アーカイブ | 11月 2019

脱ステ・超お役立ち情報 - その21


 

日常が日増しに忙しくなり(笑)、

ブログのポストもなかなか出来なくなっている私ですが、

「なんのこれしき ♪」と、楽しく日々を過ごしています。

 

さてさて、阪南中央病院皮膚科(大阪)では、

毎月2~3回ほど、佐藤健二先生を囲んで、

入院患者さんの学習会『とまり木』が開催されていますが、

今回は過去情報の公開ですよ。

 

 

“ FTUって、ご存知でしょうか?

お友達に皮膚科のお医者さんがいない、というあなた!

是非読んでみてください。

今回も、とっても興味深いお話を佐藤先生がしてくれていますよ。

 

それではいつものように、ご一緒に~!

教えて😍💖♪ 佐藤センセイ~~~~~!」

 

 

     *********************

 

佐藤健二先生 談

◆ FTU(finger tip unit)について ◆

 

ステロイド外用剤塗布の基準をしてFTU法が勧められている。

大人の人差し指の末節の長さにチューブから出した軟膏0.5g)を

両手の平程度の面積に塗るというものである。

 

両手の平は体表面積全体の50分の1にあたるので、

全身に1回塗るとすると50×0.5g=25g必要になる。

 

この量が多いかどうか、を

九州大学皮膚科古江先生の論文(Br J Dermatol.2003)に記載されている量と比較してみた。

論文では、研究した6ヶ月にどれだけの量が外用されているかが推定できるようになっている。

その中で最も多く外用していた人は、おそらく紅皮症状態で、

全身に外用していたと考えられるが6ヶ月で500gと推定できた。

 

FUT法に従って全身に6ヶ月間 (180日)

1日1回外用するとその量は、

25g×180日=4,750gである。

4,750g/500g= 9.5

すなわち  

これまでより概ね10倍の量を外用せよ。”

というのがFTU法が言っていることである。

 

重症の最低面積は体表の30%であるので、

この場合でも約3倍量を塗ることになる

 

古江先生が上記論文を投稿した時、

査読者から「外用量が少ないから治療成績が悪いのだ。」

と言われていたそうである。

 

論文の中では、「ステロイドで良くならない症例もある。」と言っておきながら、

翌年にはFTU法を勧める本を書いている

不定極まりない。

 

喜んでいるのは誰か。

もちろん、製薬企業である

10倍の販売量が得られるのだから。

医師にも少し利益はおちてくるが。

 

この頃から受診時に袋一杯にステロイド軟膏をもらってくる患者が増えている

皮膚科学会はどうなっているのか。

 

 

     *********************

 

 

入院患者さんから佐藤先生への質問

 

Q.  退院後、全く同じように生活していても

再発して状態が悪くなっている患者がいるが、その原因は?

A.  原因は不明だが、環境の変化がその要因だろうと考えられる。

退院後、約2/3の患者が再発している。

しかし、再発しても、初期の状態よりは軽度のことが多い

 

Q.  皮膚科で、入院を伴う治療をしている病院は、他にもあるのか?

A.  他に、淀川キリスト教病院、尼崎医療生協病院があるが、

両病院ではステロイドを使用することもある。

 

 

まとめ

 

ステロイドを使用せず、脱ステ・脱保湿の自然治癒に理解が広がってきている

患者からの声で、さらにこの治療の有効性を広げてほしい。

 

                            『とまり木』 2018.07.20 より

 

     *********************

 

 

いかがでしたか?

FTU法然り(しかり)

保湿信仰然り、

ステロイド信仰然り・・・・

どうも常に大きなビジネスチャンスの臭いがプ~ンプンしてきますねぇ。

 

私たちは企業の商業戦略に乗せられず、

一部の人々の利害関係に惑わされず、

真実の情報を見逃さず・・・・

 

と、雨ニモ負ケズ、みたくなってきていますが(笑)、

冷静な目と判断力を培っていかないといけない時代を生きているようですね。

 

でも、脱ステ・脱保湿の必要性に気付いたみなさんなら、きっと大丈夫。

必ず、よくなりますよ。

 

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 

 

 


NMT Caregivers’ Reports – For Children And Babies


 

As most of you know, the only NMT (No Steroidal and No Moisturizing Treatment) doctors are in Japan.  This method was advocated by Dr. Kenji Sato (Osaka, Japan) officially in 1994, but he discovered the condition of TSW (Topical Steroid Withdrawal) long before he publicly shared.  He actually started the protocol prior to 1994 trying to learn from the patients.  Then he discovered that TSW couldn’t be healed with just ceasing steroids, meaning, you need to cease/stop use of steroids as well as ALL kinds of moisturizers in order for the protocol to be successful. 

***This included wearing loose fitting garments rather than tight against the skin, avoiding to wrap up with bandages or to put on thick comfortersnot over cleaning or bathing with soaps or other chemicals and so on…Most of us tend to imagine to apply lotions or creams once we hear moisturizers but these types activities and more similar ones are ways that unintentionally act as ‘moisturizing’ treatments. ***

      **Refer below article forMoisturizers
      What can be Moisturizers? – For fellows lanuching ‘No Moisturizing Treatment (NMT)’

However, it is not socially accepted as a major treatment though even the results are amazing.  ‘Topical Steroids’ is the major and standard treatment designated for Atopic dermatitis by the dermatologists’ academic conference in Japan even though there’s no evidence of healing results.  Most dermatologists prescribe them and it is very difficult to find non steroidal doctors even in Japan.

 

Dr. Sato has been advocating NMT and has been helping tons of TSW sufferers for more than 3 decades with successful results.  Patients are visiting Osaka to be seen by him from all over Japan. 

 

Dr. Kenji Sato gives free large scale lecture meetings frequently with other NMT doctors (Dr. Mitsuko Satou, Dr. Shigeki Fujisawa and Dr. Satoko Minaguchi) traveling all over Japan for awareness of the danger of Steroids, Protopic and Neoral (=Ciclosporin/Cyclo).  He also holds classes after work for inpatients, answering questions on the website with his wife Dr. Mitsuko Satou (a NMT super pediatrician), teaches NMT for doctors who are interested in, guides other young doctors, etc….As you can see, his busy life makes it hard for him to share the info with the world.  However, his message is spreading as patients’ groups supporting him and other NMT doctors are growing.

 

I wrote an article to share this great method to the world in English getting approval from Dr. Sato (in Nov 2017).  How to get over Topical Steroid Withdrawal asap!  

Since I’m the testimony who got well amazingly from VERY severe case within 3 months with NMT, I thought I had to share this great method for all TSW sufferers in the world.  I totally understand how tough the symptoms are so I really wanted to help others who are struggling without solutions.

Fortunately, the article spread all over the world very rapidly and it reached many worldwide as you can see below.

The distribution map of readers of my blog ‘Tokuko’s Room To Feel Uplifted’. (=Genki ga deru Tokuko no heya) This means so many TSW sufferers are struggling without having solution.

 

A lot of TSW sufferers started to learn NMT with this blog and NMT support groups that I established last year at the same time.

NMT (No Moisturizing Treatment) Education Group

The NMT Healed Club (No Moisturizing Treatment)

Tokuko’s Room To Feel Uplifted

 

Within a few months, I began to receive SO many messages with appreciation from all over the world.  (**Sorry, I can’t respond to all of them but thank you very much for your nice messages! )  They mastered NMT and were healed or improved amazingly

 

And then, unbelievably, the healed members started to share the information spontaneously! 

It was a game changer for them so they were glad to pay it forward sharing the protocol. 

The NMT masters’ dedication is really energetic and they started to help the world sufferers together!  The numbers of sharing people are increasing day by day!

 

Some shared it with SNS, (Facebook, Twitter, Instagram, Reddit, etc….)

some brought my blog to their dermatologists asking their support to accomplish NMT,

some shared theirBefore and Afterpics to encourage and help other sufferers,

some shared the pictures to show the healing process with chronological order and explanation,

some shared their personal notes about what they learned in their language,

some offered me to help the operation of support groups,

some translated my blog articles to each language,

some got interviews to share their experience bravely with medias and other non-steroidal groups,

some established NMT support groups in each language,

…and so on!

 

It’s actually spreading throughout the world day by day rapidlySo many people are taking actions to help other sufferers/caregivers to experience the agony of the side effect of Topical Steroids and amazing recovery with NMT.  They are working with their deep love to others.  Don’t you think it’s REALLY wonderful? 

 

Today, let me introduce two of NMT masters’ (caregivers) reports.

 

First report below is written by Ms Jannelyn Lechelle from UK.  She learned NMT reading this blog articles over and over and her son got well amazingly fast.  Her NMT knowledge is excellent!  After she became a master of NMT, she has been helping sufferers as one of admins of the support groups.  

 

    *******************

 

[sic]

Here is another update on the progress of my son’s ankle.  He is currently 168 days NMT and 8 months TSW.

As you know from my last post, he has been swimming for almost 8 weeks with no reaction to the chlorine in the water.  His whole body is clear – not a sign of normal eczema starting either.

 

As for the NMT protocol, he is drinking whenever he is thirsty so no water restriction.  He has quick showers twice a week and doesn’t apply any type of cream or moisturizer on his skin after a shower.  He continues to sleep 9-10 hrs a night and can eat all types of foods without any reaction.  A balanced diet is still important for a growing child so I maintain this.

 

Last month, the top part of his ankle had this ‘thick and spongy texture’ accompanied with fine, white powder/dust.  I call this elephant skin.  This month, from my observations, the thickness has lessened considerably and the powder is gone.  The skin is now a little scaly and no longer sheds.  It also appears dry but it is not itchy.

 

Looking back at the whole TSW nightmare, we tend to worry about the possible infections, about the many symptoms, how bad it looks, wondering when it will get better or is it becoming worse?

Having gone through this journey with my son for 8 months, what kept me going as a parent was acceptance and a positive mental outlook.  Even before I stumbled upon NMT and Tokuko’s Blog page, I kept reading, doing research, finding out as much as I could about how to heal my son from his terrible symptoms.  Without this determination, I have no idea what I would have done. 

 

I followed the NMT protocol blindly without doubting it, and just kept going.  Seeing the before and after pictures of Tokuko was a game-changer for me.  I thought if she could heal from her symptomsthen so can my son. 

The suffering my son went through taught me patience.  Then patience taught me perseveranceThe perseverance then gave me hope – hope that one day, he would heal.

 

I am forever grateful that this NMT group exists because Tokuko has worked so hard to spread the NMT awareness out there.  I see many more parents who are willing to try the NMT protocol to heal their childIf you do commit to it, patience and perseverance is keyDon’t dwell on the symptoms or worry too much.  The protocol is your guide, so learn it well, read it over and over again and make sure you don’t miss a thing.

 

Everyone will have different healing times and some parts may take longer to heal.  Try not to compare your healing journey to others, this will only discourage you.  Not everyone will heal in 90 days either as most of us are not at the hospital with Dr Sato watching over us all.

 

Below, I have complied a guideline of the different stages the skin goes through when healing.  This information is taken from my notes, photos and the close observations I made with my son.  Some of you may find it useful, others may not, but feel free to use it as you wish.

 

 

1. The Inflammation Stage

Symptoms: Red, hot, bumpy, broken skin, sometimes swollen, itchy, wet, oozy, painful

This is the stage where the skin goes into shock as the medicine usage has ceased and the skin and body need to re-adjust itself.  Blood vessels dilate to allow essential cells; antibodies, white blood cells, growth factors, enzymes and nutrients to reach the skin area.  This may lead to a rise in exudate levels so the surrounding skin needs to be closely monitored. 

Limiting all types of moisture (bathing/creams/intake of fluids) at this stage is important to reduce ooze and the possibility of infection setting in.  Sleeping during the hours of 10am – 2am is crucial for healing as growth factors are released during this time at night.  A balanced diet will help the skin obtain all the nutrients it needs. My son was stuck in this Inflammation stage for two and a half months because of the daily foot-baths and creams applied to his skin.  Too much moisture.  If anything, his skin became a lot worse.  As soon as we initiated NMT at the beginning of January, his skin started to change and move to the next stage which only took around seven days.

 

 

2. The Proliferation Stage

Symptoms: Less redness, Intense deep itching, increased dryness, stiff skin, thick crusts, lots of flakes, ooze and blood, swelling, skin feels hot, nerve pain, zingers, possible infection

Allow crusts to fall off by themselves.  Do not pick or force crusts off.
If dried out properly, skin can start to form crusts/flakes over the surface to protect the rebuilding of new skin underneath.  The body produces collagen to form new skin tissues – protein and fats in diet are required to do this.  The unbelievable ‘deep’ itch results from the new network of nerve cells and blood vessels being formed underneath the new skin. 

As new temporary layers of skin are pushed up, the skin sheds very quickly, producing lots of flakes!  This is encouraged by itching and scratching until the skin becomes thicker and drier.  Tokuko describes this stage as having ‘ugly skin’ and many tend to think that the skin is aggravatedSome give up during this stage and return to bathing and applying creams.  Then the Inflammation Stage starts all over again.
My son stayed in the Proliferation stage for 97 days before moving on to the last stage of healing.  Believe it or not – the repetition of scratching and drying made his skin stronger.

 

 

3. The Maturation Stage

Symptoms: Dry skin, fine white powder, white dust, less itch, no redness, softer skin, spongy feeling, elephant skin

This final stage is when the new skin no longer breaks when scratched.  The new skin feels thickened and spongy as the tissue used to create this is slightly different.  The Fine, white powdery surface can take some time to thin out.  This phase involves remodelling of collagen from type III down to type I. 

Cellular activity reduces and the number of blood vessels in the skin area regresses and decreases until the skin produces its own oils and is normalised back to soft, smooth skin.  This is the stage my son started swimming and is currently at Day 57 and still counting.  The bottom and middle part of his ankle are already normalised, just allowing the top part to continue to smoothen out slowly.

 

Thank you for reading.  Happy healing to you all 💗

 

 

    *******************

 

The Next report is written by Ms. Joyce Fang from Australia.  Her understanding of NMT also is outstanding and she has been helping parents who have TSW/AD kids and babies in Chinese speaking society as a bilingual.  Her support for world sufferers is excellent working as an admin in the NMT support groups.

 

    *******************

 

[sic]

Some thoughts on babies, about solid food, breastmilk, formula.

And some healing photos

It’s created a little bit controversial tonight, since I’m a mum who is breastfeeding my 16 months son and receives a great result from NMT within half year, I’d like to share some of my thoughts and experiences on this. Please do correct me if anything wrong.  And please follow NMT doctor’s instructions as strictly as you can, you will have great result!

 

 

Firstly, I think breastmilk is still good during NMT, like people mentioned here, for immunity.  Good immune system accelerate healing and reduce the risk of infection.  Also, breastfeeding is a great comfort tool during NMT.  Happier baby, happier mum, faster healing.  Breastmilk has too many other benefits compare to formula, like long chain fatty acids to support brain development, etc.  I believe NMT doctors fully understand and have more knowledges than us, as Tokuko mentioned this.

 

 

However, breastmilk has less protein compared to formula.  And we all know protein loss is a problem during TSW for many people, we need to increase protein and fat intake (although breastmilk has higher fat compared to formula).  We also know too much water intake delays recovery.  So, this is the downside of breastmilk, since we can’t reduce water in breastmilk.  If we try to increase protein intake from breastmilk, we increase large amount of water too.  It’s a dilemma here.  On the other hand, it’s easier to control the water volume and plus it has higher protein in formula.  So, for the babies who need to boost their protein level and who hasn’t on solid, switching to formula is a choice.

 

 

But it doesn’t mean every NMT baby needs to stop breastfeeding.  That’s why Tokuko mentioned babies can have solid food earlier.  Someone may argue baby under 6 months shouldn’t have solid.  But the reality to this really depends on each baby, someone just can if they are ready.  Tokuko mentioned.  My son started solid on 4 months even we didn’t have TSW.
Breastfeeding or not, or when should baby start on solid is really depending on each one’s real situation.

 

 

Here are some experiences and thoughts from me and some other breastfeeding mums who are doing NMT currently:
To mums who don’t want to switch to formula, and determined to get benefits from breastmilk for long run and do NMT at the same time:
I would firstly eat more protein and fat and a bunch of nutritional dense vegetables (not too much fruits) myself.

 

 

1.  Baby Within 6-month-old or hasn’t on solid: I could switch to a mixed feeding strategy, but maybe majority is formula for a while if the baby lost too much protein (usually sever oozing stage).  I could feed formula first and maybe some bites of breastmilk for comfort and immunity.  I could at the same time pump breastmilk out to maintain milk supply.  I may increase breastmilk and reduce formula when skin is getting better, and maybe baby starts solid already.  Also, I believe sever TSW for such young baby is not too common.
In addtion, 4 months old can start solid if they are ready, first food can be high protein food like meat.  Diet is probably another controversial topic nowadays.  

 

 

2.  6-month-old to 1 year old:  Apart from same strategy above, I could feed him only high protein and fat solid food at this stage, which means no carbs from solid, especially during sever oozing stage. If baby have lots of high protein solid and skin is getting better, I may increase breastmilk or switch back to breastmilk.

 

3.  1 year above:  It’s easy to control protein intake now, and baby needs much less milk.  High protein and fat solid plus breastmilk only or mixed feeding, moderate protein and fat solid plus more formula or normal milk plus some breastmilk or no breastmilk.  There are too many combinations according to skin’s progress.  Just remember dry is better, protein and fat are essential during NMT. If you have time, do a record or digitalise eventing, you can figure out how much water and nutrition your child needs according to different circumstances.

 

 

To mums who stop breastfeeding because of NMT or other reasons:
• Although there are so many benefits with breastmilk, but babies can do also well without breastmilk.  Formula gives lots of mums relieves, it’s also easier to count water intake and increase protein level for many babies.

• We always want to give our kids everything, but sometimes we should consider the most important things for different circumstances.  We still can boost baby’s immunity in other ways, like giving them lots of love, letting them play around as excise, a balanced diet, etc.

 

Last, don’t be too stressful for what we haven’t done enough.  If you have time and energy, you can choose to continue breastfeeding and NMT.  If you don’t, you can try to find helper.  If you don’t have time and helper and want to stop for healing purpose, just stop.  If you have confusion, we have so many people here to help.  If you feel depressed, you can vent into NMT support group or other TSW group, or messaging lots of people here. LOL

 

Thank Tokuko Kameda again and all the NMT/TSW doctors.

 

I will add some improvement photos to reassure NMT.  My son is breastfeeding and doing great with NMT.  I probably ask my friend to add her son’s photo later, her son takes formula and heals with NMT too.  We both almost finish this hell within half year!
Wish everyone has a quick and happy healing!

 

 

      *********************

 

Well, these reports are written by ‘mothers‘ who mastered NMT with this blog and NMT (No Moisturizing Treatment) Education Group on Facebook.  To experience their child’s healing, they wrote and posted these reports in the group spontaneously to pay it forward.  I was moved so much by their love to other TSW sufferers/caregivers because this is just what I really wanted 

 

NMT doctors are limited but there are many more numbers of sufferers than them all over the world…I thought “We must be able to utilize sheer force of numbers…!” 

Even if you have zero NMT doctors in your country, if we assemble our knowledge, the power is going to be bigger than several doctors’ one.  Once we put learned knowledge together in the group, a lot of sufferers can trust the information and can help each other…I believed that it would be the only solution without having NMT doctors except Japan.  That is one of the reasons why I established NMT (No Moisturizing Treatment) Education Group.  

