だれもいない公園


 

このブログの読者第一号であり、

私の大切な友人、のりちゃんの素晴らしい詩を紹介させてください。

 

のりちゃんは、脳性まひで生まれたため、一級の障害を持っています。

 

何をするのにも不自由があり、

何をするのにも少しだけ時間を要します。

生まれながらの骨格のせいで、常にひどい腰痛もあります。

障害をよく知らない人々が、ジロジロ見ることもあります。

健康で、病気を知らない私たちには、察しきれない思いをしながらの人生なのに・・・

それでも彼女は

とても澄んだ美しい目

いつも笑顔です

それはそれは、美しい、心の洗われるような笑顔です。

どんな時にも、周りへの気配りを忘れず、笑顔を向けてくれる、そんな女性がのりちゃんです。

 

頭のいい方なので、私が

(のりちゃんの、あの詩をいつか紹介したいな・・・。)と、ずっと思っていたことを話すと、

すぐに、「あれは小5の時に書いたから・・・。」と、思い出し、謙虚に照れながらも、

私の強い希望に答えて、探し出してくれました。

 

病気のない子なら、

周りのことなど何も考えずに走り回っていた年頃に、

10代だった彼女が、

こんな素晴らしい詩を書いていました。

 

     *************************

 

『だれもいない公園』

              永濱 典子

 

だれもいない公園

だれもいない公園は天国

だってだれもいないときは

私の自由なとき

なにをやっても

わらう人はいない

だれもいない公園では

私が女王さまかもしれない

 

  

 

     *************************

 

・・・のりちゃんと私の出会いは、私が大学生の時でした。

ひょんなことから、当時高校生だった彼女の家庭教師をさせていただき、

数 I と英語を中心に一緒に勉強したのがきっかけでした。

それまで、体に障害がある方々とは出会うチャンスもなかったので、

お役に立てるか心配でしたが、

勉強指導はさておき(笑)、その魅力的なお人柄で、

私はたちまちのりちゃんのファンになりました

 

のりちゃんは字を書くのも、話すのも、

どうしても少しだけ時間がかかります。

“ 0 ” ゼロ、とひとつ書くのにも、ひと筆ならぬ、ふた筆で、

がっちりと鉛筆を握って、渾身の力で一生懸命書きます。

思った言葉を口から出すのにも、どうしても少しだけ時間がかかるので、一生懸命に話してくれます。

時々聞き取れなくて、何度も聞き返すこともありますが、

「ん~?わかんなかった~。ごめんね~。」と言う私に、

ニコニコしながら、(そんなこと、ないよ。)と言わんばかりに、手を左右に振って気遣ってくれながら、

何度でも根気よく、振り絞って声を出し、わかるまで話してくれます。

 

不自由はあっても、数 I の問題をスラスラ解くような、頭脳明晰な女の子です。

時には頼りない家庭教師の私より先に問題を解いてしまうくらい(笑)、優秀です。

 

当初、何も知らなかった私が、「教科書のここ、見てみて。ここに書いてあるよ。」と言うと、

あっちを向いてしまう時があったのですが、

それも、彼女の持って生まれた持病による脳の反応とのこと。

本人が見ようとする意志に反して、首が動いてしまうと教えてくれました。

未熟な私は、初めて(そんなことがあるんだ・・・。)と知りました。

しかし、どんなに時間がかかっても、のりちゃんは、しっかり宿題もがんばっていました

 

のりちゃんは料理も上手で、今も時々、作品の写真をメールで送ってくれます。いつもおいしそうです。

とにかく、人より大変でも、

自分の身の回りのことは全て自分でやってしまう、器用で聡明な女の子です。

(ちなみに、彼女は年齢よりとっても若くて、女の子という方がふさわしいくらい、素敵な年の重ね方をしています。)

 

それでも、障害のある方々を知らない世間は、違う目で見てきます。

 

彼女の親友が言っていた言葉で、とても衝撃的な一言がありました。

私たちの事、みんな、バカだと思ってるんだよね。それがくやしい。(笑)

・・・・そう言って彼女たちは明るく笑っていましたが、

これには、察しきれない立場でありながら、

どれほどの壮絶な思いを抱いているのだろう・・・

と思うと、本当に切ない気持ちでいっぱいになりました。

心はごくごく普通の、恋にも憧れる、可愛らしい女の子たちなのですから。

 

実際、日曜日など、のりちゃんと可愛い妹さんと3人で、

一緒に映画を見に行ったり、食事をして楽しい時間を過ごしたりしましたが、

乗り物で、のりちゃんが話し始めると、わざわざ振り向いて顔をのぞくような乗客がいたり、

わざわざ探すような目線でこちらを見る人々がいたりで、

心の中で(ジロジロ見ないで・・・。)と、言いたくなることは何度もありました。

 

ある日、この詩を彼女の優しいお母様が見せてくれた時、

この短い文面に、どれだけの深い思いとメッセージが含まれているのか・・・と思うと、

私は心の中で号泣しました。

何一つ不自由なく生きている私が、たとえ彼女の為に泣いたって、たとえ何かを手伝ったって、

彼女の現状は変わりません

彼女自身も、がんばったって、何したって、何も変わりません

それでも、

笑顔で前を向いて歩いていく

生まれてきたというのは、そういうことなんだ・・・・。

(がんばってるんだね、のりちゃん。すごいね、のりちゃん。)

心の中で、私は彼女をほめました。

ほめるなんて、偉そうかもしれないけど、

ただただ、心でほめました。

・・・涙を見せずに立っているのがやっとでした。

 

障害という言葉は好きではありませんが、

彼女と出会って、“障害を持って生まれてくる” ということについて、

深く、深く、考えさせられました。

それまで、そういった方々と出会うこともなく、

健康を当たり前だと思って、のほほんと生きてきたわけですから。

 

私たちが病気をした時、

辛いことに出会ってしまった時、

それは、たいていの場合、いつか解決がつくものです

しかし、生涯解決のつかない、

どうにもコントロールのしようのない宿命を抱えて生まれてきたなら・・・・?

想像を絶する思いで日々を過ごし、自分と折り合いをつけながら、

それでも、今、持っている幸せを見つけながら生きて行く・・・

そんな人生を歩んでおいでの方々が実際にいらっしゃるのです。

 

私たちは、日ごろ、ありがたいことを見落とし

満ち足りていることに気付かず

感謝すべきことに囲まれていながら、

不平不満の種を見つけては、

愚痴、泣き言を言ってしまいがちです

 

しかし、

ちょっとばかり病気をしても

ちょっとばかりイヤなことがあっても、

(いやいや、のりちゃんのがんばりに比べたら、これくらい、楽勝でしょ。)

と、今の私には思えます。

 

どんな時でもニコニコしながら、

どんなイヤな思いをしても、ずっと笑顔で乗り越え続けているのりちゃんは、

私の人生の師匠です。

 

のりちゃんは、本当にたくさんのことを周りに教えてくれています。

存在だけでも、その明るい雰囲気で、周りを和やかにしてくれ、

いてくれるだけで、たくさんの人を励ましてくれる、

崇高な魂を持った女性です。

 

こんな素敵な女性がいるのだということを、

私は悩み多きたくさんの人々に伝えたいのです。

 

人生の途中では、暗闇から抜け出せないほどのことがちょくちょくあるものです。

そんな方々を、元気のある側が、ちょっとでも励ませたら・・・・

そんな思いで、始めたこのブログですが、

そのコンセプトと一致するという意味で、

いつか、のりちゃんのこの詩を、このブログから発表したいな・・・

と、ずっと思っていました。

なぜなら、のりちゃんの詩は、ことばの重みが違うからです。

パワーがあります。

この詩は、きっと、

たくさんの悩めるみなさんの励みになるのでは・・・そう信じて疑いません。

 

のりちゃん。

私などでは察しきれない思いをし続けてきているあなただけれど、

のりちゃんの存在は、わたしにとって、大きな支えです。

そして、人生の目標です

のりちゃんのように、強く、聡明に生きていけたら・・・・

これからも、周りを照らし素敵な女性であり続けるであろうのりちゃんに、

ひたすら感謝です。

なかなか面と向かって言えないけれど、

あなたの亡きお母様と同じ思いを込めて、

この場を借りて言わせてください。

のりちゃん。

生まれてきてくれて、ありがとう。

 

 

 

P.S.  この素敵な詩を気に入って下さった方、是非、このページの上または下にある

“いいね” ボタン(青い “LIKE ボタンです)を押して、

のりちゃんの素晴らしい作品に拍手を贈ってあげてくださいね。よろしくお願いします!

 

 


だれもいない公園」への4件のフィードバック

  1. ごめんなさい、間違えて4月22日の足りるを知るというところにコメントしてしまいました!のりちゃん、頑張れ、応援してます。

    • 典子さん、とてもうれしいコメント、ありがとうございました!
      典子さんと同じ名前で、典子さんと同じく素敵なのりちゃんも、私の尊敬するお友達です。ホントに輝いている女性なんですよ~。(^_^)b

      のりちゃんもこのブログをいつも見てくれているので、典子さんのあの素敵なコメントを、お手数ですが、コピペでまた是非、このページに投稿してやって戴けますか?のりちゃんの励みにもなり、喜んで見てくれると思います。
      本当に、本当に、ありがたいコメントに感謝です。
      よろしくお願いいたします!

  2. 率直に感動しました。のりちゃんは凄いと思います。脳性まひはメチャクチャ大変だと、察します。でもなんか、徳子さんの感性にも心打たれたし、やはり、類友というか、ピュアな人はピュアな人を呼ぶのですね。のりちゃん頑張れ!

    • 典子さん、ご丁寧にありがとうございました!本当にうれしいです。
      これからも時間を見つけて、このブログに遊びに来てくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください