アーカイブ | 8月 2018

A message from a TSW sufferer who is on No Moisturizing Treatment (NMT)


 
Topical Steroid Withdrawal fellow sufferers,
 
Due to experiences of a lot of fellow sufferers’ and mine to get over Topical Steroid Withdrawal (TSW), I have been recommending No Moisturizing Treatment (NMT) by Dr. Kenji Sato in Osaka, Japan.  It was amazingly great for us and the fastest way to compare with another Moisture Withdrawal (MW) to get it over but I know that everybody has difficulty with choosing a good method since there are tons of information. 
 
 
Of course, it is difficult to come to Japan for this treatment for people who live in foreign countries so I share his method via my blog, Tokuko’s Room to feel uplifted, in English sometimes.  The treatment requires you to have ordinary and healthy ‘daily life’, looks like simple, so if you do it thoroughly at home, you also will see the good result in a short period though it might be unbelievable for you.
 
 
 
 
Dr. Sato noticed the danger of using Topical Corticosteroids (TS), Protopic and Neoral also, for Atopic Dermatitis/Eczema long time ago and has been taking care of the sufferers for ages.  His long term experience with patients created this wonderful method and so many of his inpatients/outpatients got over TSW with it. 
***However, as for TSW, no one knows how often or how many times or how bad or how long it would repeat.  There’s no data in the world.  Still, you can get over your current TSW symptom the fastest with NMT.  His patients are testimony.**
 
 
Well, today, let me introduce one of my readers detailed report for NMT.  We exchanged messages via comment column of my blog.  She has initiated NMT lately and will accomplish it soon!
I believe her message will give a hope to people who are struggling against the horrible symptoms of TSW and provides good information at the same time.
It will be tough way to make it through but healing will happen to you too with this method.
 
Here is her message below…
 
 
                    **************************************************
 
 
Dear Tokuko San,
 
I am very grateful for your very fast reply.
I have great confidence in the NMT method as I have experienced significant improvement (significant less redness and oozing) upon starting it.
 
Initially, I wanted to give you a thank you reply when I have healed.
I was confident I will heal within 1.5 months just like what most Dr Sato’s inpatients did.
I was complacent as I was making very good progress after 1 month of NMT and I have a strong desire to return to work with 1 more month of NMT.
I even bought Dr Sato’s book although my Japanese literacy is very elementary. I had to use google translate and dictionary to read the book.
 
Then I had a setback after slightly more than 1 month of NMT.
I started to feel my skin is wet, oozy and sticky again. Now I am at around 7.5 weeks of NMT.  I am slowly making progress again.
 
Looking back, I realized all the answers for my deterioration were in your blog.
 
1. I was having too much mental stress upon myself.
I have various sources of pressure (wanting to get back to work ASAP, family matter etc) . Now I realized nothing matter till I get my health back. In the last few days, I have started to read your Japanese posts with google translate. (=D) You are really encouraging and inspiring! I always have a good laugh and smile when I read your posts.
 
2. I was having too much water.
I was a bit slow on this as I thought I have not changed my diet and water intake too much since the start of the NMT. However I did not take into account the humid weather in the past few weeks (Sat over 95% most of the time). I was passing urine more and more often. I started restricting my water intake by frying all my food now instead of boiling/ steaming and only take food with high water content (e.g. Leafy green veg and fruits) during breakfast and lunch instead of dinner.
 
3. Viscious cycle of ooze and reducing physical activity
As my worse oozing areas are on my buttocks and the back of thighs, I felt very painful and my skin felt tight whenever I stand up and move and I felt I couldn’t do exercise. However, the more I sit around, the less air get ventilated to my buttocks and I felt the oozing part doesn’t dry. Now, I walk around more in the morning even if there is oozing after one night’s sleep in blanket. In the afternoon when the ooze is less, I try to do at least 1 hour of kpop dancing on youtube. Exercise helped my skin to feel less tight and made me feel happier.
 
4. I was near my menstrual period and I have read from Dr Sato’s book that most girls do get worse during their menses.
 
Pardon me for the long post. But I really wanted to give you an update and a big THANK YOU for promoting this method to the English world!
Sending you lots of love !
 
 
                    **************************************************
 
 
Hope this message above will encourage you and will be the criteria for choosing a good method among tons of treatments for TSW.  And I really want to say thank you for this report.  Her experience and what she learned will definitely help other sufferers.
 
 
However, please make sure that you have to accomplish this treatment ‘thoroughly’ but not adding your original arrangement like applying oil or moisturizers or taking so and so bath, etc…to get the fastest healing.
It is a little bit more difficult to make it perfectly at home but if you do it thoroughly, you’ll see the good result from 45 days to 90 days later like inpatients in Hannan Chuo Hospital at Osaka as long as your symptom is TSW. 
 
 
I have received some messages from sufferers who can’t get good results with it but such people always add their original way like applying something or go to bed late or not work out, etc….In that case, it is not NMT any more.  This reader above noticed it reviewing a lot about NMT.
 
 
People who made it within a short period trusted this method and made every efforts like her above.  She is the role model of we sufferers. 
For example, I hear many readers try to read even my Japanese topics using translators to get more information.  Such people tend to accomplish it successfully in a very short period
 
 
Also, in the drying process with NMT, you feel like as if it is getting worse to see ugly dried skin but skin needs to dry before healingYour new skin is generated under the crusts.  And healing happens at the very end of the period so you should complete your mental preparation with strong determination to achieve it.  If you might give up in the middle of it, I don’t recommend you to do it because you have to go through hard time before healing anyway.
 
 
                    **************************************************                      
 
 
For people who had never heard of No Moisturizing Treatment (NMT),
 
  👇 CLICK HERE!👇
 

 

 

For detailed information to accomplish NMT,

  👇 CLICK HERE!👇

What can be Moisturizers? – For fellows launching ‘No Moisturizing Treatment (NMT)’

 

                    **************************************************                      

 

For people who’d like to read our conversation in the past, please read below.

    👇READ BELOW MESSAGE TRAILS👇

 

<<From the reader to Tokuko>>

Dear Tokuko San,

Thank you for your very detailed explanation! I have been on TSW since December last year.  Currently I am in the midst of my second TSW flare-up.

Luckily I came across your blog and learned about Dr Sato’s NMT method.  I have been on strict NMT for 6 days and my worst continuously oozing parts on the inner thighs have crusted. Unfortunately I couldn’t stand the itch and scratched off the crust this morning after sweating a bit.  Now it is oozing again.

I am already restricting my water intake to 1.5Litre per day (at most 1L of water. The remaining water comes from food (difficult to estimate but I think it should be less than 500ml?)

I would be very grateful if you could answer the following questions.

1. How should I dry these oozing parts?  Do I use gauze or just leave it to air dry?  Would using a hair dryer or fan help? (I am seriously considering this method)

2. What is the longest period you or your fellow TSW friends avoid shower without problems? So far I still feel relatively comfortable despite not showering for a 6 days already but my scalp is starting to itch

3. How do you or your fellow TSW friends handle the itch during sleep which will disturb the sleep quality? I am taking anti- histamine which helps me to fall asleep but I will wake up immediately when the effect wears off after 4 hours.

Arigatou!

 

<<From Tokuko to the reader>>

Ms. XXXX,

Thanks for reading!  It is a sound choice that you take NMT because it is the best method to get over TSW the fastest.
When affected parts have crusted, you definitely feel itch so I know you can’t control to scratch it but it is ok because you can’t help it.  Just repeat the process, scratch and dry, scratch and dry, scratch and dry…over and over.  Your skin is getting stronger and you’ll see healing.

Well, let me answer your questions as much as possible.

1.  Wear cotton big T-shirts or something like that.  Air flow inside the clothes also is important.  If humidity is high, you feel itch so AC and the fan also are ok I think but don’t recommend hair dryer.  Air dry is the best.  Even if it is oozing, just dry and don’t wipe.  Ooze contains the important nutrition to be healed.  In case it oozes too much, like running one after another, I put cotton towerl to absorb it because it drops so fast but don’t touch the affected parts with it to wipe.  Then just air dry.  Or you can put a piece of gauze with the same size of the part as I explained above (Footnote: It is in the blog topic).  It can be instead of a crust/scab.
After the excersize, some inpatients were drying their body naked (of course, in the curtain) though it is not doctor’s direction.  We dry (=air dry) our body anyway.

2.  The shower is for avoiding infection and to diminish bacteria on your skin so if you can be patient, and if there’s no problem, not to take it for a while is ok. Your commonsense is good enough to make a decision for the interval.  If you think it is too itchy without taking a shower, it must be ok to take.  While the symptom is serious, you shouldn’t take it.  (Most of inpatients were taking it a few times a week for a VERY short time, like 10 sec, 1 min, 5 mins, etc…, meaning, as short as possible.)

3.  As for itch, it is not controlable for anyone.  After dried/crusted, you feel itch and will scratch definitely.  But, it is ok to scratch though this must be unbelievable direction for you.  (If you can control, of course, don’t scratch.)
Everybody has hard time for itch but sleeping time in the direction of other topic (10 pm – 2 am) is VERY important and makes big difference for healilng so if it is too tough, you can be prescribed sleep inducing agents.  Antipururitic drugs also are ok though they don’t work very well as you know.  Try to get up early and work out to pass out around 09:30 pm.
Again, sleeping time 10-2 makes BIG difference.  Sleeping tight is difficult for everyone due to itch but itch is uncontorolable so just try doing your best.

If you take NMT thoroughly, healing happens 45 to 90 days so try it as much as possible.  Don’t add your original way like putting so and so oil or XX bath foam or cream, etc….

Take good care of yourself!

P.S.  Please read other posts written in English.  To accomplish NMT, the correct knowledge is important.  Good luck!

 

                    **************************************************  

 

I have been disseminating the danger of Topical Steroid, Protopic and Neoral to use for dermatitis to all over the world. 

This is nonprofit action so I don’t need to exaggerate the effectiveness of NMT.  It was the best treatment to get over TSW for me and for my fellow sufferers who experienced it too so I just want to share the info to help you out because I fully know how tough TSW is.  I believe that spreading this information is urgent need.

If this topic was helpful for you, please clickLike on this page or Share the info for people who need it. 

Your such action will help future sufferers that might increase in the long run.

Thank you in advance for your cooperation!

 

Anyway, healing will happen to you too soon!  Hang in there!

Hugs!!!!!

 

 

 


アトピーで、会社を休むだと~?


 

皮膚炎って、結構、辛いものです。

アトピー性皮膚炎や、ステロイドの副作用によるリバウンドで苦しんでいる皆さん、

わかりますよ、その、大変さ。

 

しかし、皮膚炎って、

体験しないと、その大変さがわからないんです。

骨が折れてるとか、

血がダラダラ流れているとか、

手術をしたとか・・・・

顕著な症状がある病気と違って、

皮膚がただれてるから、仕事を休みたいとか、

学校に行けないとか、

体育の授業に出られないとか、

水仕事が出来ないとか、

・・・どんなに本人が辛くても、その休養の必要性を、

世間はなかなかわかってくれない傾向にあります。

 

一般の方は、虫刺されだとか、小さな皮膚の炎症とかを体験すると、

結構大騒ぎしますが、

のど元過ぎれば、で、治ればすぐ忘れがちですし、

私たちが広範囲の炎症で大変な思いをしている苦痛の度合いなんて、

想像もつかないのが普通です。

 

ましてや、

ステロイドをやめたリバウンドで、仕事に穴を開けとなると・・・

~~~~????

アトピー

仕事を休むだとぉ~~~?」

 

そんな上司の言葉が、(言われずとも)

手に取るように伝わってきます。(涙)

しかも、アトピー の部分は、多分、かなりの高音です。

ソプラノテノール

ヨーデルの様にひっくり返っているかもしれません。(笑)

 

アトピーなんかで、仕事を休む、

アトピーごときで、学校を休む・・・・。

そう、皮膚炎患者は、とんだ根性なし扱いです。(笑)

 

そもそも社会が認めていないのです。

アトピーなんかただの肌荒れ

たかだか皮膚炎で何をそんなに大騒ぎ

ステロイドでも塗ってりゃよくなるのに

包帯でも巻いて仕事に来りゃいいだろが・・・・。

と、世間は短絡的に考えています。

そんな楽な病気ではないんですけどね。(涙)

 

さらに、ステロイドの副作用によって、

ひどいリバウンドを起こすなんて、

一般人は、「誰も知らない」

と言っても過言でないくらい、

その事実も恐ろしさも知りません

経験者やその関係者は、少しは聞きかじっていますが、

世間は知らないのです。

ステロイドという薬はよくないらしい、という噂の域を出ていません。

 

病欠を取る時は、当然、皮膚ですから、一か月とか長期で戴かなければなりませんが、

大変さが全く知れ渡っていないので、

周囲は誰も理解できないし、したくありません

私たちの皮膚炎なんかで、仕事をカバーさせられて忙しくなる同僚にとっては、

皮膚炎患者は、ただの、甘え、ただの迷惑同僚だったりします。

また、皮膚炎イコール食べ物が原因、という誤解も相当根強いので、

自己管理すら出来ていないという目で見られるケースも多いようです。

 

歩けないわけじゃないんでしょう

しゃべれるんでしょう

字だって書けるんでしょう

だったら、仕事に来れるでしょう

それが一か月休みたいですって????

わたしだって頭痛の日にも薬を飲んで仕事に来てるわよ

 

・・・休みをリクエストして、

そんなことを、言われたことがある患者さんはたくさん。

言われていなくても、心の声がそう言っているのをハッキリと感じ取れることもあるでしょう。(笑)

本音はなかなか出さないレベルの方々は、口に出して言われないかもしれませんが、

しっかり裏で同じようなことを言われていたのを知った経験のある患者さんも、

たくさんいますよね。(涙)

 

症状だけでも大変なのに、

世間の理解がないという実態は、

心の面でのストレスも抱えるのが普通です。

もちろん、同僚や上司も、わかってあげたいと思っていても、

人間ですから、本音は腹立たしく思ってしまうこともあるのは、

責めるわけにはいきません

逆の立場で、相手が、自分のよく知らない一見軽い病気で一か月休む

・・・となると、

仕事をカバーして忙しくなるであろうあなたも、

「え?なにそれ?」

と思わないとは限りません。

あなたを責めたかもしれない同僚にも、罪はないのです。

この病気の大変さが、

世間に周知されていないことがいけないだけなのです。

 

私は、ステロイド(及び、プロトピック・ネオーラル)を

アトピーの治療に使うのは間違いだ、と言う

非ステロイド派の先生たちのご意見に大賛成です。

経験者として、

ステロイドプロトピックネオーラル

皮膚炎に使うことは

地球規模での間違いだったと断言します

 

しかし、

脱ステロイドをして、がんばって恐ろしいリバウンドの副作用に耐えても、

あと、一週間で仕事に戻る日が来ると言うのに、

まだ、体全体から、ダラダラ浸出液が流れる、

見た目も、恐ろしい炎症を残したまま・・・・

 

もうこれ以上

仕事は休めないんです!」(涙)

 

そんな理由で、

ステロイドを再開せざるを得ない方たちも

たくさんいらっしゃるのも知っています。

わかります

 

よくないことを知っていても

使いたくなくても使うしかない状況に追い込まれたことを。

脱ステ仲間の誰にも、そんな方たちを責めることは出来ません。

だって、社会が許さないのですから。

これ以上、休みをもらえないのですから。

 

ステロイドを皮膚炎に使ってはいけない、

という意見が出ると、

必ず、

「でも、使うしかない人もいるから仕方ないし

使いたい人は使えばいい。」

という意見も出ます。

 

使うしかない人

使いたい人

どちらももちろん、認められるべきです。

しかし

 

使うしかないのは

なぜでしょう

 

ステロイドの副作用の恐ろしさが、

社会に認知されていないから、

休みをとることが認められていないのです。

世間が、どれほど大変なことかを理解すれば、

病欠などの理解も深まり、道は少しずつ、開けるはずです。

社会が知らないこと、が、苦しみの根源なのです。

あるいは、ステロイドの長期使用によって、難治化したり、

ステロイドによって誘発された皮膚炎が起こって、

常習性のあるステロイド使うしかなくなっているのです。

その知識も広まっていません

皮膚炎が悪化する私たちを見て、世間はせいぜい、

「悪いものでも食べたんじゃないの?」くらいの認識です。

 

ステロイドを使いたい人もいます

なぜでしょう

 

ぬれば、とりあえず炎症は、見る見る間に引っ込みます。

仕事もしたいし、やりたいこともやりたい。

ステロイドで症状を抑えて、普通に生活したい。

薬で抑えられているのだから、いいのでは

抑えなければ、日常生活もままならない状態になるのだから、

仕方ないのでは

そう、思いがちですし、私も、そう思って長年使ってきました。

しかし、一旦地獄の副作用を経験してからは

これは人間が皮膚炎などに使うべき薬ではない心底知りました

命に関わること以外では

人間は断固使ってはいけない薬

どんなに反対者がいようと断言します

・・・まだ、副作用の恐ろしさを知らないから、使いたいのです。

どれほど恐ろしいか、どれほど苦しいか、想像もつかないから

使いたいのです。

知らないこと“、

こういった判断のもとになっているのです。

 

つまり、

現段階での、ステロイドの危険性についての啓蒙運動が、

まだあまりにも広まっていないから

患者がこういった問題を抱えているのです。

すべては、それに尽きます

 

メンタル面の強さは人それぞれとは言え、

死にたい、死んだ方が楽なのでは?と苦しむ患者さんがたくさんいます。

家族である患者に、「殺してくれ」と懇願され、苦しむ家族がいるのも知っています。

それほどの副作用を招く薬なのです。

 

使うしかない、という考えには、諦めが含まれています。

そして、使いたい人は使えばいい、という言葉には、

気持ちはわかってあげているという面もありますが、

他者への愛の放棄も含まれています。

ステロイドの副作用を経験した人ならば、

誰も本心では言いたくない言葉です。

 

本当は、

諦めなくてもいい環境が必要なのです

 

諦めるくらいだったら、一人にででもいいから、事実を伝えませんか

ネット上で、一人でつぶやいたっていいんです。

誰かが、いつか、見るかもしれない

 

確かに、使いたいという人には、

どんなに「ステロイドはよくないよ。」と教えても、

自分がドロドロの症状にならないと、納得しないのが普通ですし、

それを責めるつもりはありません。

私もそうでしたから。

しかし、少しでも啓蒙運動が広まると、耳に入るものです。

世論が動くと、人は耳を傾け始めるものです。

 

**私はステロイド使いたかった、というより、普通の日常生活を送る為に、

使わざるを得ない状態でした。

恐ろしい皮膚炎の写真を見たら、どなたも納得してくださるでしょう。

ステロイドを使い続けて、どうなっていたか、興味のある方は、

よろしければ、以下の記事の写真で、私のの症状をご覧ください。

  クリックして、👇記事の一番下の指の写真をご覧ください。👇

  常習性のあるステロイドに誘発された皮膚炎の写真あり

かつての私は、ステロイドを少しの期間使わないでいると、

写真のような見るも無残な恐ろしい症状になったものです。

しかし、最近になって、それがステロイドに誘発されたものだと知り、

脱保湿治療をして、何も塗らないでしばらく辛抱すると、

症状が消えることを知りました。

50年以上のステロイド使用の後です。(笑)

アトピーと診断され続けていましたが、

アトピーではなかったのです。

ステロイドをやめて5年以上たった今は、

50年以上苦しんだこんな症状になることは、もうありません。***

 

知ること、知らせることがポイントなのです。

皮膚炎治療にステロイドを使うことをやめていけば

ステロイドの副作用で仕事を休む人は年ごとに減って行きます

使ってしまった患者さんも、

世間が事実を知れば、

少しずつ、休みを取りやすくなっていきます

 

現在の皆さんの、理解を得られないという周囲の環境を変える為には、

大変なことかもしれませんが、

世論を動かさなければいけないのです

まず、そこからなのです。

 

副作用を経験した人ならではの出来ること

それは、伝えること

それが、今、

ステロイドの怖さに気付いた人達の使命だと思います。

世論を動かす、と言えば、あまりに大きな話に聞こえますが、

誰か一人に伝えるだけでもいいのです。

この事実を広める草の根になる、ということです。

小さな雑草ですら、アスファルトを持ち上げて芽を出すことがあります。

出来ないことではないはずです。

 

ゆくゆくは、

大規模な改革になるはずです

もう、患者が気付き始めているのですから。

誰にも止められない流れです。

 

製薬会社の売れ筋商品ですから、

いくつもの会社がひっくり返るほどの大改革になります。

ずっとステロイドを強く推奨してきた医学界のドンの方たちは、

非常に苦しい立場に追い込まれるでしょう。

もし、鉄壁の数人のトップがいらしたとしても、

実はどなたも一人の人間です。

世論が動いた時に、一人の人間の主張はちっぽけなものです。

認可し続けている厚生労働省も、責任を問われます。

世論は、社会を動かします

社会が動いた時、ベルリンの壁ですら崩れたのを、歴史が証明して見せてくれましたよね。

 

ステロイドを皮膚炎治療からなくそう

という試みは、

世界中を巻き込むほどの

大革命になることでしょう。

実際に、世界でも、患者たちは気付き始めています。

動き始めています。

医師達も、少しずつ、少しずつ、

患者の声に耳を傾け始めた方たちが増えてきました

ずっと、気付いていながら、耳をふさいできた医師達も、

一歩ずつ、動き始めました。

見ず知らずの、プロである皮膚科の先生ですら、

この拙ブログをシェアして下さる方も出てきました。

海外の皮膚科の先生たちすら、好むと好まざるにかかわらず (笑) 、

このブログを読んでくださっています。

潮流はひとつの方向へ、少しずつ流れ始めているのです。

 

しかし、繰り返し言いますが、

山を動かすのは、少数派の、疾患未経験者の医師達ではなく、

多数派の経験者である患者たちのはずです。

これから、世論を動かすのは、わたしたち患者です。

 

革命の扉は開き始めたと思っています。

繰り返しますが、

全力で押してこじ開けるのは私たち経験者です。

現在の状況に嘆いていらっしゃるのなら、

その苦しい経験を生かしてください。

 

決して、相手を変えようとしなくていいのですよ。

説得しようとしなくていいのです。

ただ、ひたすら発信してください。

伝えてください

地道ですが、そんな小さな一歩からなのです。

あなたが、こういった情報をクリックして

シェアしてくれるワンアクションも、

革命の始まりの一歩です。

選挙と違って、投票場まで足を運ばなくても、(笑)

今、そこであなたが取れる

革命の一員としてのアクションがあるのです。

 

患者たちが生きやすい社会を作るのは私たち患者自身です。

小さなアクションが、どこかで誰かを救い

それは巡り巡ってあなたに返って来ます

 

もし、今、あなたが、

その皮膚炎のために、

辛い社会の状況に囲まれているなら、

あなたの苦しい経験を

生かしてください

あなたの未来を

自分の力で動かしてください

革命の静かな戦士が、ひとり、またひとり、と増え、

血を流さない、静かな革命が広がって行きます。

愛あるアクションを取って下さるあなたに、

心から拍手を送りたいと思います。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 


アナタ ハ ホニャララ ヲ シンジマスカ? ー Part2 読者さんコメント編


 

さてさて、ホニャララ・シリーズ第2弾ですよー。

本気で脱ステ(ステロイドをやめること)と

脱保湿(脱ステのリバウンドから早く脱出する治療)を始める方に、

やるなら覚悟を持って徹底的にやってください!」

と、脱保湿治療を勧めている私ですが、

なかなか、「やるぞ!」となれないけれど、

背中を押してほしい・・・。」という方のために、

今日は、このブログに寄せられた素敵なコメントとそのやり取りをいくつかご紹介しますね。

 

私のコメントは、この色(青)

読者さんのコメントは、この色(緑)、と分けました。

あなたの安心につながれば、と思い、いくつかご紹介させていただきます。

脱保湿治療にもあれこれあり、どの先生のお考えも素晴らしいですが、

私は私が教わってやってみた治療しか説明できませんし、

それが長いアトピー人生の中で一番救いになったので、

このブログでは、阪南中央病院(大阪)の佐藤健二先生の脱保湿を説明させて戴いています。

 

コメント欄にいただくコメントは、

どなたも、とっても素敵な思いを伝えてくださっていますので、

全てこちらにもお載せしたいくらいですが、

載せられなかったコメントは、

またの機会にお伝えさせて下さいね。

また、本当にたくさんの方が、

古い記事にすら、

今もたくさんコメントを寄せてくださっていますので、

お時間のある時に、振り返ってそちらもご覧ください。

コメントのやりとりから、何かまたひとつ、

あなたの心の安定につながることや役立つ情報があるかもしれませんよ。

 

     ******************************

 

まず最初は、

さわやかに脱ステを乗り越えている真っ最中の男性からのコメントと、私のお返事です。

 
徳子さん初めまして!僕は33歳の男です。
 
3〜4年前からステロイドの副作用に悩まされ、仕事も今出来ない状態です。
 
ですがこうしてネット上で脱ステロイドのことを知れて
 
本当によかったと感じております。
 
まだ完治には時間が必要みたいですが、
 
徳子さんのお人柄と経験のシェアによってとてもとても救われました。
 
ただただ感謝の気持ちを伝えたくコメントしました。
 
ありがとうございます(^ ^)
 

 

〇〇様


とても心温まる、素晴らしいコメントをありがとうございます!

ご自分が大変な時に、このようにメッセージをくださるお人柄、

私の方がファンになるくらいですし、こちらの方が励まされます。

感謝の気持ちでいっぱいです。

仕事も出来ない状態というのは、日常生活すら難しいので、

本当に大変な日々だとお察しします。心よりお見舞い申し上げます。

脱ステ・脱保湿も、少ないながらも

いろいろな先生、いろいろなやり方がありますが、

早い時期からステロイドの危険性に気付いていて、

莫大な数のリバウンドの患者さんを長年診続けている佐藤先生の脱保湿は、

入院した患者たちも、皆、救われています。

アトピー自体が完治する方法ではありませんが、

今のその苦痛から一番早く脱出させてくれます。

(筆者注・アトピーが完治する薬は、いまだに世界中でも発明されていません。

現在の薬は、どれも対症療法であり、その副作用には未知のものがあります。)

やり始めると一度(乾燥するので)相当悪化したかのように見えますが、

そこで悪化ではなく治る過程なのだということを信じ切れるかどうかで

結果が違ってくると思います。

乾くと当然痒くなりますが、

とにかく、掻いてしまっても悔やまず、「よし、次!」と思いながら、

また乾かしてください。

えんえん、その繰り返しですが、本当に肌が強くなっていきますよ。

100%を求めず、ちょっとでもよくなったところを見つけては、

そこに注目して、「よかった!よくなってる!」

・・・その気持ちを持ち続ける闘病にしてみてください。

それは闘病でなく、希望になっていきます

陰ながら、心より応援しています。

お大事に。

 

     ******************************

 

次のコメントは、このブログを参考に、

自宅で脱ステ・脱保湿をがんばっている読者さんです。

よくなっていく方は、やはり徹底的に取り組んで前向きな思いを持ち、

しかも、繰り返し復習されるという努力を惜しんでいません。

みなさんに希望を与えてくれるコメントをお読みください。

 

このブログで教えていただいた佐藤先生のメソッドのお陰で、

良くなってきましたお礼をお伝えしたく、コメントさせていただきます。

20年ぶりにアトピー が爆発し、ステロイドを使ったのが4年前の夏。

当時から脱ステロイドの言葉や症状は知っていましたので、

ステロイドを使うことに恐怖があり、

最初はステロイドを使わない治療をしていましたが、

ちっとも良くならないどころかどんどん悪化していく症状に心が折れ、

最後は医師の薦めに負けてステロイドを使用し、

アトピー の症状をねじ伏せました。

その後毎年、梅雨から夏にかけて

「目の周り」「首」「腕」「脚」にアトピー が出るようになり、

悪化を怖れて期間中は常にステロイドで応戦していましたが、

去年は冬にも症状が現れ

このままだと年中ステロイドを使うことになると怖くなり、

今年からステロイドの使用を辞めました

辞めた後、症状はまずは顔から、全身に広がり、

3月中旬まで症状はどんどん悪化しました。

その間、皮膚科に行ってステロイドを薦められるのがイヤで、

自宅でひたすら保湿を心がけていましたが、

出口の見えないトンネルに居るような、不安な毎日でした。

そんな時ヒットしたのが、徳子さんのこのブログです。

全ての投稿を何度も拝読させていただいた後、

この方法にチャレンジすることに決めました

全てを完璧に実践することはできなかったので、少し時間はかかりましたが、

着実に回復しており、ついに!あとは4箇所の浸出液ポイントと、

症状が治った箇所の色素沈着を残すのみとなっています。

悪化中は何をする気持ちにもなれず、

仕事とノルマの散歩以外はひたすら家に引きこもっていたぶん、

今日は何をしようかとワクワク現状の幸せをかみしめる毎日です。

徳子さん、お忙しい中、

このブログを立ち上げて下さって本当にありがとうございます。

このブログがなければ、

私が佐藤先生のメソッドに辿りつくことは無かったと思います。

今後、同じ状況に苦しむ人が居たなら、

是非このブログを紹介させていただきたいと思います。

 

     ******************************

 

次の読者さんはヨーロッパ在住で、このブログを見つけられてから、

佐藤先生の脱保湿をやってみようと決意され、

私とブログ上でコメントのやりとりをしていました。

そして、一旦帰国され、阪南中央病院で受診された行動派の読者さんです。

在住の国では、ステロイドを処方されるので、戻ったら

”ステロイドなしでよくなった姿をあちらのお医者さんに見せる”

という前向きな決意で、闘病されています。

まさに、パート1で話した ”ペイ・フォワード” で、

こういったお考えに、私は心よりエールを送りたいと思います。

 

ちょうど帰国する1週間前に脱保湿を始めたので、飛行機乗る頃に悪化が始まり、
 
痒い痛いのフライトで大変でしたが、
 
阪南中央病院の佐藤先生に見てもらえて安心したのか、
 
その後からメキメキ肌再生が始まりました
 
すごいっですホンマに!!!
 
掻いて乾かしの繰り返しが皮膚を強くする、と何度も自分に言い聞かせ
 
悪化状態を乗り切りました
 
そこ、信じきれるかどうかですよね。
 
酷くなるから不安になると、治療法に疑問を抱く、
 
そうなると途中でやめてしまうのでしょう。
 
半端ない忍耐力を要します
 
私の症状は、徳子さんとは比べものにならない程、軽いですが、
 
悪化時は本当に辛く希望と確信を維持する為に
 
徳子さんのブログをずーっと読んでました
 
本当に助けられました。
 
そして、佐藤先生素晴らしいです。クールですよね(笑)
 
この暑い中、外に出るのは大変だから、
 
ラジオ体操を1日3回くらいすれば、良い運動量になると教えてくれました。
 
いいアイデアです。

 

     ******************************

 

次のコメントは、

どこの皮膚科でも顔にプロトピックを出されて改善しなかった方で、

さらに出された漢方の化粧水には ”甘草水” とあり、調べていたら、

このブログを見つけて、痛く納得されたそうです。

あれこれやりとりをしていた中のひとつのお返事と、

次の段階として、

お化粧のことで質問を戴きましたので、

「是非、他の記事も見てほしい」とお返事させて戴いたところ、

また素敵なコメントを戴きましたので、そちらもご紹介いたします。

 

〇〇様

お役に立てる情報があったなら光栄です。

皮膚炎と言うのはなかなか

よくなったり悪くなったりのループから抜けられないものですよね。

長い闘病に辛い日々であること、お察しします。

プロトピックネオーラル免疫抑制剤です。

臓器移植の時に他人の臓器に拒絶反応を起こさないように発明されたのが免疫抑制剤です。

それをアトピーなどに使っているわけです

私もかつて、シクロスポリンネオーラル)を既定の範囲内の期間で

何度か処方されていますが、一度目は嘘のように炎症が引きましたが、

治ったわけではなく、文字通り引っ込めただけ。

しかもよかったのは本当に短期間です。

2度目からはほぼ効かなくなり、結局は同じような激烈な悪化症状に戻りました

(シクロスポリンも臓器移植手術前に飲む免疫抑制剤、劇薬です。)

世界ではまだ、“治る薬”がないのです。

どれも引っ込めるだけで、あとは、自分の体が自分で治していっているだけです。

ステロイドで治った、という患者さんも、ステロイドで炎症を引っ込めている間に、

自然治癒能力がうまく機能しただけです

うまく自分で治せなかった場合、あとに残るのは恐ろしい副作用だけです。

脱保湿を始められるとのこと、賢明な判断だと思います。

最初はかなりの悪化で辛いことと思いますが、

ブログの中の説明通りに進めるだけで、かなりよくなります。

独自のやり方を加えると、少し時間がかかります。

世界中で、私のブログを見ながらやってみた方がいっぱいいらっしゃるのですが、

3か月たって

自分の人生の中でも最高の治療だ!」

よくなった!」

もうほとんど気にならないくらいになった!」

と、数えきれないほどのメッセージをいただいています。

しっかりと説明通りにやり通せば

少なくともステロイドの副作用によるリバウンドは最速で乗り越えられます。

(筆者注・ステロイドのリバウンドは、何度繰り返すのか、

どのくらい重くなるのか、どのくらいの期間になるのか、

全て未知の世界ですので、またぶり返すことは残念ながらあり得ます。

ただ、最速で楽になる方法を知っておくと、メンタル面でも楽になれます。)

あとは、心の問題だけです。

とっても辛い時には、是非、また拙ブログでも訪れて、

自分で自分を元気づけてみてくださいね。

必ずよくなりますよ。お大事に。

 

このあと、さらにお化粧についての質問がありました。

まだ読まれていないであろう記事をご紹介しましたところ、コメントを戴きました。

徳子様

お忙しい中 早々に 返信下さって ありがとうございます

女優 記載記事 拝見しました

(**筆者注・以下の記事👇のことです

  女優ではありませんが・・・。  )👈クリックしてね

 

何やら 面白い(笑)やら 感動に似た 涙が…

前向きに ポジティブに 笑う門には福来るですね

仕事柄 バッチリ しかも 厚めのメイクをしてたので 今はスッピンです。

アイメイクを濃い目に したら 良いのですね! 少し気持ちが楽になりました。

徳子さんは 本当に皆様に少しでも 脱ステロイド 脱プロトピック等を 伝えておられて

私も ブログにご縁があり本当に 感謝なんです。

今は 脱皮中(笑)で ポロポロ 皮が剥けてますが

これは 皮膚が強くなってる 証 ですね

嬉しいです。

リバウンド 二回目ですが

断然 一回目より 凄いスピードで回復してます

私の皮膚さん(笑) 頑張ってくれてます。

一回目は 一年たっても 赤みは取れず 湿疹も繰り返して …良くなり 悪くなりでした…

化粧品は 人体実験(笑)少しづつ まだ先ですがやってみます

同じ様に 悩んでられる方

脱洗顔 脱保湿は 本当に 効果があります

楽しみながら ボチボチ 頑張って行きましょうね

徳子さんに 感謝を込めて…

 

          ******************************

 

今日は、以上のご紹介です。

しかし、それでもまだ、ちょっと不安な、

まだ、ちょっと信じ切れない、そんな 脱ステ・脱保湿” 開始間もない方

よかったら以下の記事一番下の写真を勇気を持ってご覧ください

記事は英語版ですが、脱保湿をしっかりと指示通りやると、

一切の塗り薬なしでステロイドのリバウンドから

短期間でここまでよくなるという私の写真が載っています。

(脚、ですが・・・。)(笑)

相当グロテスクなので、このブログでは(元気ポリシーに則っている為

数回しか患部の写真は載せていません。

ご面倒でも、他のページに飛んでご覧くださいね。

How to get over Topical Steroid Withdrawal asap!

 

たくさんのコメント、全て、本当にありがとうございます。心より感謝しています。

また、新たにコメントされる方は、

必ず一番上のタブから、コメントしてくださる皆さまへを読んで

ご理解の上、メッセージを戴ければと思います。

 

他にも素晴らしいコメントをたくさんいただいています。

また、別の機会にご紹介させてくださいね。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 

 


アナタ ハ ホニャララ ヲ シンジマスカ? ー Part1


 

さてさて、今回はホニャララ2部作のパート1ですよ。

 

道を歩いていると、

”信ぜよ。さらば救われん。” なんていう看板を見ることがあります。

また、外国人の宣教師の方に、

「アナタ ハ~、カミ ヲ~、シンジマスカ~?」

と、たどたどしい日本語で話しかけられたことのある方もいらっしゃるでしょう。

何かに救われた方々が、他の方々を救おうと尽力されている姿を

時々私たちは見かけることがあります。

伝えることまでは誰しも可能ですし、

崇高な思いを持っての行動はそれぞれご立派です。

ただ、そこから先の信じるかどうかに関しては、相手の領域になりますので、

踏み込むことは難しいですし、相手に任せるべきものだと思っています。

私は特に宗教はありませんが、宗教であれ何であれ、

何かを信じ切れるということは心に安らぎを得られるものです。

 

ところで、私は、このブログで、

アトピーにステロイドを使うのは

地球規模での間違いだった

と、患者目線で伝え続けています。

また、自分の生まれて半年からの、長~~~~いアトピー人生のなかで、

あらゆる民間療法をも試しまくった結果、

脱ステ(ステロイド使用をやめること)のリバウンドからの脱出方法として

やってみた、脱保湿という治療が、

実は自分のようなアトピー体質には、

結局一番自然で、一番楽になれる方法だと知ったので、

多くの方に少しでも早くよくなってほしくて、

その治療法についての情報をシェアしています。

 

***アトピーの治し方は、いまだに世界でも発明されていませんので、

アトピーが完治するという意味ではありません。

ただ、

ステロイドに誘発された皮膚炎も、

ステロイドによって難治化した皮膚炎も、

”アトピー性皮膚炎”と診断されていることが非常に多いため、

リバウンドが終わると、もともとアトピーだと思っていた症状の一部が消えるので、

相当楽になる方が多いようです。***

 

しかし、

ステロイドをやめて、ひどい離脱症状(リバウンド)を体験している方々に、

いくらこのブログで、

「ステロイドのリバウンドには、脱保湿はとてもいい治療だよ!」

と勧めてみても、

あるいは、

相当な数に広まっている脱保湿治療経験者の仲間達が、

脱保湿治療が一番よかったよ。一番早くリバウンドから脱出できるよ。」

と口を揃えて言ったとしても、

あなたは、この情報を、

どこまで信じ切れますか・・・・?

 

宗教の勧誘か何かのようなノリになってきましたが~(笑)、

脱ステ脱保湿をやって、

ステロイドの副作用(離脱症状・リバウンド)を乗り切るには、

途中経過の辛さに耐えながらやり続ける気概覚悟が必要になってきます。

強い信念なしでは、やり遂げられないほど、

治癒までの過程で、恐ろしい症状を経験する可能性がありますから。

多くの場合、何度か、

ひどい悪化のように見える症状を経験しますし、

また、ちょっとよくなっても、

搔き壊しては悪化、という、

気の遠くなるような繰り返しがあります。

そのたびに不安になると思いますが、

そこを耐え抜いてやり遂げる・・・。

そのためには、この治療が確かなものだという信頼感と、

必ずよくなるんだ、という確信を持ちたいという患者さんたちの気持ちは、察するに余りあります。

特に、自宅で一人、黙々とリバウンドの症状と戦っているみなさんには、

信じ切れるかどうか

そこがポイントになるでしょう。

 

このブログを読んで、脱保湿を始める方々も、

世界規模でたくさん出てきています。

普通、ブログなんかは読み流しで、

過去の一年以上前の記事を掘り起こして読み返すなんて、

滅多なことではやりませんが、

このブログは、ブログと言う媒体としては珍しく、

データ上でも、同じ記事を繰り返し読んで下さっている読者さんが非常に多いのが特徴です。

つまり、繰り返し読んで、

脱保湿のやり方を確認されたり、

知らなかった情報を得たり、

悪化のように見える症状を乗り切るために

同じ記事を何度も何度も読み返しては、

自分で自分の心を奮い立たせている方々が多いのです。

いただいている数々のコメントやSNS経由のメッセージからも

その動向がつかめます。

辛い症状を乗り越える為に、

誰もが、確信がほしいのです

信じたいのです

サポートグループ内で、ビフォー・アフターのよくなった写真を投稿したメンバーに

膨大な数の「いいね!」がつくのがその証拠です。

ほとんどの患者さんが、心の面で疲れ果てていて、

よくなる、という希望の光(=確信)を見たいのです。

ん?このビフォーアフターはちょっと違いましたか?

 

素人(しろうと)的には悪化のように見える乾燥過程の症状に不安が募り、

(やはり、脱保湿治療は私には向いていない・・・。)

と、やり始めて間もなく、やめてしまわれる方々もいらっしゃいます。

あるいは、一切何も塗らないオイルなどの保湿もしない治療だと説明しても、

独自の治療法を加えて

「なかなか治らない・・・。」

と悩む方もいらっしゃいます。

しかし、この治療(脱保湿)をやるならば、

どこまでも、説明通りに徹底的にやらなければ、

説明しているような短期間での効果は現れません。

 

続ける自信がなくなってしまうのでしょうが、

途中でやめるかもしれないと思うなら、

あるいは、独自の治療法を加えるなら、

この治療はチャレンジせずに、時間がかかっても、

他の治療を試みて戴きたいな・・・と、正直私は思います。

治癒は、治療の最後の段階で急激に訪れることが多いのです。

肌のターンオーバーの期間を考えると当然のことなのですが、

不安の方が強くなりギブアップされる方に伝えたいのは、

実際に、悪化したような状態になってからやめるのでは、

遠回りで、時間の無駄遣いになってしまうということです。

何度も言いますが、この治療で治るんだという覚悟が必要です。

これこそ、信じ切っていなければ出来ない技です。

 

外国人の私のブログの読者さんで、脱保湿を始めたたくさんの方のうち、

一人の男性が、3日でギブアップしました。(笑)

彼は、

「この治療は、自分には向かない。キツイから、やめた。」

と、すぐに世界のステロイド副作用のサポートグループの仲間内で発信しましたが、

同時に私に相談のメッセージを送ってきました。

私が、上記のようなお話をさせて戴いたところ、

一念発起した彼は、

私のブログを彼の主治医に持ち込み、

「この治療をやりたいから、手伝ってくれ。」

と依頼し、説得しました。

(最近、同じ行動を取る読者さんが増えてきました。)

彼の場合、軽かったのかもしれませんが、確か3週間くらい後でしょうか、

脱保湿のビフォー・アフターの写真をグループ内で発信しました。

ドクター・サトーのNMT(No Moisturizing Treatment)

ここまでよくなったよありがとうトクコ!」

そう、阪南中央病院(大阪)の佐藤健二先生の脱保湿治療のことです。

(お礼を言うなら佐藤先生へのはずが、いつも私が言われる、おいしい役回りです♪ぶほほ。)(笑)

(ウロコ)のように顔中全て白い薄皮(痂疲)に覆われていた彼の顔は、

見事に普通の顔になっていました。

世界中のグループのメンバーが驚愕したのは言うまでもありません。

 

彼は後に、他の仲間に対して、

ステロイドのリバウンドからよくなりたかったら

妄信的に(笑)ドクターサトーのNMTをやることだよ。」

と、アドバイスや発信をしています。

さらには、グループに誰かの悩み相談がアップされると、

「とにかく、Tokukoのブログを読むことだよ。」

と、勧めてくれています。

他にも、脱保湿で、

人生が変わった。」

人生で、一番肌の調子がいい。」

という方たちがたくさんいて、

そんな方たちもがシェアしてくださっています。

ですから、このブログの英語記事も、一年以上前のものすら、毎日毎日、

世界中のどこかでシェアされています毎日、です。

静かな革命戦士がまた一人、また一人と増え、伝え続けてくれることは、

どこかで誰かを救っているわけですから、

本当にありがたいことです。

 

革命戦士のお話を読んでいない方は

👇こちら👇

どう考えてもおかしいなら、やることがあるのです。

 

やるなら徹底的にやる

途中放棄しそうならやらない

これは、鉄則だと思います。脱保湿は、

覚悟を持ってやり通す気概の方々だけにお勧めします

 

途中でやめていながら、この治療がよくない、などと発信された場合、

現時点で、この治療をやってみようかどうしようか迷っている方々が、

せっかくの素晴らしい治療にチャレンジするチャンスを逃してしまうことがあり得るのです。

他者のよくなるチャンスを奪う・・・・

これは、責任重大です。

 

ステロイドのリバウンドに苦しんでいらっしゃるなら、お伝えします。

本当に、いい治療ですよ。

時間はかかりますが、人間らしい肌を取り戻せます。やってみれば、わかります。

いい治療だからこそ、

こうして、そのよさを発信しているのです。

 

ステロイドのリバウンドは、未知のものであり、

また、発症することはあり得ますが、

それでも、ひたすらまた脱保湿治療を試みると、早く炎症が引きます。

信じられるものをひとつ得られると心が安らぎますよ

 

今、症状に苦しんでいる方々が巷に溢れる情報の中から

本当にいいものを選んでほしい

ですから、脱保湿をやってみて改善を経験された方は、

是非、情報をシェアするなどして、後に来る患者さんたちを助けてあげてください。

いいものだから、広める。

いいことは、広めなければいけない。

ペイフォワードと言って、

どなたかから受けた親切を、また別の方に新しい親切で繋いでいく・・・

そんな優しい世界になればなぁ・・・と切に願います。

 

そうそう、もう1つ。

ちょっと面白いと思った話を思い出しました。

これと言って悪いことをしていなくて、

人様に迷惑もかけずに、

結構真面目に生きていても、

死んでから地獄に落ちることがあるそうです・・・!(笑)

それは、どんな罪を犯した時でしょうか?

 

無関心の罪・・・というのがあるそうです。

 

いいことを知っていても、自分だけ知って、

後の人がどうなろうとも、そんなの知らないよ~ん・・・♪

そんな方は、要注意だそうですよー。(笑)

みなさんも、地獄に落ちないように、

いい治療を経験したら、一人でも多く、教えてあげてくださいね。

あ、私も、実は地獄に落ちたくないからこんなことをやっているかもしれませんねー。(笑)

 

説得する必要も強制する必要もありませんよ。

発信する、それだけです。

判断は、あちら任せ。

無関心の罪は、重いそうですから、気を付けましょう!(笑)

 

さて。

アナタ ハ ホニャララ ヲ シンジマスカ? ー Part2は、

さらに、確信を得たい方たちのために、

脱保湿治療の体験者や、やってみようと思われた方々のコメントのご紹介です。

「やってみてよかった」

そんなコメントは、多くの患者さんを救うことになると思います。

素敵なコメントを寄せてくださった皆様、

心より、ありがとうございます。

載せきれなかったコメントも、また、機会がありましたらシェアさせてくださいね。

Part2、お楽しみに!

 

 

 

 

 


まだ、ここが~・・・・。


 

アトピー性皮膚炎の患者さんは、

なぜか共通したキャラがあって、それを私はアト・キャラと呼んでいます。

(主観でものを言っちゃってますが~、実際、かなりのアトピー仲間が、

これには、その通り!とうなずいてくれます。)(笑)

 

優しくて気のいい仲間たちで、

とってもよく気配りをするので、(気が利くかどうかは別ですが)(;^_^A

アトピー仲間は、一緒にいるとお互い居心地がよく、すぐに仲良くなれます

 

興味のある方は、👇こちら👇もご覧くださいね。

アト・キャラ?

 

とても人柄がよくて、世間からは「いいやつ」と呼ばれがちな方が多いのですが、

一つの特徴として、なぜか、すごいこだわりを持っている部分がある気がします。

きっと、根が真面目で誠実だからでしょうね。

100点を取るまで、あるいは完璧に出来るまで、がんばってしまったり、

きちんとやらないと周りに申し訳ない

などと、誠実に涙ぐましい努力をしたりしがちです。

 

しかし、このこだわりが、アトピーやステロイドをやめた後の離脱症状(リバウンド)で、

マイナスになることがあるのです。

 

脱ステロイドをして、阪南中央病院に入院し、脱保湿治療をやっていた時、

私はたまたま症状が重かったので、入院期間が最長の3か月となりました。

多くの患者さんは1か月半ほどで退院されますから、

幸運にも(?)他の患者さんに比べて、行く人来る人にたくさん出会う機会がありました。

 

阪南仲間のみんな今でも愛してるよ~~~~!)

・・・業務連絡でした。(≧▽≦)

 

退院するときに、先に去っていく患者さんは、

差し入れなんかを持ってきてくれて、病院に残る仲間たちを

激励訪問してくれることがよくあるのですが、

明日退院なんですよ~♪ 」

と言って寄って下さる方々は、

少なくとも私の3か月の経験では、

みなさんぱっと見、

と~~~ってもキレイになられて、

普通の健常者の方となんら変わりない感じに見えます

もちろん、100%の完治でなくても、

恐ろしい症状から脱出されて、

傍からは、全然問題なく、普通のお肌に見えるほどで、

入院仲間みんながうらやむような、見違える姿になっていらっしゃいました。

 

・・・それで

十分な気がしませんか・・・?

 

・・・この投げかけ、不思議に聞こえたかもしれません。

しかし、こだわりのありがちな、

やや、完璧を求める傾向にある私たちは、

ちょっと違う行動を取ってしまうのです。

 

残る患者さんたちの、

すっごいきれいになりましたね~~!」

~~そこまでキレイになれるんですね~!」

うらやましい~~!私も早くそうなりたい~~!」

もう悪い所なんてどこにもないんじゃないですか~?」

そんな声に、退院していく側は、ほぼ全員、同じような返答をします。

 

いやでもまだここが・・・。」

 

(爆笑)。

どうでしょう?

人からうらやましがられるほどの状態になっているのです。

でも、私たちは言いがちです。

まだここが・・・。」

 

これ、脱ステ退院あるある なんです。(笑)

 

100%だけがよいのでしょうか

80%でなぜ大喜びしないのでしょう

じゃあ、例えば、70%だったら、落ち込むのでしょうか?

入院した時は20%だったかもしれないのに・・・・。

 

もちろん、性格のいいアト・キャラですから、(誇らしげ)

謙遜も十分ありますが、

それだけでなく、実際にまだ、気になっているのです

(自分としては)完璧になっていない部分のことが

 

このブログでも何度も話していますが、

アトピー性皮膚炎の治し方はまだ世界でも発明されていません

それでも、今まで、アトピーだと診断されていたものの一部が、

実はステロイドによって誘発された皮膚炎だったりするので、

ステロイドの離脱症状を脱出すると、

もともとの皮膚炎自体もとっても楽になる方が多いようです。

 

アトピーの症状が残っていても、

脱ステ脱保湿の治療で、

リバウンドの症状は、相当、楽になるのです。

当然痒みも、リバウンドの時よりは楽になります。

・・・・あの、地獄の症状から脱出できたのですから、

感謝しかない、という気分になってもよさそうなのですが、

私たちはついつい、100%でなければ納得せず、

そのちょっと気になる部分に意識を集中してしまいがちです。

楽になったことのありがたさに意識を集中して、

まず、大感謝する方が、幸せのはずなのですが、

治った90%よりなぜか完璧になっていない10%のことばかり考えがちです。

 

新薬などが次々に出てきますが、

ステロイドと同じく、いつか、副作用に苦しむことになるか、ならないか

誰にもわかりません。

新薬を勧めたお医者さんにも、

新薬を求めた患者さんにも、

きっと罪はないと思います。誰にも未来は見通せないのですから。

仕事や学校などの事情で、薬に頼るしか選択肢がない時もあります。

でも、感謝することに目覚めない限りは

どんなにいい新薬が出来ても、

まだここが、

まだここが、

・・・・と、言い続けて、

またさらなる新薬や、新しい治療法を求めて、

同じ苦しみを繰り返すことになるやも知れません

 

挑戦することが間違っているとは決して思いませんよ。

でも、今の現状に幸せを見つける生き方を選ばなければ

いつまでたっても不幸のままなのです

 

つまり、例えば、よくなった右手に感謝すればいいのです。

左手がまだよくなっていないからと言って、

「あと、ここさえよくなれば、幸せなのに・・・・」

という考え方を続けるうちは、

いつまでたっても、ないものを求め続け不幸のループに陥ります

両手が治った時には、次は

「まだ、足が・・・・。」

(笑) と、いうことになってしまうのです。

 

せっかく右足の治し方を教わったなら、

右足が治ったことを喜びましょう。

よくなった右足に、幸せを感じましょう。

「あと、左足さえよくなれば・・・」

という考え方では、いつまでたっても幸せにたどり着けません。

 

また、ステロイドの副作用(離脱症状)は、よくなっても、

この先何度繰り返すかあるいは繰り返さないのか

地球上の誰にも答えをくれる人はいません

未知の世界なのです。

その、起こるかも起こらないかもわからない未来を、

起こることだけ予測して、

不幸になる必要も、もちろんありません。

起こらないかもしれないのに、

心配して暗くなることに意味があるでしょうか?

杞憂人間になると、ある意味不幸です。

 

幸せとは

何かほしいものが手に入ったり

何か必要なことが叶った時に得られるものではありません

すでに

自分が持っているものの中から見つけ出すものです

その基本を身につけていないと、

いつまでたっても幸せにはなれません。

 

この病気さえ治れば、幸せ、

あれが手に入ったら、幸せ、

あのイヤなやつがいなくなりさえすれば、

あの人が変わってくれさえすれば、

この現状から抜け出せれば、

・・・・この幸せに条件を付ける生き方が

どんなにあなたの人生を難しくしているのか

気付かなければいけません

 

もう、このループにはまるのはやめましょう。

ないものを求め、

ないものが手に入った時だけに喜ぶのではありません

いまそこにある幸せに気付いてください

治った部分の幸せをかみしめてください

 

今日も、安心して寝れる場所があってよかった。

帰れる家があって、ありがたい。

今日もご飯が食べられて、感謝、感謝。

こんな便利な時代に生まれてよかった。

歩ける脚があってよかった。

目が見えるのはありがたい。

生きていて、よかった・・・・。

日常は感謝にあふれているはずです。

 

幸せとは感じ取るもの

久しぶりに会った友達に、

「調子はどう?」

と声をかけられたなら、明るく答えてください。

お陰様でね相当よくなってきてるよ

あのひどかった頃を思うと夢のようよ。」

と答えながら、幸せを感じてください

 

逆に、久しぶりに会った脱ステ仲間に、

「調子はどう?」

と、聞いてみてください。

 

まだここが~・・・・。」

 

(笑)そう返事がかえってきたなら、

お友達は、まだ、幸せのなり方に気付いていません

友達の、他のよくなっている部分を、是非、たくさん教えてあげてくださいね。

 

今日も、素晴らしい一日を!

 

注・繰り返しますが、アトピー性皮膚炎の治し方はまだ世界でも発明されていません。

パーフェクトな新薬もありません。

脱保湿治療は、アトピーが完治するのではなく、

ステロイドの副作用による恐ろしい症状に、一番効果的だという説明をさせて戴いています。

アトピーは、よくなっても繰り返しがちな病気ですし、

ステロイドの副作用も、脱保湿で一番早く脱出できますが、

未来に何度、副作用のリバウンドを繰り返すかは、誰にも答えが出せていません。

ただ、一旦、脱保湿のやり方をマスターすると、例えこの先繰り返したとしても、

心も体も、保湿を続けるよりもずっと楽になるのが早い、ということだけは経験者たちは確信しています。

 

 


浸出液が止まらない? — パート2!(実践編)


 

浸出液シリーズ第二弾は、実践編ですよ。

前回は、アトピー性皮膚炎に使う

ステロイド外用剤(クリーム・軟膏など)の副作用の怖さを知っていただくために、

私のウルトラ浸出液(笑)の話を例に挙げ、最悪のケースのお話しをさせて戴きました。

どれほどスゴイ副作用を経験することがあり得るのか、伝わったかと思います。

 

ステロイドを塗ることをやめると、

こうした恐ろしい離脱症状が起こることがあるのですが、

非ステロイド非プロトピックの第一人者である、

佐藤健二先生阪南中央病院・大阪)が勧める

脱保湿治療がその症状に有効で、

その治療の中に含まれる水分制限が、

ステロイドを止めた後の離脱症状で起こる浸出液を減少させるために

相当効果があることを、患者たちが実感している旨も、

前回、同時にお話させていただきました。

 

素人的な感覚では、浸出液というのは、

何か、悪いものが体内から排出されているようなイメージで、

毒を出し続けていると思っている方が多いようですが、

(というより、実際は、ほとんどの方がそう思われているのではないでしょうか?)

浸出液は決してただの悪者ではありません

皮膚の再生のために、必要不可欠な、タンパク質を含んだ大切なものであり、

治癒の過程に起こる症状なのです。

臭うのも、毒を出しているから臭うのではなく、

タンパク質だから臭うのです。

(ちょっとここだけは患者さん的にはザンネンですよね。でも、しばしの辛抱ですよ。)(涙)

 

余談になりますが、私たち素人の感覚で、

浸出液が悪者だという定着した誤解があるため、

患者はとにかくこのベタベタくっつき、臭う液体を、

お風呂やシャワーで流したい思いにかられます。

でも、それは逆効果だということ、

是非、知っていてください。

その件に関しては、以下の記事も、是非、参考にして下さいね。

👇クリックしてね👇

脱ステ中のお風呂(シャワー)は、あり?なし?

 

さて。

今回、なんと、ありがたいことに、

佐藤健二先生ご本人から直々に、

みなさんに向けて、特別に浸出液の説明をご投稿いただきました。

佐藤先生の、ご自身の患者さん以外へも向けられる患者愛に、

私はいつも涙が出ます。

ド素人の私の説明などと違って(笑)、わかりやすく、本当にためになります

もうとにかく黙って読んどいて。」(感涙)

と、皆さんの胸を軽くツッコミのように叩きながら言いたいところです。

以下、原文を参考になさってくださいね。

(ハイライトは、私の判断でやらせていただいています。)

 

     ******************************

 

滲出液は、傷のある皮膚から出てきて固まり、

痂皮となって下にある皮膚を保護するために出てきます

できるだけ掻かない方が傷はひどくならないのでより良いですが、

掻いて汁が出てきたら拭き取らないことが必要です。

ガーゼを1枚巻いて固まらせればいいのですが、

1枚では汁が止まらない場合は必要枚数を巻いて、

固まった後で一番下の1枚だけを残してあとは取り去ります。

この1枚は最長1週間感染を起こしていない限り)残しておきます。

シャワーも、ガーゼをつけたまま行い、

あとで乾いたタオルなどで水を拭き取ります。

この様にすればおおむね1週間で下の皮膚は乾きます

もし乾いていなかったら、同じようにガーゼを使用します。

なお、使用するガーゼは買ったものを直接使用せず、

一旦水道水で洗って乾かしたものを使用します。

刺激になる消毒薬を除くためです。

少し追加をさせていただきました。

 

(佐藤健二先生の投稿より)

 

     ******************************

 

また、浸出液が止まっても、

患者たちは、退院した後すらも、皆、水分には相当気を付けています

傷つきやすくならないためにも

水分は控えた方が、私たちアトピー患者にはいいということを

患者自身が自分たちの体で納得したからです。

(ただし、どこまでもアトピーの治し方ではありません。

ステロイドをやめた後の副作用からの脱出方法です。

アトピーの治し方は、世界中のどこでも、まだ見つかっていません。)

喉が渇いても、よくなるため・・・しばし、がんばりましょう!(^o^)b

 

また、具体的な水分制限の量についても、

以前、同じように投稿して説明してくださっていますので、

入院治療が出来ずに、自宅でがんばっていらっしゃる方々は、

(医療のサポートを受けながら)以下を参考にしてやってみてください。

 

     ******************************

 

水分は、体重が50~60kgの人で夏は多く冬はすくなめでおおむね1000~1500ml/日です。

体重が80~90kgだと1300~1800ml/日ぐらいでしょうか。

ただし紅皮症の人(全身に広範に赤みがある人)は二割ほど多くします。

運動して出た水分(汗など)はその分だけ追加的に飲みます。

運動前後の体重の変化で判断。

運動着に吸収されている分を度外視すれば(余り多ければ考慮に入れる必要あり)、

体重が500g減れば500mlの水分を追加的に飲む。

風邪引きなどで38度を超える発熱があれば水分摂取制限はなくし、好きなだけ飲む。

 

(佐藤健二先生の投稿より)

 

     ******************************

 

佐藤先生の膨大な数に及ぶ臨床経験が、

患者たちを納得させる結果を生み出し続けています。

さらに深く勉強したい方は、

先生の書籍をじっくり読んでみることをお勧めします。

知ることがあなたを救います

あ、皆さん?

本を買わずに、ここでかなり勉強しちゃってますね?(笑)

誰ですか~?ちゃっかりさんは?

タダの知識で、ラッキーだな~、もう~。

(・・・冗談です。)

いずれにせよ、書籍でのさらなる知識が、あなたを守ってくれますよ。

 

     ******************************

 

また、過去の記事に投稿してくださった物で、

とても勉強になることをコメントしてくださっているものがありますので、

さらに付け加えたいと思います。

 

👇投稿はこちら👇

いったい、いつ、治るのでしょう?

 

     ******************************

 

(上記の記事への佐藤先生の投稿より)

 

どなたかの言葉に安心を求める生き方は次の苦難に立ち向かう実力が育たない

おっしゃる通りです。

自分で自分の皮膚の変化を客観的に評価する能力と努力する力がいると思います。

そのためには脱ステロイドや脱保湿をする時の

典型的な皮疹の移り変わりを知る必要があると思います。

それほど難しくはありません。

自覚症状(痒い、痛い、眠いなど)

他覚症状(ジクジクしている、乾燥している、赤い、茶色い、白い、かさぶたが大きい小さい等)

を区別して、他覚症状だけで判断する訓練が必要だと思います。

自然治癒力を信じて頑張ってほしいと思います。

 

     ******************************

 

佐藤先生は、

まだ、ステロイドの副作用に周囲がそれほど気付いていなかった頃から、

鋭い観察眼で、その安全性に疑問を持たれ、警鐘を鳴らし続けて来られました。

たくさんの治癒や改善の実績を持つ先生のお言葉の重みを、感じ取って頂けたかと思います。

 

最後に、シリーズ第一弾をまだ読んでいない方のために、

浸出液シリーズ第一弾は 👇 こちら 👇

浸出液が止まらない? — ステロイドの副作用に悩む皆さんへ

 

みなさん、必ず、よくなる日はやってきますよ。

今日も、素晴らしい一日を!