 

As I expected, a lot of healed members began to post their experiences in the group to help others.  However, since visual confirmation also is necessary always for sufferers, I established The NMT Healed Club (No Moisturizing Treatment) too.  Right after that, healed members started to post their Before and Afterpictures there one after another to help and encourage others.  Sufferers got to learn the process to do the comparison in need visually.

 

It’s not often but admins in our groups have heard that some members need to vent in the groups.  We understand their feelings very much but believe that our groups’ role is different from other TSW support groups.  Our groups should be the ones to provide solutions as much as possible from our experiences with NMT because many sufferers have been struggling without having any solutions for years.  At the same time, we know sufferers’ sad stories won’t help others at all and affects to others’ symptoms and to the person’s too.  Trying to use positive words will help you after all and it is the part of NMT.   So we ask your agreement to our policy when we get requests to join us.  We just want to help as many as possible effectively.  Hope sufferers understand our groups’ role (=to share NMT accurate info) and my intention (the reason why I established the groups).  Everybody should be able to get out of the agony asap to get effective solutions and no one should obstruct it, meaning, we need to think about others too in any situation.  I believe, fundamentally, support groups are supposed to be like that.

 

You also can be a Master of NMT and your efforts to learn NMT will help your children from TSW.  In other words, they will be helped by your accurate NMT knowledge.

 

Actually, tons of babies and little children are healed by Dr. Mitsuko Satou in Japan and many babies and children are coming with parents to be seen by her from all over Japan.  Healed children’s parents listened to her and just followed NMT protocol seriouslyI just can share this fact and you are the one who makes a decisionNone of us forces you and choice is always up to you but once you had a strong determination to accomplish NMT, try to learn it hard and commit.   Again, your accurate knowledge will help you.

 

     The Key Tips Of NMT For Babies And Children

     Healing Happens to Kids and Babies with NMT

    ***You need to learn and read all RECOMMENDED POSTS IN ENGLISH of this blog making your personal notebook and learn more in the groups.

 

The skin needs to dry before healing and at the dried stage, the appearance becomes bad and the subjective feeling of itch also becomes stronger.  So your child needs to repeatScratch and Dry over and over and it is uncontrollable for human beings.  Parents tend to misunderstand that their child got aggravated to see the condition, however, need to understand that the skin lesions are getting better, meaning, completely dried skin is the beginning of healing processParents need to endure this tough phase.  Just make sure that your child doesn’t have other sickness or infections and gaining weight normally with balanced meal getting his/her doctor’s advice.

 

I’m looking forward to seeing many other reports by caregivers who are trying to help other sufferers with their experiences on NMT Education Group.  At the same time, I’m waiting for many more posts withBefore and Afterpictures in The NMT Healed Club so a lot of caregivers can learn the process of NMT more and more. 

 

We can help each other.  Again, in any situation, we have to think about others who are in agony.  Healed people are the ones who can understand the condition very well and can help others.  Please do not finish your journey after healing.  You will get the power to change the world then.

 

Healing happens to your child too!  For your loved one’s wonderful future, hang in there for a while!

 

Hugs,
Tokuko

 

2019.11 北海道大学キャンパス内

 

 

 


脱ステ・脱保湿超お役立ち情報 - その20


 

大阪・阪南中央病院の皮膚科より、

佐藤健二先生と入院患者さんの学習会のアップデートがありましたよ♪

今回は、飲み水のこと、プールのこと、悪化のこと、etc….

またまたためになるお話しがいっぱい。

 

それでは皆さん、いつものように、行ってみよ~~~!

おしえて😍 佐藤センセイ~~~~~

 

 

     *******************

 

**佐藤健二先生のお話しより

 

薬を止めた時に大抵は悪くなるが、

中には悪くならない人がいる

それはなぜか?

皮膚科学会の一部の人は次のように言っていた。

「ステロイドを止めた時に良くなるということは、

その時使っていた薬に負け、かぶれが起こってしまった為である。

その為、ステロイドを止めた際は当然良くなる。」

 

ステロイドを止めた時にかぶれが起こっているかどうかを調べる為、

まだ私が名古屋の病院にいる際、24人の患者さんにパッチテストを行った。

 

結果、24人のうち、反応が出たのは4人。

その4人がそれぞれ1つずつ薬品に対して反応を示していた。

・アルメタ
・パスタロンソフト(尿素軟膏、保湿)
・ヒルドイド軟膏
・オイラックス

 

そのうち、脱ステ時に使用していた軟膏でかぶれが起こったのは2人

アルメタとパスタロンソフトを塗っていた人が陽性であった。

残りの2人は、過去に塗っていたことにより陽性となった。

 

ステロイドを止める時、離脱症状はあったのか?

かぶれが起こっていたとしたら止めたら良くなるはず

ステロイドを止める、あるいは保湿を止めた時に

悪化せずに良くなっていく人の中には、かぶれがあり、

酷い離脱症状はなく通過したという可能性はある。

 

ステロイドを止めて一旦は良くなった一人の人にパッチテストをしたら、

ステロイドを塗っていた時よりも酷い離脱症状が出てしまったという事例があった。

これ以降、悪化しない人へのパッチテストは止めた。

 

脱ステ時に使用していたものでパッチテストが陽性になったのは、

24人中2人しかいなかったことから、10人に1人(1割)は起こりうる。

 

今後、ステロイドやプロトピックを止める時に良くなった人がいたら、

最後まで使っていた薬品のどれかに対してかぶれが起こり

それを止めたことにより良くなっていたという可能性は大いにある

 

 

     *******************

 

 

入院患者さんから佐藤先生への質問

 

 

Q.  薬物でかぶれるのは薬物にアレルギー症状を起こしている?

A.  起こしている。
アレルギーには1型~4型まであってかぶれは4型で蕁麻疹は1型。
2型、3型は難しいので省略。
病院でのアレルギー検査は1型の蕁麻疹を検査している。
アトピーは4型に似ているが、厳密には私は一緒ではないと思っている。

 

Q.  かぶれとアトピーの症状の見分けはつくか?

A.  症状が似ているので見分けはつかない。

ただし湿布を貼ってその部分にだけ症状が出た場合は、

’かぶれ’ と判断できる。

薬を塗っていた境界が不明瞭な場合は判断は難しい。

 

Q.  アトピーがどういうアレルギーかという議論はあるか?

A.  ある。

ネズミの実験で1型から4型へと症状が移っていくという説がある。

ただし人間とネズミのアトピーは違う可能性があるので、

同じものを見ているかはわからない。

 

Q.  お風呂、シャワーの水について、軟水器や水素水は肌に良いのか?

実家では軟水器を使用しており、一人暮らしになってからは

水道水を使用していて水道水の方が症状が良かった気がするが、良い悪いはあるか?

A.  あまり無く、偶然だと思う。

一般的に水道水には塩素が入っている為

良くないと言われているが、

全然気にすることはない

それで悪化した人はまずいないと思う。

そして飲む場合にしても、

胃の方が水道水よりもずっと塩素が強い

また、水素水に関しても肌への効果は全く無いと言って良い。

 

Q.  塩素に関して、プールは肌に良くないのか?

A.  過敏な体質の人は多少悪化することもあるかもしれないが、

プールに入ったから悪くなるという人はあまり診ていない。

 

Q.  運動という意味ではプールは良いか?

A.  良いと思う。

 

Q.  温水プールはアトピーにとって良くないのか?

A.  水の温度が上昇すればするほど、

皮膚の脂は取られやすくなるし

痒みが起こりやすくなるので、

そういう意味では悪いと言える。

かと言って冬に冷たい水で泳ぐのは困難だから、

実際にやってみて悪くならなければその運動をすれば良い。

しかし水に入るということは保湿の問題にもなるので注意しなければいけない。

 

Q.  退院後のことが気になっている。ブログなどで再入院の話を聞くが、

湿疹の悪化や再入院をしない為のパターンや踏むべきステップみたいなものはあるか?

A.  基本的にはやらなければいけない事が出来なくなる事、

ってはいけない事をしてしまう事で症状が起こっている。

例えば、仕事をしてる人で通勤時間が長時間かかってしまう人や、

夜遅くまで働いている人達は必然的に悪化してしまう事もあるし、

水分の取りすぎや運動不足での悪化もある。

そういう点に関しては、ある人が、旭川であった

講演会(2019.11.3)でのまとめを書いてくれているので、

アトピックのFacebookで検索してそれを見て参考にすると良い。👇

 

       2019.11.08 『とまり木』より  

 

**佐藤先生の旭川講演会(2019.11.03)のレジュメより、上記の補足説明**

◆退院後悪化

退院後2週間後付近に悪化のピークが出現

さらに2週間で退院時程度にまで改善

発生流派不明で、場所移動だけでも起こる

悪化の程度は入院時の再悪化の半分以下

聴いていても、実際その時になると忘れて不安

直ぐ入院させてと連絡 → 拒否します

◆悪化時

不安の出現時、病状の経過が見れる余裕

 病気を受け入れる

 誰も治せない、自分で治すしかない

 現状を正確に見、評価する

  写真を撮って研究する

 病気改善の一般的経過を知る必要

仲間を作る、求める

◆精神的ストレス

入院しても完全にきれいになれるわけではい。

いったん良くなっても症状の出没があり、周囲の人は不安に思うと同時に

この治療が本当に正しいのかどうか疑問が出現し、意見の違いが出てくる。

意見の不一致は色々な問題を起こす。

 日常生活、医療費、収入

近親者での治療についての意思統一

脱ステ医が上手に治療する必要あり

 

**上記、一部レジュメより抜粋させて戴きました。**

だいたい意味はご理解戴けるかと思います。

皆さまも是非、Facebookの 脱ステ・脱保湿サポートグループ に入会なさって、

次のアトピック講演会などの情報をゲットしてご参加くださいね。

と~~~ってもためになる講演会ですよ。

                   

 

     *******************

 

 

さてさて、皆さん、いかがでしたか?

今回も、いくつも役に立つ知識が得られたのではないでしょうか。

皮膚科のお医者さんと、自分の症状以外で

じっくり話すことなんて滅多にありませんよね。

かといって、三度の飯よりが医学書を読むことが好き・・・なんて方は、

さらに滅多にいらっしゃらないでしょう(笑)。

 

長年皮膚炎をやっていても、

意外と皮膚の知識というものは得られていない気がします。

 

そんな時、是非、この脱ステ・超お役立ち情報を役に立ててもらえたらうれしいです。

 

ブログ内の検索バー(プロフィールの絵の上部にある🔎マーク)の中に

超お役立ち情報と文字をタイプしてみてください。

全てがずら~~~っと出てきて復習できますよぉ~  ♪

 

さらに賢くなって

一日も早くよくなってくださいね。

あ、でも、いくら賢くなっても、

毎日どよよ~~~~~~~んと暗くなってしまっていては

治癒は遅くなりますよ。(笑)ご存知ですね?

自分の前向きな意志も大事。

 

必ず、よくなりますよ。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 

 

 


脱ステ・超お役立ち情報 - その19


 

阪南中央病院皮膚科佐藤健二先生と入院患者さんの

『学習会・とまり木』のアップデートですよ!

このコーナーはと~~~~っても大事な情報がいっぱいで、

日ごろ皮膚科のお医者さんとじっくり話す機会なんてない患者さんたちにとって、

お役立ち情報満載なんです ♪

 

それではみなさん、いつものようにご一緒に・・・。

教えて! 佐藤センセイ~~~~~ ♪」

 

     *******************

 

 

アトピー性皮膚炎の好発部位と

脱ステ時の皮疹の経過や特徴の話

 

 

1.アトピー性皮膚炎の皮疹の好発部位

子供と大人の好発部位の違いについて

子供 (赤ちゃん)

胸の上の方に症状がはじめて出てくることが多い。

出っ張ったところ (手首から肘の間などの関節と関節の間) を

床やシーツなどに擦り付けて掻くので、そこに症状が出る。

 

大人

へこんでいるところ

肘窩膝窩などの関節(肘膝の内側)

(伸び縮みするため皮膚が不安定になり湿疹が起こりやすい)

 

 

2.脱ステ時の皮疹の経過や特徴

 

脱ステした時に、ステロイドを塗っていたところ

(いわゆる大人の好発部位) 以外のところにも症状が出るのは何故か

 

ステロイドは、ステロイド外用部位以外にも作用があるようなので起こる。

考えられることとしては、以下の2つ

 

赤ちゃんの時に赤ちゃんの好発部位にステロイドを塗っていた

(大人の好発部位とは異なる)

ステロイドを塗っていたことを皮膚は記憶しているため、

大人の好発部位のみに外用していても、ステロイドの影響があった。

 

② 全く塗っていなかったが、好発部位に塗っていたステロイドが

非好発部位にも影響していた

好発部位にステロイドを塗ることで非好発部位でステロイドを作る機能が落ちる

(いわば皮膚での副腎不全)ため、ステロイドをやめた途端に症状が出る。

 

 

3.元々のアトピーが原因の皮疹と

脱ステによる皮疹の区別の仕方

 

脱ステをしてから何年か経過し、肌が安定していたのにも関わらず、

その後に症状が出た場合

それは元々のアトピーなのか

ステロイドの影響を受けての症状なのかの区別の仕方について。

 

どこに症状が出てるかで判断する。そうすることで一応説明はつく。

 

全身 (ステロイドを塗っていたところ以外も) に症状

   → ステロイドの影響が大きいと思われる ( 皮膚での副腎不全が原因 )

 

大人の好発部位だけに症状

   ステロイドの影響ではなく元々のアトピーそのものの症状だと思われる

    ( ただし、ステロイドを塗っていたことによって

     症状が出やすくなっているということはあり得る )

 

ステロイドの影響で悪化したのか、元々のアトピーの症状が出て悪化したのかは、

その症状の形態で区別することはできない

全身あるいは非好発部位に症状が出ているのか、

好発部位だけに症状が出ているのかを見て判断することが大切。

 

 

     *******************

 

 

入院患者さんから佐藤先生への質問

 

Q.  ステロイドによるリバウンドが治った後の本来のアトピーに対しての治療は運動になるか?

A.  運動が中心。時々質問などで「タンパクをよく摂ってる」という方がいる。

浸出液やかさぶたがたくさん出ている人は

血液のタンパクが少なくなる低アルブミン血症になるので

タンパクをたくさん摂らなければならない。

少ししか滲出液やかさぶたが出ないという人はたくさん摂る必要はない。

 

Q.  湿疹が少しでタンパク質を過剰に摂ると

逆に体に良くないか?

A.  短期間ならそれほど問題ではないが、

血液中の尿素窒素が

高くなってしまうこともありえる。

タンパクを多くとってカロリーがオーバーすると

太る

***あ痛たたた・・・。(思わず胸を押さえる筆者)

 

Q.  脱ステのリバウンドが落ち着いたのにも関わらず、

後でステロイドによる悪化と思われる皮疹が続く原因は

皮膚でステロイドが作れないという状況になった時か?

A.  そう思う。

 

Q.  本来のアトピーが悪化するのはどういう条件の時か?

A.  汗をかいた時とか、精神的なストレスで悪化する時もある。

また、おそらく春と秋に皮膚が生まれ変わる。

アトピーの人はそういった、季節ごとの皮膚の生まれ変わりが

上手くできないため痒みが起こったりすると思う。

 

Q.  脱ステのリバウンドと本来のアトピー、

どちらに対しても気をつけるべきことは同じか?

A.  はい。ちなみにあなた (質問者) の場合、

ステロイドの内服を長期に渡ってしていたということで

全身の皮膚に影響しているため評価が難しくなる。

 

Q.  お酒はどの位の頻度と量が良いのか?

A.  前提として、アルコールを飲むと痒みが起こりやすくなる

また、アルコール40%のウイスキーとアルコール5%の缶チューハイとでは

ウイスキーほどのアルコールを缶チューハイで飲むとすると

8倍の水が必要になるので水分制限に引っかかる。

もう一つの問題が、アルコールを飲むのは大抵夜なので

夜の水分制限が守れないと言う最悪の状況で飲むことになる。

頻度については人それぞれで考える。

 

Q.  冬になってお鍋が多くなるが水分制限に引っかかってくるか?

A.  水分と塩分が多くなるのでもちろん制限した方が良い。

 

Q.  加湿器による空気の加湿については良いか?

A.  良い。

人にもよるが冬には40~50%の湿度にしておけばよい。

 

Q.  子どもを授かるとなった時、体質が変わったり、運動ができない時期がある場合に

気をつけることや、湿疹が出た時の対処法はありますか?

A.  基本的にどうしようもない。

妊娠をすると大抵の人は悪くなる

たまに変わらない人もいるし、

もっとたまに良くなる人もいる。

子どもを産んだ後、良くなる人もいるし、

ズルズルと引きずる人もいる。

どのような条件があって

その違いが起きるのかは分からない。

妊娠中の薬として、ポララミンなら大丈夫ではないかと言われているが

アトピーの痒みに対してはあまり効かない。

なので、一時的にお腹の中にいる子どものことを考えて、

ステロイドを塗らざるを得ないこともあり得る。

免疫抑制剤は絶対ダメ。

ステロイドの強さが1~5番まである内の

一番弱いステロイド以外のステロイドを体の広範囲に塗っていると

赤ちゃんの体重が少し軽くなるというデータがある。

妊娠を考えるのであれば、妊娠前に運動などをして

体を鍛えておくという状況にしないと仕方がない。

妊娠すると子どもの方に水が必要となってくるので

いつもより多めに水を飲まなければならない。

 

Q.  シャワーは頭を濡らさずに入っていますが、濡らしても良い目安はあるか?

A.  ジクジクした状態でなければ濡らして良い

ブラシを使って地肌をこするのではなく、

髪の毛をすくような感じで洗うと安全。

シャンプーを使いたければ、

石鹸分が体につかないように洗う。

 

Q.  頭皮が良くなったと思ってもゴシゴシ洗わない方が良いか?

A.  はい。悪化するので。

 

Q.  サウナやホットヨガは良くなればいいか?

A.  能動的な運動をして汗を流す方がいい。

汗が出にくい人は汗を出す訓練として有益な場合もある。

お年寄りのリハビリとして温かいお風呂に入るのは、運動している状態になる。

患者がそのレベルの体力であればサウナやホットヨガは少し意味がある。

 

Q.  オイルなどが含まれていて保湿作用の高い繊維の服は着ても良いか?

A.  状態が悪い時の保湿は治りが遅くなるが、

状態が良くなり皮膚が乾燥している状態だと、

服を着て保湿する事で、痒みが治まることがある。

しかし、保湿レベルを上げすぎると、急に悪化することがある。

しかし一般的に、普通の繊維で十分

 

Q.  化粧がしたい場合、化粧水でも保湿になるか?

A.  化粧水だけでも保湿になり、

悪化することはある。

しかし、化粧をしてもなんともない人もいるため

一概には言えない。

個人差があるため自分が化粧してみて試すしかない。

何日か間を空けてする (1ヶ月はあける) ことで肌に負担をかけないこともありうる。

 

  *** 👇是非こちらもご覧ください。👇(筆者より)

  女優ではありませんが・・・。

 

Q.  運動について、ある程度体力がついてきた場合に、

時間を伸ばすべきか強度を上げるべきか。

A.  時間を長くすること、強度を上げること、どちらも重要。

時間を伸ばすことで脚の持続力を鍛えることができ、

強度を上げることで心臓や肺を鍛えることができる。

今の自分に何が足りないかを考える。

 

Q.  お湯に浸かるのは保湿になるか?

A.  保湿になる。

お湯に浸かることで皮膚の表面の脂が落ちることが問題となるため、

お湯に長く浸かることは推奨できない。

 

Q.  小さい時に蕁麻疹になったが、今、搔いて膨れるようになったものは

蕁麻疹と関係があるのか?蕁麻疹はアトピーじゃないんですか?

A.  蕁麻疹はアトピーと全然関係ない。

蕁麻疹は抹消の血管がなにかの理由で穴が空いて、

血液の中にあった液体成分が急に周りに出て膨れる。

でも直ぐに出たものが吸収されて消える。

それが起こる理由は基本的には I 型のアレルギー。

アトピーは湿疹でⅣ型の方に似たものなので全然違う。

掻いて膨れるのは物理刺激の蕁麻疹と言って、

肥満細胞が、押さえるなどの物理的な刺激に対して急激に反応し、

ヒスタミンが出るので起こる。

私もパチッと叩いたらそこに蕁麻疹ができます。

 

Q.  蕁麻疹はヒスタミンでおこるからポララミンとかいいんですか?

A.  蕁麻疹の方にはかなり効きます。

ただアトピーの痒みに関してはあまり効かない。

 

Q.  温泉は入っても良いか?

A.  キズがない場合に。

皮膚の脂が落ちてしまうことが問題となる。

脂が落ちすぎなきように

バランスをうまく取ることができれば

お湯に浸かることはリラックス効果などもあるため、

全くダメということではない。

要するに、入ってみて悪化しなければ良いため、自分で試してみればよい。

 

             2019年10月18日 とまり木

 

     *******************

 

さて、いかがでしたか?

また、私達、ひとつ賢くなりましたね ♪

そして、また一歩、治癒に近づいたようです。

ありがたいですね。

 

今日も是非、鏡を見て自分に話しかけてみてください。

 

よくなってる!」☺

 

・・・よくなってなくたっていいんです。

言い切ってください。

言い切ることが大事なんです。

そんな姿勢が、必ず、あなたの心と体に届きますよ。

 

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

北海道大学キャンパス内イチョウ並木 (2019.11)

 

 

 


『アトピック・旭川講演会』も大成功でした!


 

北海道旭川にてのアトピック・講演会を終えて、昨夜遅く、東京の自宅に帰って参りました~♪

 

旭川のアトピーの会のたくさんの方々のご支援とご尽力で、

会場は前半(乳幼児患者編)も、後半(成人患者編)も、

たくさんのお客様で溢れて大盛況でした。

佐藤健二先生の講演(乳幼児の部)

 

佐藤美津子先生の講演(乳幼児の部)

 

藤澤重樹先生の講演(乳幼児の部)

 

佐藤健二先生の講演(成人患者の部)

 

そして、今回も私は、たくさんの素敵な方々との出会いに感動の連続。

ステロイドの怖さと、その副作用から救い出してくれる脱保湿治療を広めていると、

同じ方向に向かっている仲間たちとたくさん出会います。

 

なにげに歩いていると、バラエティーに富んだ方々に出会いますし、

時としてつまづくこともあります。

予想外のでこぼこ道を体験することもありがちです。

しかし、例えば、一旦 ”大雪山”(だいせつざん・北海道)に登ろうとして歩み始めると、

”大雪山”に登ろうとしている仲間としか出会いません。

散歩していて気付いたら ”大雪山” に登っていた(?)・・・

なんていう方とは滅多なことでは出会いません。(笑)

本当に素晴らしい出会いの連続を体験させてもらっています。

 

ボランティアで集まって手伝ってくださる方々は、

もう、出会ったその瞬間から素敵な仲間です。

キラキラ輝いたそんなみなさんが、

ただただご自分の経験から、

次の方々を助けようと動いている姿・・・

まぶしいような思いで見つめてしまいます。

 

今回も、アトピックの講演会では

脱保湿のスーパードクターたちがとても役に立つお話をしてくださいました。

佐藤健二先生 ( 阪南中央病院・皮膚科 )大阪

佐藤美津子先生 ( 佐藤小児科 )大阪

藤澤重樹先生 ( 藤澤皮膚科 )東京

 

旭川在住の、お子さんがアトピー患者だったお母さんの素敵な体験談もありました。

今回は、水口聡子先生 ( 上尾二ツ宮クリニック )埼玉 

が事情で参加できませんでしたので、

あまりに僭越ながらも、私がそのピンチヒッターとして、

”水口先生の枠”と(素人の登場にがっかりされた方も多かったかと・・・。)🤣

そして、”患者体験談の枠”とで2回も登壇させていただきました。

(二つも私のスピーチを聴かされたご来場の皆さんは、災難だったかもしれませんね。)(笑)

 

それでも、脱ステ脱保湿の先生たち北海道にいらっしゃらないせいか、

認知度が他県に比べて低いのを肌で感じましたので、

少しでも情報提供する機会を与えてもらったことはうれしい限りです。

(**脱保湿治療は1994年に佐藤健二先生によって提唱された、日本発祥の

ステロイドの副作用に素晴らしい効果を発揮する治療です。)

 

また、片道3時間、4時間とかけて

わざわざ旭川まで会いに来て下さった

ブログの読者さんたちとも直接お話し出来、

みなさん、とてもきれいなお肌になっていらっしゃるので、

(本当にがんばって乗り越えられたんだな~・・・。)

と、それぞれの方の

努力と忍耐と前向きな姿勢に感動しました。

私も、ほんの少しでも貢献出来ていたなら、これ以上うれしいことはありません。

さらに、さらにキレイなお肌になっていくので、

またお会いしたいと心から思いました

 

今回、前半の私のスピーチでは、

世界に広まった私のブログの読者さんの分布図をお見せして、

世界全体にステロイドの副作用に苦しみ、

日本の脱保湿治療を自力で学んでいらっしゃる方々が

これほどいらっしゃる・・・という事実をお見せしました。

『元気が出る徳子の部屋』の読者分布図。アフリカのいくつかの国々、中東の紛争地域、人のほとんど住んでいないグリーンランド以外、全てに読者さんがいて、脱保湿を勉強されています。

 

 

また、脱保湿の情報をシェアし合う日本のグループ

脱ステ脱保湿サポートグループ』👇 ご紹介の他に・・・・

脱ステ・脱保湿サポートグループ(☜ クリックしてね。)

(**入会希望の方は3つの質問に答えてくださいね。)

 

 

英語版の脱保湿を学習するグループ、NMT Education Group』👇 と・・・・

NMT Education Group (☜ クリックしてね。)

(**こちらも入会希望の方は3つの質問に 

1. Tokuko’s blog 2. Yes 3. Yes 

と、お答えくだされば、グループの管理者をやってくれているサポーターが

世界のどこかから必ず承認させて戴きます。)

 

 

英語版の、脱保湿でよくなった方々の励まし合いの場

ビフォーアフターの発表の場、

そして、症状の比較学習の場、The NMT Healed Club』👇 

も紹介させて戴きました。

The NMT Healed Club (☜ クリックしてね。)

(**入会希望者は、3つの質問に、1.Yes 2.Yes 3.Yes 

と答えてくだされば、管理者が承認させていただきます。忘れずに答えてくださいね。)

 

Facebookをやっている方なら、どなたでも3つの質問に答えて下さるだけで入れますよ。

 

NMT Education Groupは、学習の場なので、英語が得意だととてもためになります。

The NMT Healed Club英語が苦手でも、

自力で脱保湿をがんばった世界中の方々の

ビフォーアフターの写真がいっぱいですから、

励みになりますし、自分の症状と比べて勉強にもなります。

 

3つの質問というのは、

「何でこのグループを知りましたか?」とか、

「写真を無断利用、ビジネス利用しないことに同意しますか?」

「愚痴や自分の症状の質問ではなく、脱保湿の知識をシェアして

励まし合うグループですが、いいですか?」

などの、日本の方なら普通に気配りしてくださる内容なので、

上記のようにお手本通りの答えで十分です。

 

スピーチではこれらのグループの紹介の次に、

私のブログを繰り返し読んで学習し、脱保湿を試み、

劇的によくなっている世界の仲間たちビフォーアフターの写真を公開しました。

講演会限定で使わせてもらったので、こちらでは掲載しませんが、

見たら誰もが脱保湿をやってみたくなるような、

短期間での劇的な治癒の写真群です。

 

写真提供者の中には、世界一大きな非ステロイドグループ(アメリカ)の依頼により、

ウェビナー(ウェブ上のセミナー)に出演してくれた方もいます。

佐藤先生と私の方にも出演依頼があったのですが、諸般の事情により参加できず、

アメリカのその男性が、私のブログから脱保湿を徹底的にマスターして、

4か月で劇的によくなった経験から

見事に一時間の番組の中で脱保湿治療を説明をしてくれました。

 

さらにイギリスの男性は、結婚式の直前に3か月の脱保湿で劇的に改善し、

ハンサムな素顔で無事に式を挙げられました。

劇的な改善が注目され、イギリスの新聞社から間もなく取材を受ける予定です。

これを機会に脱保湿をイギリスでも広めて行きたいと言ってくれています。

 

カナダの85歳の男性は、昨年奥様と共に脱保湿を徹底的に勉強されて実践し、

全身症状からメンタル面でも苦しまれていたところ、

4か月で完治されました。幸せな結婚60周年の写真を送ってくださいました。

 

(写真提供の皆さんは、口を揃えて ”脱保湿治療への貢献になるなら、

写真を使ってもらうことを誇りに思う。” と言って

使わせてくださいました。) 

 

ただし・・・・

短期間でよくなる、と言っても、その間は決して楽な治療ではありません。

本気で勉強し、

覚悟を持って(医療のサポートを得ながら)やる、

という条件付きです。

覚悟が足りないと、苦しさから途中でやめてしまいます。

会場では、その件で個人的に質問も受けましたが、

”揺るぎない決断” がなによりの必須条件です。

 

後半の患者体験談では、再度登場した私が、(またかい!と、世間のツッコミ?)🤣

このブログでも公開しているような治癒への経過と、

阪南中央病院での入院生活を説明しました。

今回もイラストに挑戦です。👇

 

 

阪南中央病院では、佐藤健二先生の著書を枕に、いや、枕元に😎、入院生活を送ります。

(枕にしても、頭には入りませんよー。)

● 起床は早め。うるおい成分や常在菌を洗い流さないために、誰も顔を洗いません。

● 朝食後は先生の回診時、質問などで疑問点を解消

● シーツ交換、ベッドの周りの掃除、洗濯、etc…とにかく体を動かします

● 時間があれば、速足で散歩、ジョギングなど。代謝を上げて新しい皮膚の生成を促します

● 昼食後はほとんど全員が運動の為に外出。

   早歩きジョギング、など、脈拍数が120まで上がる運動。思い思いにストレスのない生活を送ります。

● そして夜は、9時半には気絶するように寝入る・・・。

   夜の10時から2時は、成長ホルモンが出て、皮膚の生成を促す助けになります。

   この時間帯は絶対に熟睡なのです。これが出来るかどうかで大きな違いが出てきます

 

そして、このブログでも紹介している脱保湿治療の全体を説明させて戴きました。

読者さんなら、みなさんもうご存知ですよね。

 

そして今回は、二つのギブアップしそうなポイントをお伝えしてきました。

皮膚は、治癒の前には完全に乾燥するのですが、

その乾燥過程の見た目が・・・素人には悪化に見えるのです。

残念ながら、かなり醜い皮膚に見えがちです。

また、乾燥段階の皮膚は壮絶な痒みがあり、何度も掻き壊してしまいます

しかし、掻いては乾かし、掻いては乾かし・・・・

それを繰り返して乗り越えた先に治癒があるのです。

 

覚悟がなければ途中で不安になって

治癒の直前にやめてしまう

 

この段階で諦めるかどうかで道がわかれることを覚えておいていただきたいのです。

脱保湿を成功に終わらせるかどうか・・・この部分は非常に重要なポイントです。

 

さてさて、講演会の私のスピーチの一部をこちらでお話してみました。

時間内で出来るだけ多くの情報を提供したい、と思うばかりに、

講演会では普段の私の2倍速くらいのスピードでしゃべっていますが、🤣

誰よりも患者さんの辛さがわかるつもりですから、

ただただ、皆さんの助けになれれば・・・という思いでいっぱいなのです。

 

『アトピック』という団体では、こうした講演会を日本全国各地で行い、

スーパードクターたちが出向いてお話をしてくださっています

そして、脱保湿の経験者たちが、自ら進んでボランティアで手伝ってくださっています。

あなたの街でも、こういった講演会を計画してみませんか?

 

会場など、手配の可能な方はいつでもコメント欄でお知らせくださいね。

私の方から先生たちにお聞きしてみます。

きっと、あのかっこいいスーパードクターたちが😎😎😎😎

スーパーマンのように、あなたを助けに、あなたの街に降り立ってくれますよ。

 

 

今日も素晴らしい一日を!

 

北海道庁(札幌市)