自分の応援団になりましょう


今まで、自分に優しくなかったもしれない。

・・・そこに気付く時がきているような気がします。   

 

自分は我慢して、

「わたしはいいから、あなたがどうぞ。」

そんな生き方をしてませんか?  

 

周りの目を気にして、

言いたいことも飲みこんで生きてきていませんか?  

 

人に嫌われたくなくて、

これ以上ナイスにしなくていいくらいのことがあっても、

いい人を演じてしまっていませんか?  

 

心が、体が、悲鳴をあげてしまいます。涙

自分に優しくしてあげましょう。  

 

それは、決して、悪いやつに怒鳴り返したり、

誰かを攻撃したり、

やりたい放題わがままにやれと言っているわけではないのです。  

 

自分をわかってあげる。

それが自分に優しくすると言う事。  

 

イヤなことにイヤだといえなかった自分に対して

「そうだよね、わかるよ。辛かったね。

でも、よく一人で耐えたね。」

と、言ってあげて、

自分の応援団になってあげてください。  

 

我慢してしまった自分に、

「ホントは~したかったのにね、強く主張できなかったね。

わかるよ。あんな状況じゃ、なかなか言い出せなかったよね。」と。  

 

我慢できなかった自分にも

「そりゃそうよ、あんなことされたら、我慢できないよ。

あれでよかったんだよ。」  

 

自分が思うように、

あるいは自分がしたいように行動をとれなかった自分に対して、

落ち込んだり、責めたりしなくていいんですよ。  

 

そうだよね、わかる偉かったね。」

と、同意してあげて、許してあげて、自分をほめてあげてください。  

 

あなたが、あなたの世界一の応援団になれたなら、

周囲の状況は変わってきます。  

 

あなた自身に優しくしなかった分、

他の人から優しくされません。  

 

あなた自身に厳しかった分、

他の人から厳しい状況をつきつけられます。  

 

自分を雑に扱った分、

他の人から雑に扱われます。  

 

つまり、自分なんです。

全て自分から始まっているんですよ。  

 

心がつぶれるような出来事を経験しないために、

そしてまた、病気などを引き寄せない為に

どうぞ 

自分を応援してあげてください。

 

   


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください