女優ではありませんが・・・。


 

皆様、うすうすお気付きかもしれませんが、

私は女優ではありません。(笑)

あ、ご存知でしたね。(/ω\)

 

女優ではありませんが、

スキンケアは何もしてないんですよ~ぉ?」

と、女優のように答えています。(笑)

(女優ではない、とか、時には、医者ではない、とか、いつも弁解ばかりしていますね、私。)(笑)

 

ステロイド外用剤を使用してきた人間が、

その使用を完全にやめ、

脱ステロイド脱保湿を続行し、

薬なしで生きて行くと決めたからには、

覚悟が必要です

 

大阪の阪南中央病院を退院する時には、

退院同期と共に、先生たちとのミーティングの場を設けて下さるのですが、

その場でも、女子たちは、

「化粧は、一生しないくらいのつもりでいて。」

というアドバイスを戴きました。

ダメとおっしゃっているのではなく、

生涯保湿をしないでいってみよう~~~~!」

・・・くらいの気持ちでいくのが安全だと言うことです。

脱ステロイドをした私たちは、

本当に、そのくらい、脱保湿を徹底し、

色々な外的要因に反応しやすくなっていることに注意を払い、

なんとか悪化を避けていかなければなりません。

もう、ここまで来たら、

実力で勝負・・・・の世界です。(笑)

つまり、持って生まれた素顔で勝負!です。

 

もちろん、結婚式だとか、色々な場で、

必要な時は1回くらいやってみたり、

少しずつ試してみるのは、本人次第でやってみて・・・

という希望の言葉も戴きましたし、

私もそれでいいと思っています。

最初はパーティなどの必要な時に、

直前に塗り、終わったらすぐ落とす。

そんな感じです。

 

非ステ治療の日本のリーダー・阪南中央病院(大阪)の佐藤健二先生の名著

(  非ステの方、必読ですよー。)

新版 患者に学んだ成人型アトピー治療

では、化粧をやってみた後は、

2~3日、赤くならないかどうかを観察する。

これでも何も起こらなければ、何か月か後に再度化粧に挑戦する。

これを繰り返して大丈夫かどうかを確認しながら

化粧回数を慎重に増やす。

決して初めから連日の化粧はしないようにする。」

という説明がされています。

これは経験者なら、うなずけますよね。

新しいのを塗ってみたら、翌日塗った部分だけ真っ赤・・・

身に覚えのある方、多数いらっしゃいますよね。(笑)

試しながら、少しずつ、ということです。

 

あるいは、自分だけお化粧も出来ない・・・

と、卑屈になったり、

他人と比べてしまったりするなら、

やっちゃってください。

いいんです。我慢し過ぎもよくありません。

心の在り方はお肌のコンディションに影響を与えますから。

 

ただし、外からの刺激でお肌が負けてしまった時も、

そこは潔く諦めてください。

数日、スカッと不細工顔でいましょう。(笑)

「ブスですけど、何か?」

と、笑いを取ってください。

チャレンジするなら、どこまでも自己責任です。

覚悟が足りないから、泣きたくなるのです

 

ワセリンが合わない人は、ワセリンの入っている化粧品で

赤くなったりするのはあり得ます。

赤くなった顔に落ち込むのではなく、

自分にワセリンが合わないと言うことが

人体実験によりわかった!」

と、喜んでください。

次はそれを使わなければいいのです

そして、数週間はちょっとただれたお肌と仲よくしていてください。

なにも塗らないでいたら、いずれ治まるでしょう。

 

そして、お肌が落ち着いたら、

懲りずに、次の化粧品にチャレンジしてください。

人それぞれ、体質が違いますから、

これはどこまでも各自の人体実験

やっていくしかないと私は思っています。

どの化粧品がいいのか、とか、

どういう塗り方をしたらいいのか、とか、

そこまでお医者さんに頼るのは、ある意味無理があると思います。

化粧間隔を徐々に短くしていって、問題なければいいのではないでしょうか。

連続の人体実験です。(笑)

 

私はベースメークは一切していません。

素肌です。

日焼け止めを塗るなんてとんでもないことなので、

つば広の帽子で外出、

あるいは透明のUVケアのサンバイザーを被って運転、など、

シミを意識。(女優並ですね。)(笑)

保湿は一切なしで、

うるおい成分が出てくるのを、毎日、毎日、楽しみにしています。

出てこい出てこい出てくるぞぉぉぉ~♪)

何年先だっていいんです。いずれ、出てきます。

そのくらい、大きく構えて待ってみてください。

望みがない病気ではなく、望みがあるのですから

ありがたいことです。

 

脱ステ後、私もいっときは、顔も皴まみれで、

70歳くらいと言っていいくらいの状態でしたが、

それがかなり消えてきたので、

まだまだイケるな・・・・。)

と、鏡の前で深くうなずいています。(笑)

・・・それは冗談としても、

皴が消えてきたこと自体、お肌が整ってきた証拠。

(誰ですか?年相応の皴じゃねぇのぉ?と思ってるのは?)(笑)

一旦、しわくちゃになっても、消えますよ、ホントに。

待つの。」

・・・・って、35億のお姉さんが言ってますが、

ホントに待つんです。しばしの辛抱です。

 

私は、間もなく脱ステまる5年になりますが、

最近、生まれて初めて

指の手のひら側にツヤが出てきたことに驚いています。

この調子で行くと、顔も・・・・・・!!!(笑)

美容に対する期待は止まりません。

やっぱり、私は女優かもしれませんね。ははは。

 

度重なる人体実験により

ポイントメークはしています。

それで、結構~~~~、ごまかせている気がしています。(笑)

 

化粧品の成分は、どんな細かい字もチェックしていますよ。

ステロイド使用をやめた方は、

くれぐれも、甘草(=グリチルリチンリコリスアマクサアマキ

の入った化粧品はやめてくださいね。

(多くの食品や、入浴剤など、色々なものに入っています。)

脳が、またステロイドを使ったと勘違いしてしまうそうです

先日、このことを海外に発信した後の反響は世界中でもすごいものがありました。

 

「確かに、いつも、甘草をやめた後に、明らかに悪化していた!」

「そういえば、悪化の前にいつも甘草を使っていたことが判明した!」

リコリス(甘草)ティーを飲んでいると調子がよくて、やめるとたちまち悪化していた!」

「漢方医で甘草を出されて飲んでいるといいが、飲まないとひどくなる。」

「処方された保湿剤にグリチルリチンが入っていた!ステロイドをやめたのに!」

 

などなど、驚くほど、納得する声を聞きました。

 

で、私は、

アイメーク口紅だけしています。

ポイントとしては、はっきりした色を使うと、

ベースを塗っていないのがごまかせます♪

ベースがナチュラルなんですから、ポイントメークくらいはバシッといきましょう!

落とす時もクレンジングなど使いません

ぬるま湯でサラッと流すだけ。

微妙に泡立てた固形石鹸を、さっと

ポイントメークの部分だけに載せる程度のことをすることはありますが、

優しく洗い流したら、

タオルで水分を押さえて終わりです。

多少、色が残っていても、

擦るよりは、(ま、いいか。)で、そのまま気にしません。

自分に合っている化粧品だと、それでも問題が起きたことはありません。

これはあくまでも私流ですが。

 

まつエク(まつ毛のエクステンション)は、

皮膚に触れなくても、糊で負けちゃう方々が続出しているそうなので、

私はちょっと二の足を踏んでいます。

(いいのがあったら教えてください~。)

しかし!やはり、持って生まれた目力で勝負ですよー!

目力で勝負出来ないと思ったら、

おもむろにマイ・女優ライトでも取り出すそぶりをして、

笑いを取りながら対抗(?)してください。

明るく、中身を輝かせることが、一番素敵なことですから。

 

明日も私は答えます。

スキンケアは何もしてないんですよ~ぉ?」

答えた後には、首をさっと横に振って、髪でもなびかせます。

女優と見間違われるかもしれませんがね。(笑)

 

みなさんも、必ず、よくなりますよ。

だって、ステロイドをやめたんですもの。

賢い選択をしたんですから。

 

あとちょっとの辛抱ですよ。

もっともっと、キレイになってくださいね!

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 

  👇 英語バージョンはこちら 👇
外国人のお友達にシェアしてあげてくださいね。

Like an Actress…

 

 


女優ではありませんが・・・。」への8件のフィードバック

  1. 男である私にはできないご説明です。女心をよくご存じの方の説明は納得しやすいですし、読む者に安心を与えてくださいます。私のいいたことがすべて出ています。ありがとうございます。

    • 佐藤先生
      読んで下さり、また、素敵なコメントをありがとうございます!
      たいしたことは書いていませんが、本当にたくさんの方にこの質問を受けていますので、私の思いを綴ってみました。

      化粧のことは、女子にとってはとても大事なことですが、先生に話していただいた説明は、どれもとても納得のいく、患者への愛に溢れた素晴らしいものでした。そのお気持ちが私たちに通じるからこそ、皆が先生についていき、心からサポートしたいと思えるのだと思います。
      先生のこういったコメントも、皆さんが読んでくださっているようで、喜んで安心してくれています。感謝の気持ちでいっぱいです。

      今年はもっとさらに、ステロイドの事実を広めて行きたいと思っています。
      たまたま今月は1度はアメリカ人に、1度は日本人に、少人数ですが、ステロイドの恐ろしさについて少し話す機会をいただけました。副作用の恐ろしさを知らなかった方たちばかりで、とても皆さん驚かれて、食いついて聞いてくださいました。まず実態を多くの方々に知って戴かなければ・・・という思いを抱いています。患者の出番です。(^_^)b

      これからもよろしくお願い致します。

  2. こんにちわ
    色々探しているうちに徳子さんのところに着きました。いま24さいの息子が脱ステ脱プロをしています。日毎に変わる症状、暗〜くなって行く息子を見ていると、しっかりせねば!と思うんですが、母である私も沈みがちになってしまいます。いまは脱ステ脱プロを始めて半年目です。乾燥の時期です。春から社会人になるのに不安と心配しかありません。でも、やると決めたからにはココロ折れそうになっても頑張らないといけないですね。
    徳子の部屋、また来ます!

    • ひょこた様
      読んで下さってありがとうございます!
      息子さんの悪化は、お母さんの方も本当に切ないですね。それでも、起こってしまったことは、乗り越えないわけにはいかないところが苦しいところです。よくなる為には、どうしたって通らなければいけない道・・・若い息子さんには受け止めがたいほどの苦痛でしょう。心よりお見舞い申し上げます。

      ただ、今は切ないですが、一秒ごとに一歩一歩、よくなる方向に向かっていることに思いを馳せ、なんとか希望を持ってみてください。時計の秒針はよくなる未来へのマーチです。カチカチカチカチ・・・(よくなる、よくなる、よくなる、よくなる・・・)心でつぶやいて乗り越えて戴きたいです。

      就職まであと2か月を切っていますので、思い切って脱保湿をやってみるのもいいかもしれません。当初は相当な苦痛なので、本人の覚悟と意思なしでは強く勧められませんが、やってみると何より早くよくなるのは間違いありません。
      徹底した脱保湿で、とにかく皮膚を乾かすこと、夜10時には熟睡していること、速く歩くなどの運動を1時間くらいを目安に出来る範囲ですること、入浴を控えること、等々で、2~3カ月でかなり改善している例をたくさん見ました。どこまでも感染など色々な危険な症状がないか、医療のサポートを受けながらですが。

      まだよくなっていないのに、就職の日も近付き、不安になっても当然ですが、就職する頃によくなるという保証もない一方、よくなっていないという保証もありませんから、杞憂になってしまうのは人生もったいない気がします。
      相当良くなって新社会人になっている息子さんの姿を強くイメージなさってください。その頼もしい姿を思い描いて、ご自分でご自分の機嫌をとって、無理矢理ワクワクしてみてくださいね。お母さんからまず、笑顔で明るさを振りまいてください。現在、息子さんの太陽になれるのはお母さんだと思います。
      誰よりもがんばっているのは息子さんですので、どうぞお母様はここで年の功を息子さんに見せてあげてくださいね。

      息子さんの辛さは私にも本当に伝わってくるような思いです。ただ、皮膚炎と言うのは、明日すぐよくなる病気ではありませんので、同じ状態で同じ時間を過ごすなら、心だけでも明るく過ごした方が得だと思います。
      息子さんには、好きなことだけをたくさん考えて、なんとか無理矢理気持ちを上げるようにしてみると、それに合わせてよくなる速度も上がるという経験を味わって戴きたいです。心は体に、特に皮膚などには如実に影響を与えますので。

      必ず楽になるから、もう少しの辛抱ですよ、とお伝えください。よくなるイメージトレーニングもやってみてくださいね。
      陰ながら、心より応援しております。

  3. こんにちは。何度もすいません。
    最近は落屑もほとんどなく、
    ただ乾燥と痒みだけで荒れがほとんどなくなりました。
    徳子さんの記事を見て脱保湿したのが、ほんとによかったです!ありがとうございます。

    そこでまた質問なのですが、髪の毛を染めたりなどはしていましたか?
    私は上京した時(脱ステ前)に金髪に近い色にしたのですが、今は田舎の地元に帰ってきていて、バイトするにあたって暗くしないと採用されない状況になってしまったため染めたいと思ってるのですがそれでただれたりなどが怖くています。
    何度も申し訳ないですが返信お待ちしてます

    • もも様
      調子がよくなって本当によかったですね。この後は、年を追うごとに皮膚が強くなって行くのを実感しますよ。あと少し、がんばってみてください。

      さてさて、ヘアダイですが、私はずっと皮膚が弱かったので使わないで来ましたが、たいていの方がまけてしまうのはジアミン系だと思います。
      ジアミン不使用というのをネットで調べると(オシャレ染めでなく、白髪染めのみですが)出てきます。その中からももさんのお肌に合うものを探してみるのはいかがでしょう?今回は染めるしかない状況のようですから、それこそ人体実験しかないでしょうね。(^_^;)
      私も一度金髪にしてみたいです(笑)。いつか私でも使えるのが出てきたら、チャレンジしたいものです。
      お大事に。
      そして、採用されますように!(^o^)/ Good luck!

      • 返信ありがとうございます!
        やはり、ジアミン系なんですね。
        怖いですが一度いつもの美容室で染めて見たいと思います
        今はプリン状態なので地肌になるべくつかないようにしてもらっての、人体実験してみます。
        荒れたらまた治るまで頑張ります!

  4. I am not a actress but…

    I am sure many of you know by now that I am no actress but..

    when people ask me ‘what do you for your skin care?’
    I answer as if I am one by saying ‘I do nothing special for my skincare’ 🙂

    When you stop using topical steroids creams completely, and your topical steroid withdrawl and moisturizer withdrawl begins, you must have a strong determination to continue. You must have the strong will that you will live your life without being dependent on medicine.

    When patients are released from the Hannan Chuo Hospital, all the patients have a meeting with the doctors and nurses there, and the women are told ‘try to withhold wearing makeup as long as you can (Or forever)’.

    For those who are going through TSW, it is important to commit to moisture withdrawl, take care of our extra sensitivity to environmental factors, and avoid flare ups as much as possible.

    So for the ladies…as much as possible, please do not wear any make up. It’s time to fall in love with the face that you were born with, and show it to the world!

    Of course if you have a huge event coming up, such as your wedding, and etc. you may want to try some products, and I believe that is fine. For those events, you can wear as little as possible, and when finished make sure to take off the make up immediately and completely.

    Dr.Kenji Sato is the japan’s leader in non-steroidal treatment at Hannan Chuo Hospital, and he has a book out called the ‘New Edition what I have learned about adult eczema from patients’. In this book he has a passage describing about testing cosmetics after moisture and steroid withdrawl:

    ‘For 2-3 days, observe if your skin becomes red or not. If nothing happens, you can try putting on make up again few months later. Continue doing this, and see how your skin changes or not. If your skin seems to be okay, you may wear more makeup regularly, but do this slowly. Make sure that you do not wear make up consecutively, especially in the beginning.’

    I am sure many of you can relate to this passage above. The key is to try little at a time, and space out the time to really see how your skin is doing.

    However, if not putting on make up is a real burden to you, please feel free to wear make up. Stressing out about not being able to wear make up is not good for you either. How you are feeling can affect your skins condition.

    If your skin cannot tolerate the new make up or products, please give up and stay make up free for a while. It is important to take responsibility – if you want to challenge yourself, feel free to do so, but there may be consequences.

    Some people have adverse reactions to Vaseline and vaseline products. It can make the skin irritated and red. If this happens to you, please don’t feel sad that your face or skin is red, rather feel happy, now that you know that Vaseline does not work for you! From then on, you can just stop using it. You may have irritated skin for a few weeks, but if you do not apply anything on your skin, it will eventually calm down and heal.

    And when your skin is back to its normal condition, you may experiment with another product. Everyone’s skin is different so trying products is like a experimenting project. You will only know what product works for you, how to apply the product, etc. only if you experiment with yourself!

    For myself, I do not wear any base make up. Sun screen is a huge NO for my skin, so I wear a big hat, or a UV Sunvisor when I drive, to protect my skin from sun spots and wrinkles. I apply no moisturizer at all, and await for my skin to be able to moisturize itself. It’s okay if it will take a couple of years, but some day my skin will be able to moisturize itself. TSW is a horrible condition, but I am grateful that it is a condition that has great hope of healing.

    When I stopped using the topical steroids, my face had many wrinkles and I looked like I was almost 70 years old. However with time my wrinkles have softened, and this itself is proof that my skin is healing. So even if you start looking really old and not like your self, have hope…and ‘wait’. Time is the best medicine.

    It has been 5 years since I stopped applying topical steroids, but for the first time in my life, my palms have become soft on its own. I believe that at this rate, my face will some day be like that too!

    After many trial and errors, I put make up on my eyebrows, eyes, and lips.

    For all of my cosmetics I check the ingredients list thoroughly. For those who have stopped applying topical steroid creams, please make sure to avoid :LICORICE ROOT (Glycyrrhizin, licorice, Amakusa, Amaki).
    Licorice root is in many foods, bathing products, and etc. Apparently when using these products our brains thinks that we are using steroids again!

    When I recently mentioned about the licorice root on my blog, it seemed to have surprised many people all over the world. I received comments as

    ‘No wonder when I stopped taking licorice root supplements, I would experience a flare!’

    ‘I used to use licorice before each flare..!’

    ‘I noticed improvement when i would drink licorice root tea, but would notice my skin would worsen when I stop..’

    ‘The herbs that my TCM doctor gave me contained licorice root, and whenever I would stop drinking his herbs I would flare’

    ‘The cream that was prescribed to me had glycyrrhizin in it! Even though I stopped applying steroids!’
    I was surprised by the many voices that you all shared with me, and realized the potent effects of licorice root to us Topical steroid withdrawl warriors.

    When I put on make up, I only do my eyebrows, eye make up, and put on some lipstick. Although I do not use any foundation or base make up, by using vibrant colors, I noticed that it wakes my face up, and helps me look presentable. When taking off the make up, I do not use a cleanser, and only use luke warm water to rinse. Sometimes I lather up solid soap and put it only on my point make (eyes, brows, and lips), gently wash off, and dry by pressing a soft towel onto my skin, and that is all. Sometimes I notice residual make up, but since I want to avoid rubbing my skin, I let it be. I have not experienced any adverse reactions from this, and believe that it is because I have tested many products, and have found something that works for me.

    As for eyelash extensions, even though the extensions do not touch your skin, I have heard of people experience irritation from the glue, so I have not tried it myself. (please let me know if you know a good brand!) So..our natural beauty comes in to play! Having a light heart, and shining our light is the best beauty secret ever!

    I will continue to answer ‘I don’t do anything for my skincare!’

    All of you reading this blog will heal in time, too.
    You made the smart choice to stop steroids.
    It takes patience, but in time you will become more and more beautiful!

    Have a wonderful day today!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください