変なオジサンがくれた人生の贈り物


 

あの人変よね~。」

ちょっとしつこくないあのオジサン?」

「やだ~~~、あの人苦手~。出来るだけ話したくない~。」

・・・・と、世間にはいろんな人がいるようで、

私たちはその変なヒトを出来れば避けたいと思ってしまいます。

それが職場で毎日顔を合わせる人であれ、

家族であれ、

友達のグループの中の人であれ、

ちょっとだけ距離を置きたい・・・。)

そう思う存在は、誰にでもいるものです。

 

もちろん私も、出来れば変なヒトは避けたいですが、

ただ、比較的、バラエティに富んだ人々を(笑)少しは受け付ける方のような気がします。

つまらないシャレを言い続けるオジサンなども、

わりと相手にしてしまっちゃうところもあります。

あまりにつまらないと、

あの~、すいません

どこで笑えばいいんでしょうか?」

と、突っ込んだりするのも結構好きです。

時には、ちょっと目上の人でも、

笑えないネタを公開したとあらば、

おい。」

こらこら。」

と、とんでもない失礼なツッコミを入れて、なんとか笑いにしようと試みています。(笑)

どうしたって避けられない関係もありますから、

自分の人生を楽しむためには、避けられない人には、

それなりの対処を考えて行くしかない気がします。

 

さて。

そんな私がかつて出会った、変なオジサン(笑)のお話をひとつ。

相当昔の話ですが・・・・とある航空会社でキャビンアテンダントをやっていたことがありました。

その頃、CAを担当する事務職の中に、CA仲間みんなが苦手としているオジサンがいました。

な~~~んかエロエロで(笑)、皆、出来るだけ会話は避け、

必要最低限の情報交換だけで、サササッと身をひるがえしてその場を去る・・・

みたいな感じです。

 

ある日、その事務職のオジサンが、

私のフライトしている便に、

お客様として乗って来られました

まあ、他のCAたちは、当然、挨拶だけ。

心はこもっていなくても満面笑顔

・・・だけは忘れませんが。(笑)

で、私は、その時、パーサーであっただけでなく、

必ず、知人には何かお話はするように心がけていたので、

仕事の手が空いた時に、

オジサンの席にご挨拶に行きました。

評判も知っていましたし、みんなの評価にも同意していながらも(笑)、

私の場合、ただ、フツーに嫌がらない

他の知人と同じように接する、といういつもの行動なだけだったのですが、

これが、思わぬ気付きのきっかけになるとは・・・

思いもしませんでした。

 

「こんにちは、XXさん。お疲れ様でございます。

今日はご出張か何かでお出かけでいらしたんですか?」

すると、そのオジサンは、いつになくしんみりと答えました

「いや~~~・・・。親父が死んじゃってさ~。葬式の帰りなんだよ。」

私「・・・!!そ、そうでしたか!!!

それは・・・ご愁傷様でございます・・・。大変でしたね。」

 

そこから少しの間、会話が続きました。

状況が状況だけに、私も少し立ち止まり、お話をお聞きすることにしました

 

「92歳だったんだよ。大往生だから、まあ、こればっかりは仕方ないんだけどね。

いい、オヤジだったよ。

親孝行ほどのことも、たいして出来なかったんだ。

でもね俺ねひとつも後悔してないんだよ

俺はひとりもんだし、おふくろもかなり前に亡くなっているから、

俺、ず~~~っとオヤジのこと、海外旅行に誘って、たくさん連れてったんだよ

オヤジと二人で、いろんなとこ行ったな~。

世界中、見て来たよー。ホント、楽しかった。

オヤジもすごいいつも喜んでたし。

たくさん思い出があるから後悔はないんだ。」

 

・・・と、亡くなったお父様との思い出を語られました。

 

通常、誰しも、親が亡くなった後に、

親孝行してあげられなかった・・・。

あれもしてあげたかった

これもしてあげたかった

・・・・と、少し後悔するのが普通です。

 

でも、全く後悔のない見送り方をして、

楽しい思い出を胸に、残りの人生を生きて行く・・・

 

なんだか素敵だな・・・・と思いました。

 

以前、このブログで、私は自分の母が、他者によって、

突然命を絶たれたことをお話しさせて戴いたことがありますが、

その当時は、あまりに突然だった上、まだ私も(今より!)若かったので、

これといった親孝行も出来なかったことに、相当苦しい思いをしたのを覚えています。

だからこそ、残った父親の最期の時には、

決して後悔のない送り方が出来たら素敵だな・・・

そう思っていました。

 

私の父は、愛いっぱいの人でしたから、

娘には絶対に世話にならない、面倒をかけない・・・という思いが強く、

どんなに誘っても、私の家族と暮らそうとはしませんでした。

でも、あの時、変なオジサンにヒントを戴いたあの短い会話が印象に残っていて

(私自身も、父も、旅行が大好きだったのもあり)

28年間、遠く離れた故郷で一人暮らしの父を、

家族旅行にずっと誘い続けました

 

色々な国に行きました

亡くなる前の数年は、

ちょうど息子たちも親の旅行について来ない年頃だったので、

老人と娘の二人だけの珍道中で、

父の大好きなヨーロッパのあちこちを歩き回りました。

 

亡くなる8か月前が最後の旅行になり、

その時は、ヨーロッパの一番西の端ポルトガルのロカ岬まで行きました。

岬に立った父は、もう、自分があまり長くないことをなんとなく感じていたのでしょう、

「あ~~~~・・・・ついに、ここまで来たな~・・・・・・。

ここまで旅行するなんて、夢にも思わなかったよ。

あ~・・・・ホントに、来たんだな~。ここまで、来たな~~~・・・。」

80歳をとうに過ぎた父は、青い海を見つめながら、

しみじみとつぶやいていました。

ロカ岬には、

ここに地終わり海始まる

の石碑があります。

悠久の時を超え、かつて、ここが地の果てだと信じた人達と

同じ景色を眺める・・・・

感慨深い、思い出の地です。

 

父が亡くなる前に入院していた時、

病床の横に座っている私に、父は何度も何度も、言ってくれました。

「(自分の人生で)後悔することはひとつもないよ

おまえとは、世界中を見て歩いたな~・・・。

ほんとに、たくさん、見せてもらった。

楽しかったな~~~~。

世界中を見たから

もう、思い残すことはひとつもないよいい人生だった

ありがとう。

本当に、ありがとう。」

 

私も、父と世界中を見て周ったことがいい思い出になり

本当に、心から、一緒に行ってよかったと思えました。

特に晩年は、年老いた父を、

逆に娘が面倒を見るような場面も時々あり、

立場が逆になったことに、

なんとも微笑ましく父を見ていた自分を覚えています。

 

もう体が動かなくなっても、最期まで、父の目は、

はっきりと意識があることを伝えてくれていました。

そして、

「ありがとう。思い残すことは、ひとつもないよ。

ありがとう。いい人生だった。」

さらに、心で繰り返してくれていたのがわかりました。

 

私も、父の手をしっかりと握りながら、

「お父さん、ありがとねー。

お父さんの子供に生まれてよかったよ

お父さんの娘で生まれてきたから、本当に幸せだよ。ありがとう。

一緒に旅行もたくさん行けて、ホントに楽しかったね。

最高のお父さんだよ

大好きだよ。

本当に、本当に、ありがとう!」

・・・耳元で、たくさん感謝の言葉を伝えながら最期の別れが出来ました。

 

至らない娘だったけれども、

楽し過ぎるくらいの思い出をいっぱい作り、

私なりに、精一杯父との時間を有意義に過ごしました。

「親孝行はたいして出来なかったけど・・・後悔はないの。

私の父親は、本当に素晴らしいお父さんだったよ!!」

 

私も今、誰にでも、すがすがしい気持ちでそう言うことが出来ます。

この気持ちは一生の宝です

 

・・・・誰もがとんでもなく苦手としている変なオジサン(笑)との何気ない会話が、

私の、一生の後悔をなくするヒントになりました

 

・・・人生では、避けたくなる人もいます。

顔も見たくない人も、現れます。(笑)

それでも、私は、全ての出会いには意味があると考えています。

それは、雑踏ですれ違う一人一人も全て、です。

全てが、私たちの栄養です

きっと、起こった事全てにも学びがあるのだと思います。

 

ちょっと嫌なアイツの言動も、

たまには少し耳を傾けてみませんか

あなたの、一生を変えるくらいのセンセーションを、

ポロッと拾うことが出来るかもしれませんよ。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 

 

 


変なオジサンがくれた人生の贈り物」への10件のフィードバック

  1. 良いお話ですね。
    自分のことを考えるとどうかなと思いますが。下町に住む人間としてはそれなりの事をしたかなと思う、と言ったら、両親は墓場の陰で笑っているかも知れません。

    • 佐藤先生

      コメントありがとうございます!
      きっと生前のご両親は、頭がよくてスポーツも出来る息子さんを持っておいでだっただけでも、誇りでらっしゃったと思いますし、それだけでもすごい親孝行ですよね。(^_^)b
      先生の今の活動を天国でご覧になって、「あれは、私たちの息子なんですよ。」と、周囲に自慢なさっていると思います。
      私も、そんな生き方が出来たら、と思います。
      ありがとうございました!

  2. 誰でも人を嫌わないで接するとこちゃんだから、人生にたくさんのプレゼントをいただけるんですね。
    私は前にも言いましたが、街中でおじさんを思い出します。と言うか見かける…と言う感じです。
    というのは、カッコいい自転車に乗ってステキなハットをかぶって颯爽と走ってる方を見ると、
    おじさん!と、手を振ろうと思い…あ…。違うよね…。って気付いた時にはまったく別の人に見えてさみしくなります。でも本当におじさんに見えるんですよね。不思議です。
    でも天国でも旅行したり探検したりしてるのかなぁって思って、心が平和になるんです。とこちゃんのおじさんパワーをいただいています。

    • わ~~~!さっちゃん、読んでくれてありがとう!!!素敵なコメントもうれしいです♪

      街中で、亡くなった人とそっくりな人を見かける、でも、近寄ってみたら全然違う人だった・・・・って、よくありますよねー。そういう時って、その亡くなった人が、自分の姿を見せてると思います。つまり、「そばにいるよ、応援してるんだよ」っていうことを伝えに来てくれてると思うんです。

      亡くなった人は、天からみんなを(同時に)見守る力を与えられて、何が出来るでもないけれど(奇跡を起こしたり、とか、それは本人の生き方次第なので、亡くなった人が特別な霊力を持つとは思いませんが)(笑)、愛を持って見守ってくれていると思います。
      さっちゃんは、ものすごい性格がいい、悪気の全くない本当にいい子だ、と父もほめまくっていたので、心が落ちているかも、とか、辛いかも、とか、迷っているかも・・・みたいな光景があると、「大丈夫。そのまま、明るくがんばって。」と、見守る思いを表しに来ていると思います。さっちゃんの感じている通りで間違いないですよー。
      誰しも定年して年を取っていくと、疎遠になったりする人もたくさん出て来る中で、いつでも明るく声をかけてくれるさっちゃんは、相当父に幸せな気分を味わわせてくれていたのは間違いないので、感謝の気持ちをいっぱい持っていたと思います。

      私も、運転している時とかに、「あ、お父さん、そっくりの人!」と、見かけることがあります。そんな時は(あー、”そばにいるんだからな。応援してるよ。”って証明で、見せてくれてるんだなー。)と思って、うれしくてニタニタします。(はいはい、近くにいてくれてるの、知ってるよ。ありがとねー。)って、心の中で返事しています。

      なんの役にもたたない能力だけど、私は霊感系で(人に見えてないものが見えている時があるので)そっちの世界は信じている、というよりも、ある、というのを確信しているので、「みんな、守られてるんだよ~。」って、時々伝えたくなります(笑)。でも、言うと、ますます変な人になっちゃうからねー(笑)。難しい所です。

      さっちゃんのそばには、たくさんの応援している力があるはずですよー。おばちゃんもね、みんな応援してくれてる。
      生きているだけで、ありがたいですねー。
      お互い、がんばっていきましょう!
      私の方こそさっちゃんのパワーをいただきました!ありがとう!!!!

  3. 徳子さん、こんにちは。
    いつも楽しく記事を読ませていただいています
    私は脱ステ脱保湿を始めて丸2年経ちます。
    始めたばかりの頃はとても辛くて、全然良くならなくて、いろんな情報が欲しかったけど見つけることができず、 リバウンド中だった半年ほど前にやっとこのページを見つけることができました。
    画像の体験も、最悪のところから良くなっていく過程が分かりやすくて、もっと早くに出会えていれば一番最悪な時期をもう少し楽な気持ちで過ごせていたかもと思いました。
    私が始めた頃は画像や経過についてあまり情報がなかったため、同じような思いをしている人たちのために、自分でそういうブログを作ろうと画像を撮り溜めたり経過をメモしたりしていたんですけど、徳子さんのような文才も無ければ、そこまで壮絶な経験もなかったので、うまく書くことができませんでした。
    徳子さんの治療の経過やリバウンド、乗り越え方全てが私の欲しかった情報でした。
    本当にもっと早く出会いたかったです!

    私の脱ステ脱保湿は周りに説明しても分かってもらえないことが多かったのですが、このブログを読めば、どんなに辛いことなのか、また、いかにステロイドが危険なのが分かると思いますので、徳子さんのブログをFacebookで紹介させていただいてよろしいでしょうか?

    ちなみに2ヶ月前にリバウンドから脱して今のところ順調です。

    これからも楽しく読ませていただきます☺️

    • Kanariさん

      お人柄が目に浮かぶような、素敵なコメントをありがとうございます!
      私も、2年半も地獄の症状を繰り返しながらも、自分だけでなく、当時診てくださった皮膚科の先生達すら脱ステのノウハウをご存じなかったので、ひたすら耐えていました。
      地獄の症状からたったの3か月で脱出出来る方法があるのに、多くの方が自宅療養で、そんな情報すらご存知ない・・・。一秒でも早く、助けてあげられたなら・・・と、自分がほしかった情報を発信しています。
      脱出方法を知らない方たちを思い、そして未来の患者さんを思い、このブログを立ち上げましたので、少しでも役に立てているなら大感激です。

      幸い、阪南中央病院の佐藤健二先生は寛大にご自分の治療方法を公開することを認めてくださっている素晴らしい先生で、ご自分の患者さんだけでなく、世界中で苦しんでいる方々をも救うことに前向きでいてくださいますので、私もこういった活動ができます。本当にありがたいことです。
      私などがお礼を言っていただく立場にないくらいで、佐藤健二先生や、果敢に非ステに取り組んで下さっている佐藤美津子先生、藤澤先生、水口先生などのご尽力のおかげです。

      文章を書くのが好きではない方とか、ブログとかをやっている時間がない方とかいっぱいいらっしゃいますし、それはやりたい人に任せて全然OKだと思います。(^_^)そういったブログを見てくださるだけで、シェアしてくださるだけで、静かな革命戦士の一人だと思いますし、現在と未来の患者さんたちを救ってくださっていると思います。

      Facebookでのシェアも大歓迎ですよ。ありがたいばかりです。記事の上下にあるShareボタンで、簡単にできるようになっていますので、ご利用ください。

      脱保湿で救われた外国の方々で、色々なグループで何度も何度も私の記事をポストしてくださっている読者さんたちがいてくださいます。ステロイドの間違いを広めたいという愛のある方々で、本当に助けになっています。そんな読者さん達のおかげで、世界中の方々が、毎日私のブログを訪問して下さっているんですよ。ありがたいことです。

      また、海外のブログをやっている方々にも、記事の中で私のブログを紹介してくださっているのをちょくちょく見かけることがあるのですが、その国の言語はわからないので、読者さんのどなたかに訳を頼んでみると、どのブログでもとても好意的に私のブログを紹介してくださっています。これもありがたいことです。

      また、Facebook内に、『脱ステ・脱保湿サポートグループ』というのを最近立ち上げました。理解のない方々の中傷のない、ストレスフリーのグループにするため、クローズド・グループにして、承認制にしています。(ビジネス利用や悪用も少しは防ぐ一助にはなると思います。)

      入会リクエストを送ってくださると質問が3つほど行きますが、それに答えてくださると、管理人が承認する・・・という形式です。是非、入会していただけたらうれしいです。
      一旦入会されると、友達も誘うことが出来ます。メンバーになった方が誘ってくださって入る場合には質問はいきませんが、最終的に管理人が承認して入会、となります。
      たくさんの脱ステで苦しんでいる方の励みになればと思っています。随時、経験者が色々な情報をポストしてくれると思います。

      いずれにせよ、Kanariさんのように、よくなった方がご報告をくださるのは、私も活動していてとても励みになります。感謝の気持ちでいっぱいです。
      これからも、よろしくお願いしますね。
      ありがとうございました!

      • 徳子さん

        先日はすぐに返信をいただき、本当にありがとうございました!
        温かいお言葉とっっっても嬉しかったです
        ヽ(;▽;)ノ

        さっそくフェイスブックに投稿させていただきました!(自分のビフォーアフターの画像も載せたので、シェアができないかもと思い、ブログのURLを添付させていただきました)

        徳子さんがお返事に佐藤健二先生のお話を書いていたので、私もこのことをお知らせしたいと思いました。

        実は私が脱ステだけでなく脱保湿も一緒に始めようと思ったのは佐藤健二先生の治療を受けた方のブログを読んだのがキッカケでした。

        脱ステを始めたばかりの頃、情報収集のためにネット検索をしまくっていたのですが、どのサイトでも脱ステをする場合は保湿が重要だと書いてあったのと、通っていた皮膚科の先生にも「しっかり保湿をするように」と言われていたのですが、佐藤健二先生は脱ステと脱保湿を合わせて行うことをお勧めしていて、先生のお考えがとても信頼できたので、脱保湿を同時にすることを決めました。

        徳子さんも阪南中央病院に入院して佐藤先生と出会い治療していたことを知って、あの時の自分の選択が間違っていなかったんだと思うと、とても嬉しかったです。

        これからも微力ながら、革命戦士の一員として徳子さんのブログや脱ステ脱保湿を広めていきたいと思っています!
        Facebookのグループでも、自分の情報を提供していけたらと思います☺️

        本当にありがとうございました。

  4. Kanariさま

    ありがとうございます。今後もいい状態をお続けになることを祈っております。

    • 徳子さんからお返事をいただいただけでもとても嬉しかったのですが、佐藤先生にまでコメントをいただけるなんて感激です!ありがとうございました!

      • Kanari様

        静かな革命戦士が日々世界に広まっていることに感謝の気持ちでいっぱいです。
        また、佐藤先生がこうして皆さんのコメントにも目を通してくださっているなんて、本当にありがたいことですね。光栄の至りです。
        自然治癒能力を信じて、日々、前進して参りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください