに出して、

今もまだ言っている人もいます。(笑)

ひどいのになると、

「戦時中は・・・・。」

と始まったのでは、聞いているあなたもやってられませんよね。(笑)

(一生、言ってろ・・・・。)

心でそうつぶやいて (笑)、

エネルギーを奪われる前に、サッとその場を立ち去ってください。

 

また、悩み相談という形で、

あなたのエネルギーを奪う人がいます。

解決出来たならいいのですが、

あなたが一生懸命答えてあげたとしても、

「でも・・・・。でも・・・。」

「だけど・・・・。」

「それは出来ないのよ~。」

と言っては、何もやろうとしません。

何かと理由をつけて、アドバイスは聞かず、

結局は同じ悩みの繰り返しの人がいます。

(だから~、それは、こないだ教えたじゃない~・・・。)

と、あなたをイラッとさせる、堂々巡りの悩み相談です。

そういう人は、1つ悩みが解決がつけば、必ず言って来ます。(笑)

そんな人も、エネルギー泥棒なのです。

 

エンドレスの悩みであなたの貴重な時間を奪っていますが、

貴重な時間です。

優しいあなたは、そんなことを思わずに、

一生懸命悩み相談に乗ってあげているのですが、

潜在意識レベルでは、貴重な命(時間)を無駄に使わされているのを知っていますから、

知らず知らずのうちにストレスになっているものです。

あなたもすっきりしない上に

相手もいつまでたってもエンドレスですっきりしない。(笑)

この場合は決して相手の救いになっていませんので、

(相手はあなたのエネルギーを奪って一時的に回復はしますが、一時的です。)

やはり、エネルギー泥棒なのです。

エネルギー泥棒の兆候があったのなら、

あなた自身はどうしたいの

それは、あなた自身が決めることよ。」

と、きっぱり断ち切ってください。

付き合い続ければ、あなたが体をこわします。

 

まだ起こっていないことを心配し過ぎる

杞憂人間もいます。(笑)

被害意識が高いのです。

自分だけで心配している分にはいいのですが、

「こうなったらどうしよう。」

「ああなったらどうするの?」

「でも、そうなっちゃうかもしれないじゃない。」

・・・って、他人を巻き込む人。

お前ひとりでやってろ~~~~!!!」(笑)

という世界ですよね。

何しろ、まだ起こっていないのですから、

そういう人の “空想の世界に付き合う必要はありません

 

相手の興味のない話しを延々と続けるエネルギー泥棒もいます。

話しが長い人も然り。

会話はキャッチボールでなければいけません

もし、どちらか一方が、

ひたすら相づちを打っているような会話でしたら、

相手にとって、あまり興味がない話題なのかもしれません。

いや、自分の話が面白くないのだ、とハッキリ気付きましょう。(笑)

あなたも、私も、やりがちかもしれませんよね。

特に女性は、自分が少しでも多くしゃべりたい系の人が多いものですが、(笑)

会話は常に、自分が50話したのなら、

相手にも話題を振り、50話してもらうように気配りしたり、

饒舌ではない相手でも、少なくとも40くらいは話してもらう・・・

そんな配慮は絶対に必要です。

気付かないうちに夢中になって、誰しもこんなエネルギー泥棒になりがちです。

 

他にも、

すきあらば自慢・・・・そんなエネルギー泥棒もいますよね。(笑) 

比較するのがやめられない人たちです。

うらやましくなくても、ちょっと疲れますよね。

 

自己正当化のために、攻撃的になってしまうエネルギー泥棒もいます。

上司のパワハラなんかがそれですよね。

 

気分屋で、自分の気持のコントロールができなかったり、

自分が辛いからと言って、周りのことも考えず

どんよりした雰囲気をまき散らすエネルギー泥棒・・・

 

いろんなエネルギー泥棒がいますが、

そういう人達に出会ったのなら、

まず、自分もそうなってしまっていないか

他人のエネルギーを奪ってしまっていないか

気付くきっかけを戴いてもいることにもなるのです。

他人の身体の中に入って自分自身を見つめるような感覚で

ちょくちょく振り返って反省するいいチャンスだと思いましょうね。

 

また、エネルギー泥棒とは、付き合い続けてはいけません。

関係を絶つには、

依存し合わない関係を作ることも大切です。

いつも愚痴を聞かされて疲れているけれど、

その人は、あなたも時には愚痴を聞いてもらう相手だったりする・・・それが依存関係です。

 

人体には、疲労やストレスを軽減する器官・副腎がありますが、

エネルギーをうばわれ続けていると、

心の疲労から、副腎に疲労が蓄積され、疲労物質が分解出来なくなるそうです。

その疲労が限界に達すると、うつ病を発症するという説もあり、

米国の医師・ジェームズ L. ウィルソンは、うつ患者の6割以上に、副腎疲労が隠れていると唱えています。

 

ナイス・パーソンなばかりに、他人にエネルギーを奪われ、

病気や心の病なんて、やってられませんよね。

 

優しい人ほど、相手がエネルギー泥棒であるにもかかわらず、

かまってあげがちです。

でも、一番大切にしなければならないのは、まず、自分自身です。

自分がストレスを感じて体をこわしたのでは、

いざという時に誰も助けてあげられません

 

エネルギー泥棒は病原菌のようなものです。

病原菌にナイスにして、育てることはありません。(笑)

相手にしっかり思いを伝えること。

あるいは、相手と距離を置くことを恐れないでください。

ちょっとだけ、勇気を持って、しっかり線引きをしてください。

強くなってみてください。

それがゆくゆくは、かえって相手の為にもなるのですから。

相手の為、と思えば、優しいあなたも強くなれますよね。

 

自分に対しても、相手に対しても、

愛を持って線引き・・・・

やってみてください。

そこからあなたの人生がまたひとついい方向に展開していきますよ。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 

#エネルギー泥棒 #エナジーバンパイア #ナイスパーソン #愚痴 #悩み相談 #攻撃的 #パワハラ #気分屋 #依存 #病原菌