アーカイブ | 4月 2019

Healing Happens to Kids and Babies with NMT


*英語版ですが、脱保湿でよくなったお子さん達の ’経過写真’ のある日本のブログを紹介させて戴いています。

Today, let me introduce a blog written in Japanese for parents with AD (Atopic Dermatitis) children/babies or TSW (Topical Steroid Withdrawal) ones.

It has children’s improved/healed pictures with NMT(No Moisturizing Treatment) 💝.

The blog is from NMT super pediatrician, Dr. Mitsuko Satou‘s one of parents’ groups called ‘Kyoto Kirakira Boshi’. 💕

All of them are written in Japanese but once you opened it, you can tell what I’d like to say. 😌

 

Just see the pics

 

Imagine how parents were feeling/worrying until they see their babys’ healing.

Still, they kept being patient trusting this method and crossed the finish line successfully!!!😊

 

**************************************

 

The baby in the first report was using prescribed Topical Steroids first to be seen by a doctor.  And then stopped using them with our NMT super pediatrician, Dr. Mitsuko Satou.

(The explanation of the first report is under the post.)

Healed Children’s Report with NMT #2

体験記 No.2

*This report starts a pic with her 1 mo, 2 mo and 3 mo with TS.

*Then she stopped using TS and started NMT at 4 mo.

Started to be seen by Dr. Mitsuko Satou.  The symptom is not regarded as severe one.

*Then 5 mo.  Intense itch.  Not dried yet.  Started eating food for nutrition.

*6 mo.  Read Dr. Kenji Sato and Dr. Mitsuko Sato’s group’s posts and knew that healing would happen to let them scratch freely from a lot of experiencers’ comments.  Became to be not so concerned about her scratching.

*7 mo.  It started to dry sometimes.  Got cellulite (foot).  And then herpes (forehead)-Been prescribed antibiotic.

*8 mo.  Sleeps 3-4 hrs continuously. Skin started to improve.

*9 mo.  Not scratch so often. Eat well. Crusts are getting smaller.

*10 mo.  Scratchs only when she cried or is hungry.

*11 mo.  Not scratch so often but sometimes refrains to get red rush and get well again

* 1 yr.  Skin is getting clearer. Still repeating to get a little rush and get well.

*1 yr 1 mo.  Even if she scratched strongly, skin doesn’t get scars. It is getting stronger. In winter, a little dry skin. (dry season in Japan.)

*1 yr 2 mo. – 4 mo.  Cheeks are red but her condition is very good.

*1 yr 7 mo.  (Last pic)

 

 

See another pics of baby’s improvement below.  Then, 4 more reports are following.

Healed Children’s Report with NMT #4

体験記 No.4

 

Healed Children’s Report with NMT #6

体験記 No.6

 

Healed Children’s Report with NMT #5

体験記 No.5

 

Healed Children’s Report with NMT #1

体験記 No.1

 

Healed Children’s Report with NMT #3

体験記 No.3

 

*************************************

 

The choice which treatment you take is always up to you.  You don’t need to explain to others or me that you can’t do this or that to not initiate NMT.  No one needs such info…lol

If you think you can’t accomplish it, you don’t need to choose NMT.  I don’t force anyone.  You should take what you believe.

However, if you’d like to do NMT, please learn it ‘SERIOUSLY’☝️reading the information over and over because it requires accurate knowledge.  You need to know what you have to do or shouldn’t do.

At the same time, to accomplish NMT, you have to forget about their symptoms, meaning, raise children without seeing affected parts and give them your biggest smile looking into their eyes ☺️.   I’m not a doctor but still know the importance of the good indifference as an AD patient so I keep telling you the same thing with our super pediatrician, Dr. Mitsuko Satou.  Forget about it.  Ok?  It is the key for your kids’/baby’s healing.  Believe it or not, it is true. 

 

 

Since it is more difficult to do NMT thoroughly for kids and babies,  just do as much as possible but don’t mix other methods like applying moisturizers, adding bath additives, etc…

 

Per Dr. Kenji Sato’s book, only for kids and babies, doctors have to think about the exception to cope with their ‘strong pain’, especially in cases they got cracks in areas such as inside elbows or back of knees.  Sometimes these are cases to apply Vaseline or some other ointments (not Topical Steroids or Protopic) and a piece of gauze/bandages.  These areas are difficult to do NMT especially for kids due to pain so practice or remember the standard of this method in mind and do exception.  (The healing is faster without moisturizers but sometimes it is difficult for children.)

 

Also, as for splits in fingers, even adults get approval to fill a tiny bit of Vaseline or some ointments only ‘in‘ the cracks to diminish the strong pain.  Transmission system above the palms (=fingers) is different from others.  Again, to fill it only in the cracks on fingers is fine if you can’t stand the pain but don’t apply on entire area.  I didn’t do it since I prefer faster healing. (^_^)

 

 

Of course, doctor’s supervision and advice are needed always and crucial to get checkups or to prevent other/further illness.  For babies, especially increasing in body weight is so important for faster healing.  Having a well balanced diet is the key rule on NMT.  Enough protein is needed to generate new healthy skin.

 

Immediately go to the doctor if you think your child has infectionsDon’t ask non-medical professions to diagnose!  Doctors are responsible to offer proper diagnosis, not caregivers.

 

I know it is VERY difficult to find out non-steroidal doctors but it is similar all over the world including Japan.  As a caregiver, you need to learn how to address to medical professions to get appropriate (necessary) support only. 

 

Try to seek understanding doctors.  It doesn’t need to be dermatologists.  Pediatricians, physicians, etc….Your child/baby needs medical support. 

 

Call receptionists first to ask if they can assist patients without TS to avoid stressful confrontation.  There is no need to persuade steroidal doctors because it is almost impossible even in Japan too. 

 

Imagine this.  If you are asked to change your belief that you received from your hard work/learning, do you change your mind right away The answer is obvious…lol  Don’t waste your time.  Try to find out other solutions doing your best. 

(I sometimes receive messages regarding this.  However, please think….Even if you asked me, I can’t change your country’s rules….LOL!  Do what you can do now as much as possible.  Just do your best.) 

 

I also have many horrible experiences with steroidal doctors in Japan.  I just didn’t complain or give up my research until I finally found NMT….for years.

 

 

If you are interested in NMT, please join Facebook group NMT Education Group answering 3 questions.  To protect group members, we definitely need your answers with agreement.

👇 CLICK HERE 👇

NMT (No Moisturizing Treatment) Education Group

 

The group was established to disseminate NMT and to help out TSW sufferers from Atopic Dermatits/eczema all over the world not only to support anti-steroidal doctors but also educate all people and professionals about TSW

 

Due to limited staff, and the high volume of those in need of assistance, we are not providing personal support answering each individual’s questions.  However, you can learn a lot from the site to read admin’s comments and NMT doctors’ advice.

 

You also can see the chronological order of ‘before and after pictures’ in the other NMT official group, The NMT Healed Club.

👇 CLICK HERE 👇

The NMT Healed Club (Facebook)

(To get approval, please answer all 3 questions.  We need your agreement to protect group members.)

Again, learn it seriously.  Master the Do’s and Dont’s of NMT.  Read everything again and again making a notebook because NMT doctors are not there with you.  (That is why I shared the info to the world in English.)  Caregivers’ such effort works for the fastest healing.

 

 

Well, as you know, parents don’t want to show kids’ pictures on the internet but this time, I got approval to share the blog for TSW sufferers.  This means, they are thinking about you

You are not alone!

 

Please don’t complain about your situation even if NMT doctors are not there.  They also thinking about you.  That’s why you are reading this info here.  Focus on blessings!

 

After healing happened, hope you don’t stop this journey and can be brave like these children’s parents showing improved pics to help future children and to change the world.  (You can cover kids’ face, of course.)

 

 

Be positive.  Enjoy childcare. 💖💖💖

Healing happens to your baby/child too.

 

Have a GREAT day!

 

 

 

#Tokuko’s Room to Feel Uplifted      #tokukosroomtofeeluplifted


脱ステ・超お役立ち情報 ー その6


 

このブログでは、阪南中央病院(大阪)での

佐藤健二先生と入院患者さんの学習会・『とまり木』の内容を時々ご紹介しています。

脱ステ・脱保湿を試みている方々に、とても役に立つ情報ばかりです。

先日行われた以下の内容も、

(あ・・・・。)(*_*)

と思われる患者さんがいっぱいかと思います。(笑)

机上で研究されただけの理論ではなく

患者さんに支持されている治療法です。

しっかり読んで、マスターしてくださいね。

 

***************

 

かさぶたと掻く動作について

 

かさぶたがあると見た目が気になって掻いてしまうことが多いが、

これはよくないことである。

何故ならばかさぶた下の皮膚を保護する役目があり、

自然に取れていくものである。

だからそれを無理やりとってしまうと、

いつまでたっても下の皮膚がよくならずかさぶたがついたままになってしまう。

 

特にかさぶたが取れるタイミングは痒みが強いが、

(かさぶたが取れる時は脳から

「古いかさぶたを取れ」とサインを出しているため)

自然に掻いてしまうのはしょうがないとしても、

なるべく掻きぐせをなくすように意識することが大切。

 

またカミソリで髭や体毛を剃るのは、

皮膚を一緒に削り取っているのでやめたほうがいい

電気シェーバーもそれに該当するので、

入院期間中は剃るのではなく伸びた髭を切るようにしたほうが良い。

 

 

掻くことはアトピーの皮膚にとって、

良いか悪いか

 

皮膚はケラチンというタンパク質の他、40種類があり、

また1群と2群に別れている。

場所や状態によって変わるが、それらが結びついて皮膚を形成している。

炎症が起こっている皮膚は正常ではない結び方をしており(粘膜型)、

正常の皮膚なるにはこれが変わって行く必要がある。

推測ではあるが正常なタンパク質に変わって行くために、

ボリボリ掻くことで異常なタンパク質を排出してる可能性もあり、

掻くことでよくない表皮細胞を取っている可能性もある。

 

 

入院患者さんから佐藤先生への質問

 

Q. 退院後のシャワーや湯船はどうすれば良いか?

A. 体の油が出来るだけ取れないような浴び方を、

自身の状態を考えながら入れば良い。

海に入る時も同様。

 

Q. リバウンドで炎症が起こった時の水分制限はどうすれば良いか?

A. 炎症が出ている時は水分もよくとんで行くので、

口の渇きなどから入る量を調整していけば良い。

 

Q. 退院後の再入院率について

A. 約10%程度だが、どこかで悪くなっている人もいると思われる。

基本的には再入院してる人は治りが早い印象がある。

それは運動や水分制限に慣れているからか、

皮膚の再生スピードが速くなったのかはわからない。

 

Q. よくなっても保湿や化粧をしても良いか

A. 保湿をしたら悪化するパターンが多いので、やらないほうが良い。

 

Q. デュピルマブ(デュピクセント)について

A. 近隣の病院のデータだが、

体には効くが、顔には効かないことが多いらしい。

また治験では痒みはさっと引くが、効かない人もいるらしく

何割かはステロイドに代替えというデータがある。

また副作用として結膜炎が起こりやすい。

免疫機構を途中でブロックする代物なので、使用する怖さはある。

 

 

                                                     2019.04.05 『とまり木』より

 

******************

 

こうして情報を公開して頂いていること、本当にありがたいですね。

佐藤先生、書記をしてくださった方、入院中のみなさん、

本当にありがとうございます。

 

デピュルマブに関しては、私も世界の患者さんから色々噂を聞きますが、

赤みにあまり効かないと言っている方が多いようです。

「脱保湿をやってみたら、そっちの方が断然よかった。」

という声も何度かお聞きしました。

これは私個人が聞いただけの話しですので、判断材料にはしないでくださいね。

 

「顔のカサブタが醜くて辛い・・・・。」

そう言って剥がすのがやめられないで悩んでいる方々がいます。

あるいは、

「カサブタは剥がさずにいられない・・・・。」

という習癖の方々もいます。(笑)

でも、選ぶのは2つにひとつ。

 

早く治りたいのか。あるいは、習癖を変えないのか

 

答えは簡単ですね?( *´艸`)

みなさん。あと少しですよ。

明るく、楽しく、乗り越えてください。

 

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 

 

 


第2回・ブログ翻訳募集ですよ。


脱ステ・脱保湿をがんばっている読者の皆さん。

日々、切なく苦しい思いのこととお察しします。

 

私も、ステロイドの副作用による恐ろしい体験をしてから、

なんと、世界中に莫大な数の同じ症状で苦しむ方々が溢れていることを知りました。

どこの国も、ほとんど日本と同じ状態で、

ステロイドは、もう塗りたくないんです。」

と、患者が訴えても、なかなか受け入れてもらえず

 

全身ズル剥け火傷のようになったり

あり得ない量の粉だらけになったり

痒みと痛みで眠れない日々が続いたり

腫れや炎症で見るも無残な顔になったり

etc…

 

・・・・と、

たった一人で、自宅で色々な不快な症状と戦っている方々が溢れているのです。

世界中に・・・・です。

しかも、何年も、何年も。

そうなってでもステロイドを塗りたくないと患者が言うのは、

ただの好みの問題ではないのです。

 

患者が身を持って体験していることを訴えても、

なかなか医療の側で受け入れてもらえない

そして、これといった決定的な治療方法も見つかっていない・・・

 

世界はまだその段階なのです。

 

ところが、日本のスーパー・ドクター達が勧めている

脱保湿という治療をやってみたところ、

次々と劇的に楽になって行く方々が出てきたんです。

私も奇跡を見たひとりだと言うのは読者さんはご存知ですよね。

 

そこで、世界中の同じ思いに苦しむ患者さんの助けになりたくて、

ブログで入院中に経験した脱保湿の治療を

英語で発信したところ、

世界的な一大センセーションとなり、新しい流れが始まったのです。

来る日も来る日も、私の発信した記事が世界でシェアされ、

この治療はスゴイ!」と絶賛され、

最初の英語記事は、いつも

このブログの『今日の人気記事』のほとんどトップになっています。

 

他に情報がないだけに、

なんとかもっともっと知りたい・・・という海外の読者さんが、

翻訳機能でがんばって日本語記事も読んでいる・・・・

そんなことを知りつつ、

発信者の私のところには、毎日、毎日、世界中から

SOSやら問い合わせやら、莫大な数のメッセージが届いているので、

対応しきれていないのです。

 

もっと、もっと、発信しなければ・・・

と思いつつ、限界まで対応しているために時間が全く作れません。

 

そこで前回、

女優ではありませんが‥。』という記事の

翻訳募集をしたところ、

読者さんのHikari M. さんが素晴らしい訳を寄せて下さり、

本当に世界の多くの患者さんに喜ばれました。

 

翻訳はテクニックとセンスが必要なので、私も決して上手ではない方ですが、

私と違って得意な方はいっぱいいらっしゃると思います。

あなたの技で、世界の方々を助けてみませんか?

 

患者さんの助けになれればと、毎日毎日、色々な活動をしている私ですが、

正直、近頃はブログのアップをする時間もなかなか作れません

書きたいことは山ほどあるのですが。

 

そこで、私以外の方が出来る分野は、どなたかのお力を借りたいと思って、

色々なところで、

まだお会いしたこともないサポーターの方々に助けて戴いています。

 

***世界中の読者さんで、この動きを広めようと動いて下さっている方々が

続々と出てきてくれているんです。

私の寝ている時間にも、地球のどこかで、この治療を広めようと

一生懸命活動して下さっている方々がいらっしゃいます。

世界にある、脱ステのいくつものサポートグループで、

”毎日” この治療のことが話題になっているんですよ。***

 

日本の方には、翻訳で助けて戴けたらと思い、第二回の募集をさせて戴きます。

 

今回の課題は、

掻いてしまうお子さんについイライラしてしまう親御さんへ

です。

 

👇 クリックしてね 👇

 

掻いてしまうお子さんに、ついイライラしてしまう親御さんへ

 

後半の “悩み相談” の部分は長くなるので訳をしてくださらなくて結構です。

前半の本文だけをお願いできたらと思います。

 

訳は、直訳の方が助かります。

微妙なニュアンスや、くだらないジョークの部分は、私があとで書き加えさせて頂きますので、

そこはスキップして戴いてもかまいません。

お名前は実名でも、ペンネームでも、ご希望通りにさせて戴きます。

 

出来た方から、コメント欄にそのまま訳を貼り付けていただければと思います。

複数の場合は、一番原文に近い作品を採用させて戴きます。

お時間のある時に、挑戦して戴けたらうれしいです。

ご一緒に、世界中の同じ症状に苦しむ方々を助けて戴けたら幸いです。

 

なんのご褒美もない活動で恐縮ではありますが、

世界の方々から『感謝の気持ち』というエネルギーは確実に戴けます。

それ自体が、勲章になるのでは・・・と私は思っています。

 

是非、挑戦して戴ければと思います。よろしくお願いいたします。

 

今日も素晴らしい一日を!

 


アトピー性皮膚炎 講演会 in 神戸(4月28日・日曜日)


脱ステ・脱保湿に興味があるみなさん。

やり始めてみたけれど、今一つうまく進められなくて困っているみなさん。

神戸脱ステ・脱保湿』のスーパードクターたちが集まりますよ。

きっと、あなたに素敵な気付きを与えてくれます。

是非、お話を聞きにいらしてみてくださいね。

 

 

ごめんなさい、

私のスピーチを期待されている方々から、たくさんメッセージを戴いていますが、

今回はありませんので、ご了承ください。

重鎮っぽく見えても(?)私、レギュラーではないので。(笑)

私の無駄話は、ただの ’聴く修行’ (笑) になるだけですし、

そんなのより、も~~~~っと本格的ないいお話が聴けますよ。

本当に、あなたの助けになります。

是非、お時間に都合をつけて、いらしてくださいね。

たとえ遠方でも、

「来てよかった。」

そう思える素敵な講演会です。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

千代田区 千鳥ヶ淵 2019.04.06

 

 

 


脱ステ6年記念日に


 

早いもので、アトピー治療にウン十年使い続けてきた最強ステロイドを完全にやめてから、

4月1日でまる6年

新元号で日本が騒がしかった日は、私にとっても

ハッピー・アニバーサリ~~~~~♪でした。

 

今、一患者として言えること、

それは、

いや~~~~~、

ほんっとう~~~~~

ステロイド、やめてよかった・・・・。」

その一言に尽きます。

( ↑ いや~~~~、映画って、ほんっとう~~~~に、いいですね~~、

以上に心を込めて黙読してください。・・・古いか。)(笑)

 

薬なしでよくなる、なんていうアイディアは、私の脳のどこにもありませんでした。

病気薬で治す・・・

この、当たり前のように染み付いた公式が、

薬をやめるなんて

微塵も考えさせなかったんです。

昔から、なぜかお医者さんの書いた本が大好きな私は、

免疫系の本や、自然治癒の本もさんざん読んできていますが、

それでも、自分のアトピーに関してだけは、薬なし・・・ってのは、まさかの世界の話しで

想像すらしたことがなかったのです。

 

ところが、実際、ステロイドをやめてみたら

すこぶる調子がいいのです。

もちろん、脱ステは当初は地獄の苦痛の日々がありましたよ。

でも、脱保湿という治療で、本当に楽になれたんです。

人間には、自分を治すための

ものすごい力があるんだなぁ・・・・と、しみじみ実感しています。

 

もともとアトピーですし、(=ウルトラ乾燥肌=別名、きめが細かいお肌。うふっ。)

持って生まれた体質ですから、たまにほんの少し何かの影響でただれることもあります。

(***アトピーの完治の仕方は世界でもまだ発明されていません。

原因がフィラグリン遺伝子の異常という一つしか解明できてないんです。

大げさなアトピー・ビジネスの広告に騙されないでくださいね。)

でも、以前の私なら痛くなるとすぐに薬を塗っていたのに、今は放置

そうしたら、あらら、薬を塗るより早く治るようになってしまったんです。

 

ステロイドを使っていた頃は、しばらく塗らずに放っておくと、

見るも無残な大悪化をする・・・という繰り返しでした。

ところが、塗らずに、自然にほったらかしで乾燥させていると、

いつの間にか肌がもとに戻り、

そこの部分の皮膚が強くなっていき

あの恐ろしい大悪化が起こらなくなっているんです。

ステロイドをやめると、年々皮膚が強くなっていきますから、ちょっとただれて掻いても、

ステロイド使用時代のようにぐちゃぐちゃにならなくなったのです。

 

かつての私は、

うっす~~~~い皮膚血が出て肉が出るまで掻き壊し

痛みで患部を動かすことも出来ず、

ステロイドを塗って痛みをごまかし、

包帯でぐるぐる巻きにして血や浸出液をおさえて、

そして、皮膚にくっついた包帯をすごい形相になりながら(笑)剥がし、

また薬を塗って新しい包帯・・・・。

お~~~っと、キレイになった♪、と思ってしばらく放置しておくと、

また、目も当てられないような炎症が始まる。

そしてまたステロイドを塗って・・・・

と、この繰り返しがエンドレスという人生でした。

ちょっと近くに行くのにも、バッグにステロイドを入れ忘れていたら

家まで引き返しでした。

薬なしでは悲惨な状態になって日常生活が出来ませんでしたから。

 

いやはや、どれほど薬にお金も使ったでしょう。

まったくバカげていますが、

今、薬をやめて6年記念日を迎え、

一切の薬を使っていない私が確かに存在します。

薬を使っていた頃と比べても

絶好調としか言いようがありません。

普通の方が私を見て、

「この人、アトピー?」とは

誰も思わないと思います。

 

以前の私は、ステロイドで症状を抑えて生活出来ていた、とはいっても、

皮膚はなんとなく、健康な見た目ではありませんでした。

あっちこっちに包帯をしていたり、

ぱっと見(ただれてる・・・)ということもちょくちょくあって、

そんな時は誰の目にも明らかでしたから、

アトピーでね。」なんて説明不要でしたが、

今は、実はアトピーなんですよ。」

と、「実は・・・」をつけて告白しなければわからないくらいです。(笑)

本当に、楽になりました。

 

この6年で色々なことがありました。

ステロイドをやめた後、2年半の恐ろしい副作用の症状リバウンドを経験しましたが、

脱保湿治療をやってみたことで、劇的にその症状を脱し、

今は、世界中に、

薬なしでここまで楽になれる

薬がない方がこれほど楽

というのを教えてあげたくて、仲間たちと共に広めています。

 

毎日、毎日、世界中のステロイド副作用に苦しむ方々から、

莫大な数のメッセージやコメント、ご相談をいただきます。

アトピーとかステロイドとか騒いでいるのは日本だけ?と思われている方も多いですが、

これ、世界規模で苦しんでいる方がいるのですよ。

 

例えば、南アフリカにも、インドにも、ロシアにも、

中国にも、アメリカにも。

南半球の温かい島々にも、南米にも、

ヨーロッパにも・・・・

世界中から連絡が来ますし、

聞いたことのなかった国々の方々も、繰り返しアクセスしてくれています。

私が世界に発信した How to get over Topical Steroid Withdrawal asap!  という記事は、

発表から1年4カ月たった今も毎日、毎日、

世界のあちこちでシェアされています。

このブログの『今日の人気記事』のデータ上でも、ほとんどトップにいます。

読まれていない日は一日もありません。

それだけ患者さんが苦しんでいるのです。

 

また、世界でもまだどこにも

ステロイドのリバウンドに有効な治療が見つかっていませんが、

日本のスーパードクターたちだけが、脱保湿という効果的な治療法を見つけ出してくれたので、

「出来ることなら、日本で診てもらいたい!」という海外の患者さんたちが、

願いがかなわないながらも、自宅で必死に症状と戦いながら、

私のブログを参考に、自力で脱保湿治療をやり、

次々とステロイドのリバウンドから脱出されているのです。

 

世界も、動いてきました。

私の主催している海外向けのグループでは、ここのところ、

脱保湿でここまでよくなりました!」

というビフォー・アフターの写真をポストしてくれる患者さんが増えてきました。

そして、そんな方々が、さらに脱保湿を困っている方々に勧めようと、

世界のあちこちで動いてくれています。

この、小さな波が、世界を動かしていく、

そして、日本にも、薬を使わないという選択の自由の波がやってくると私は信じています。

その波は、ゆくゆくは未来の子供たちをも救ってくれるはずです

 

「もう誰も、あれほど恐ろしい副作用で苦しまなくていいんだよ。」

・・・そんな未来を見届けたいと思っています。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

*****************

 

4年目の記念日5年目の記念日もよかったら読んでみてくださいね。

 

こちらはとても人気のある記事です

  👇 クリックしてね 👇

脱ステ4年記念日に - ステロイドをやめて変わったこと

 

脱ステ5年記念日を迎えました~~~!