ソウル 2! Seoul Report Vol. 2


 

ソウル・レポート第一弾  ソウル! Seoul Report Vol. 1 ( 👈 クリックしてね )では、

私が南大門市場の近くに泊まることが多いと話しましたが、

今日はその南大門市場ナンデムンシジャンのご案内から始めましょう。

 

市場は夜通し(朝まで)開いている店も、減ったとは言え、まだまだあります。

早朝は、もちろんたくさん開いています。観光に出かける前に、さかさかっと外で朝ごはん・・・というのも、

市場の近くなら簡単に出来ちゃいます。

ですから、ソウルでは、私はホテルの朝ごはんよりも、どこかその辺で何かを買って食べ歩いたりを楽しみます。

例えば、これ。

Steamed meat buns at Namdaemun Market near the South Gate in Seoul:  You’ll know the top meat buns in the world in Korea.

 

韓国で、肉まんマンドゥ)は外せません!

横浜中華街のだっておいしいけど、これはまた別物。

かつて、私は、パンナム(パンアメリカン航空)のフライトクルーたちから、

世界一おいしい肉まんは、ソウルの新世界デパートの地下食料品街の

カウンター式の肉まん・餃子屋さんだよ。」

と教えてもらい、食べてみたら絶品で、ソウルに行くたびに通っていました。

家に帰っても食べたくて、冷凍の持ち帰りも必ず購入するほど。

海外のフライト・クルーたちが口コミで広めているレストランは、どこも

ホント~~~~においしいんです。彼らの情報網は、耳を傾けるべきものがいっぱいですよ。)

しかし、超~~~~残念なことに、新世界デパートがアネックス(新館)を作った時に

そこはクローズしてしまい、

ショックで寝込みそうになった私は、代わりになるところを探していました。

(どなたか行方を知っている方は教えてください~~~~!私の傷を癒せる情報、プリーズ!)

 

そして、その新世界デパートのすぐそばの南大門市場には、昔からある

ピンクの箱の肉まん屋さんがあるのを知りました。

南大門市場から離れて泊っている方なら、一番近い駅は地下鉄・会賢(ヘヒョン)駅。

5番出口を出るともう南大門市場なので、そのまま入って行くと、

間もなく左手にピンクの箱の積み重なった肉まん屋さんを見つけられますよ。

辛いのと、辛くないのとの2種類があります。

辛い方も、私的にはさほど辛くなくておいしいです。

Steamed meat bun:  You can choose spicy ones or not spicy ones.  You can’t miss their pink boxes after you went out the #5 exit of Hoehyeon Station.  『カメゴル・イェンナル・ソンワンマンドゥ』・・・・って店名、長っ(笑)。覚えるより、ピンクの箱を目印にどうぞ!

 

出来立てが次々、次々出てきますから、アッツアツをそのまま歩きながらどうぞ!

ばら売りで一個からも売ってくれますよ。まあ、一個で済めばいいですけどね(笑)。ほほほ。

 

他には、ホットックという揚げパンも人気なんですよ。

甘いあんこ入りのと、炒めた野菜や肉などの入っている調理パン風のとがあります。

ちなみに、下の写真の屋台は、ホットックで一番有名な屋台。

先ほどのピンクの箱の肉まん屋さんの道をひたすらまっすぐ進み、

突き当たる大通り ‘南大門路’ にぶつかるところの左手の角に屋台を出しています。

見ていると、次々、次々売れて行きますし、いつも列が出来ているので、きっと見つけられますよ。

Very popular food stall in deep fried buns at Nandaemun Market:  You’ll see a line of people all the time.

 

他にも、南大門市場の中には、軽食通り食堂通りなどもありますし、

日本と同じように ‘うどん‘ なんかも、朝から食べられる食堂があります。

見た目、日本のうどんによく似ていますが、味は当然ちょっとだけスパイシー。

でも、なんともおいしいんですよ~。

油揚げっぽいのが乗ってるのもありますが、実はきつねうどんではなく、

魚のすり身を薄くして揚げたかまぼこだったりして、ちょっとした意外性のカルチャーショックも楽しめます。

(串刺しになって、単品でも売っています。見た目、油揚げの串刺しです。)

 

おなじみの、太巻きの海苔巻き =‘ キンパ ’ 専門店もあります。

巻いている具が韓国風だし、ごま油の味もするので、これもお試しを。

 

こんな風に 👇、行くところ、見る所、おいしそうな食べ物が並んでます。しかも、出来立てが次々。

さすが、一日平均30万人以上が訪れるという南大門市場です。

More than 300,000 people visit Nandaemun Market everyday.  You’ll see a lot of fresh cooked food, restaurants, etc….Irressistible!

 

朝ご飯には、‘おかゆ’ っていう手段もありますよ。

いろんな味があって、これまた当然のように、勝手におかずがついてきます。

ちなみに、奥の黒いお粥はゴマ味。他に、海鮮、キノコ、野菜など色々ございま~す。

Rice guruel restaurant

 

南大門市場は、常に活気にあふれていて、とにかく何でも売っている・・・という感じの市場です。

アクセサリーなんかもあるし、高麗人参専門店もあれば、韓国のり専門店もあり、

かばん屋さん、屋さん、ソックス屋さん、皮製品屋さん、布団屋さん、おもちゃ屋さん・・・・。

ファッションビルもあれば、豚足も並んでれば、お餅も売ってる。ホントに楽しい所です。

値段交渉も、しつこくならない程度に、楽しみながらやってみましょうね~。

Korean Ginseng store.  5 years old Ginseng is the most effective and expensive. 高麗人参の専門店はあちこちで見かけます。

Hands of pork    豚足も見かけますが、笑いブタ(首から上の燻製のような豚さんがかつては市場にいっぱい並んでいて、一様に空を見上げる表情が笑っているように見えるんです)は最近はたまに一個くらいぽつりと見かけるくらいに減りました。私的にはグロテスクで、最初の一年くらいは直視できない食品でした・・・。

 

韓国料理用の食器も、日本とは比較にならない安さで手に入ります。

  

 

ちなみに、ソウルには東大門というのも現存していて、

東大門市場トンデムン・シジャン)というのも大きくて楽しい所ですが、

そちらは夜から朝にかけてやっている、比較的、業者の為の市場です。

日中商売を終えた商人が、夜から朝の間に東大門市場の卸売りから買い付けをして、

また、翌朝から商売をする・・・そんな場所です。働き者の韓国らしい仕組みですね。

個人に売ってくれるところもたくさんありますが、私は時間の自由度とにぎやかさで、南大門市場に軍配を上げます。

Dongdaemun 東大門

 

そうそう、南大門近辺に話は戻りますが、先ほどの南大門路のところのホットック屋さんのところまで行ったのなら、

その南大門路(大通り)を渡っちゃうと(交通量が多いので、すぐそばの小さな地下街を通って渡るという方法もあります)、

そこからは北倉というエリア(つまり、南大門市場の北)で、

その北倉中央ギル2という通り沿いにも、レストランが並びます。

サムギョプサル(豚の焼肉)専門店もあったり・・・👇

You’ll see Korean pork BBQ restaurants too.

 

タコ料理専門店 👇も。タコの看板が目印。(同じく、北倉中央ギル2という通り沿い)

辛いタコ料理は昔からあったようですが、最近やっと日本人にも流行してきたようですね。

これが、辛いけど、おいしい♪

そして、アサリのあさっさりスープがよく合うんです!

There are octopus restanrants in Korea. It is very spicy but soooooo good!

 

辛いものに飽きたら、街角のおしゃれなカフェでは、👇こんなのでお口直ししながら、休憩もできます。

You can have good desserts after having spicy food.

 

いやはや・・・・南大門市場のすばらしさを伝えるレポートのはずが、

なんだか食べ物のレポートに脱線しつつありますね。いかん、いかん。いつもの癖が・・・・。

 

南大門市場から中心街の明洞ミョンドン)の街中へは、歩いて行くことが出来ます。

市場を通り抜け、老舗・新世界デパートシンセゲ・デパートと発音します)を過ぎると、

もうそこは明洞。(右手が新世界デパートの旧館)

The biggest downtown, Myeong-dong, in Seoul

Myeong-dong 明洞(ミョンドン)

Myeong-dong 明洞(ミョンドン)

 

下の写真の右手は新世界デパート旧館👇で、かつてはこの辺のランドマークでした。

しかし、ご覧ください。今や、ビルの谷間に埋もれて、遠くからは探し出すのが大変です。

今も変わらぬ南大門市場のおかげで、なんとか見つけ出せる状態。ソウル、どんどん進化しています。

The building on its right used to be a Landmark of Myeong-dong long time ago but it is hard to find it nowadays due to skyscrapers.

 

明洞(ミョンドン)はソウル一の繁華街ですが、日本で言うなら、新宿というより渋谷のイメージ。

おしゃれな若者でにぎわっています。

ソウルを地下鉄で移動しながら思うのは、日本の地下鉄と比べて、

非常にエスカレーターが少ないと言う事。

どこに行っても、階段、階段、階段。

若者が多い、というよりも、老人が行かないのかもしれない(笑)、とも思いました。

しかし、同時に、韓国の若者はみんなホントにスレンダーでスタイルがいいんです。

特に、膝がまっすぐで、(日本人のように飛び出してなくて)きれいな脚。

男性も女性も、細くて、すっと伸びた長い脚、という印象です。

このスタイルは、これほど階段が多い街だからなのでは・・・と、

ソウル好きの友人とも話していました。

ソウルに行く機会がありましたら、是非、若者の綺麗な脚に注目を!(笑)

 

一方、顔は、30年前とはすっかり印象が変わりました。

かつては、薄くて太い眉と、切れ長のやや瞼のくぼんだ目、そして、顔かたちはえらの張ったしっかりした顔・・・

というのが一般的な韓国人の印象でした。

しかし、近頃の若者は、見事にお目めパッチリ、薄かった眉もきりりと入り、

顔も顎の細い細面。美人が多い!と思えます。

この30年で、明らかに、若者の顔は変わっています。え?せ、整形?そ、それは、ししし、知りませんよぉ。(笑)

ただ、美容整形の技術が高い上に、日本より手軽らしく、某アジアのリッチになった大国からは、

団体で韓国に手術しに訪れているみなさんがいる・・・と、ガイドさんが近年話してました。

実際、ガイドさんの説明通り、Duty Freeなどに行くと、「血の滲んだ包帯を巻く大国からの旅行者」を何人も見かけました。

(ホントだったんだ・・・・。)と感心。

いえ、決して、韓国の方を整形美人だとは言ってませんよ。

いずれにせよ、日本も顎の細い子が増えていますから、骨格が変わってきているのは間違いないでしょうね。

ちなみに、この細い顎は、進化ではなく退化らしいですね。固いものを食べなくなりましたからねぇ、今どきは。

 

 

それでは、ここで気分を変えて、みなさんがちょっと遠いのであまり行かない観光地、

水原スウォン)のご紹介と参りましょう。

ソウル駅からですと、地下鉄1号線で所要1時間くらいです。

世界遺産水原華城と水原名物の焼肉で有名です。

 

水原の駅を出たらすぐに左の方に行くと、観光案内所があり、そこで申し込むシティツアーという

所要3時間半のバスツアーが一番効率的かもしれません。

なぜなら、駅から水原華城まではバスかタクシーしかなく、あまり本数が多くない上に、

多少言葉を交わさなければ乗れないからです。

Swon station 水原(スウォン)駅

 

今回は、シティツアーが出てしまった後で、タクシーもつかまらず、路線バスで向かいました。

なんとかそちらに行くバスに乗ることが出来、なんとか、降りる所を教えてもらい(笑)、下車。

降りた場所はここ、エリア入り口の ‘八達門 ’ 👇。

たいていの方が、絵地図をもらって行ってみても、まずここで迷うと思います。

だって、四方八方、普通の商店しか見えませんから。(;^_^A

バスを降りた側の方向から門を見るとこんな感じで、この右手に向かって歩きます。

The gate of Hwaseong Fortress 八達門

 

最初はどちらに向かったらいいのか、看板も見つからず、聞いても英語が通じず・・・・。

しかし、門があるのだから、その向こうの方向に向かえばきっといいに違いない!そう予測して進みました。

The gate of Hwaseong Fortress 八達門: 水原華城の玄関口です

 

しかし、進みながら、すぐに気づきました。あなたも迷った時にはこれを目印に。

左遠方に、このあり得ない長い階段が見えたら、あなたの進んでいる方向は正しい。(笑)

そのまま前進してください。

There are loooooong stairs on your left so that you’ll recognize that you are heading for the right direction.

 

しばし汗ドロになりながら歩いていると、やっと左手に見えてきました。水原華城、到着のようです!

門まで結構な距離を歩いて行って入ろうとしたら、あっちでチケットを買ってください、って戻されました。(笑)

暑くてドロドロでしたが、トボトボ戻って買いに行きます。(笑)

Arrived at the entrance finally…..Thought so first but it was a part of huge fortress area.

 

この中に入って、プラプラと見学して・・・・

ところが、どうも、まだまだ相当広い城内のようなのにもかかわらず、どこからどこへ向かったらいいのやら?

It is a really huge fortress per the map and we lost the direction. They just say ‘Turn left.’ but there’s no sign or no direction to see around the area.

 

とりあえず、この建物の突き当たりまできたので、ここは出ることにして・・・・と。

 

なんたって、園内はこの広さ👇で、ここはその一部にしか過ぎないはず。

あまり長時間の滞在を予定していないので、歩いての移動はほぼ無理。

トラムカーに乗りたいのですが、それも一体どこで乗れるのか?全くわかりません。

I know this is a very big area so made a decision to take a tram car but where can we get it on? There’s no sign….! (;^_^A

 

ちょうど、係りのお兄さんたちが出口に立っていたので聞いてみました。

「城内をまわるトラムカーはどこから乗るのですか?」

お兄さんは、サラッと、「あっちに行って、右に曲がって。」とのこと。

しかし、どこを右に?なんだかわからないまま、ウロウロして、結局、チケット売り場のオバサマにも聞いてみたけど、

やはり、右に行け、と。(笑)

看板も矢印も何もなかったけれど、チケット売り場を右に曲がると、間もなく山を登る形で階段が。

(こ・・・これを登るのか・・・・。)と、汗だくの体で立ちすくむ私。結構な山登り系の坂。(笑)

しかも、そのトラムカーは一時間に一本とか、そういう頻度のようで、登り口に時刻表が。

日本なら事前にチケット売り場のところにそういう案内も必ずあるでしょうね。(笑)

ずっと待ちそうでしたが、歩いて城内一周は無理だろうから、がんばって登って行ってみました。

登りきったところに、トラムカー👇の乗り場が。

しかし、係員は昼休みで対応せず、次の出発は1時間半も先。あらら・・・・。乗れるのかな?

でも、炎天下、やはり歩く気もせず、ちゃっかり存在していた売店でアイスと冷たい飲み物を買い、

ベンチでダラダラしながらチケットの係員の登場を待ちました。

 

そして、やっとこ乗ったこのドラゴン型トラムカー。ばんざ~~~~い!

とにかく、これで場内を回ってくれるようです。

Finally, we got on the Dragon tram car! Yeaaaaaahhhhhh! (^o^)/

 

さあ、出発。トラムカーがガタゴト動き出しました。城郭巡りの始まりです。

 

ところどころ、街中を横切ったりもします。

It runs in the middle of town partially.

 

時々、一般道も走るドラゴン君。

日本なら、「遅いぞ~。」と、一般車に邪魔にされそうです。

全長5.7km、41個もの構築物が現存しています。

城壁や見張り台も迫力です。

You can tell it used to be a fortress.

 

一般道をカタコト進みます。

 

城壁の向こうは普通の街並み。

You can see downtown Swon city over the wall.

 

ゴールに到着~~~。

Goooaaaal!

 

ゴール地点のところには、韓国式弓矢の体験が出来るところがありました。

You can learn and enjoy Korean archery near the last stop of tram car.

 

韓国式の弓矢、ちょっと体験してみましたよ。

結果は、(数十人で講習を受けてから一斉にやる上に)的が遠くて当たってるのかどうかもわかりませんでした。

ただ、言えることは、隣でやっていた小学生の方が上手でした。(笑)

 

ロンドンまで5,866km、北京まで967km、南極まで14,114km・・・などと指し示す矢印看板も。

 

次はタクシーで水原(スウォン)で一番おいしい焼肉屋さんへ。実は、水原のカルビは有名なんですよ~。

ここも移動の脚がなかなかみつからず、結構大変でしたが、タクシーは日本の感覚と比べたら、驚くほど安かったです。

水原は特製タレに付け込んだ味付きカルビ(ヤンニョム・カルビ)が名物。

韓国に来た時は、一度は経験してみてください。かなり、お勧めですよ。

カメのたくさん並ぶところを過ぎると、いよいよ、レストランです!

Heading for Swon BBQ restaurant. It is well known food there.

 

ここが、目的の地👇!

食事時ではない半端な時間帯に行ったので、客数は少なく、お客さんを通していなかった一角をパチリ。

本水原カルビ(ポンスウォン・カルビ)

 

お肉は一人前、骨付きで450g。

例によって、お替わりし放題のおかずがこれだけ出ますので、結構お腹いっぱいになるかも。

写真は鉄板とお皿で2人前の量。結構~大きな肉ですよ。

例によって、肉焼きお姉さんが焼いて、ハサミで食べやすいサイズに切ってお皿に乗せてくれます。

で、二人で3人前を平らげました~。もう、わしゃ、幸せじゃ~~~~(涙)。

My favorite Korean BBQ restaurant in Hwaseong 我が家では、韓国では水原のここの焼肉が一番好評です。マジ、おいしいんです~~~~~。

 

さて、焼肉ついでに、ちょっと珍し目な焼肉屋さんをご紹介します。

ドラム缶焼肉です。

なんてことはない、ドラム缶の上で焼くのですが・・・・結構これが人気で、ご飯時には行列が出来ています。

肉が売り切れちゃうと、お店はクローズ。余裕をもって行ってくださいね。

Standing up galbijip 場所は新村駅徒歩3分くらい。『ソソモンヌンカルビチッ ヨンナムシクタン』・・・って、名前が長いです。今では明洞にも店舗があるそうですよ。

 

これが、意外にも安くておいしい。

ここで出てくるのはこの骨付き肉と、一緒に焼くタレに漬けられた生ニンニク・・・・

In this restaurant, you just order how many plates of meat and they provide only meat, garlic, fresh green chili peppers, Korean chili paste and sauce for dipping.

 

そして、焼肉のタレと唐辛子とコチジャンだけ。

They cook meat for you so all you have to do is wait and eat!

 

韓国語しか通じませんが、ここでも、適当なタイミングで、焼いてくれるお姉さまが登場しますので、

おまかせできますよ。

ここで言うのは肉の数だけ。3人前ほしければ、指を3本立てれば注文成立です。

メニューもこれだけなんです。

どうしてもご飯がほしい、キムチも、という方は、なんと!持ち込みありなのですよ~。

近くには、この人気店に持ち込むために、ご飯を売っている店もあります。

最寄り駅のスーパーには、こんな風にキムチもいっぱいありますし、コンビニでも買えますからご安心を。

Their menu is limited so you are allowed to bring in rice, kimchee and so on. There are convenience stores and supermarkets to buy them in advance.

 

 

さて、次は、先ほどの水原駅から遠くない、韓国民俗村のご紹介です。

前述した水原駅の観光案内所で入場券を買うと、1時間間隔の無料シャトルバスで行くことができます。

朝鮮王朝時代の庶民や特権階級の人々の生活を再現しているテーマパークなんです。

100万㎡の敷地に、移築された古民家などがあり、なかなか見応えがありますよ。

日本で言うと、岐阜の白川郷をテーマパークにした感じ・・・と言ったらわかりやすいかも。

お子様たちが昔の韓国の生活を体験できたりするので、夏休みの自由研究の題材もありそうですよ。

古い写真しか見つかりませんでしたが、雰囲気はこんな感じです。👇

 

自ら進んで体験、体験。

押して・・・・

押して・・・・

そして、ここでもまた押して・・・(ハァハァ・・・・・)

 

時にはつく・・・・(笑)。

  

お子様がいらっしゃるなら、昔の生活の体験は、ソウルの市場巡りよりも楽しいものになるかもしれませんよ。

 

そうそう、お子様連れでしたら、韓国と言えばロッテ。(ロッテは日本ではなく、韓国ですよ~)

日本よりロッテのお菓子は安く手に入ります。

そして、ロッテの遊園地、ロッテ・ワールドがあるのもお忘れなく!室内と野外と、両方楽しめますよ。

Lotte Wolrd in Seoul  ロッテ・ワールド

You can enjoy indoor theme park also at Lotte World. 旅行中、雨の日ならここで遊ぶのもいいかも。

 

また、韓国ではDMZツアーというのがあります。韓国と北朝鮮の非武装地帯へのツアーです。

1953年の休戦協定で、軍事分界線から南北それぞれ2kmほどの幅が非武装地帯として設定されました。

昔からずっとある板門店ツアーも人気ですが、最近では、第3トンネル見学が含まれる

DMZツアーが大好評のようです。

このツアーでは、まず、臨津閣イムジンガク公園を訪れて記念碑、鉄道跡などを見た後、

北朝鮮が韓国侵攻のために掘り、韓国に発見されてしまったいくつかのトンネルのうち、

地下73mに掘削された小さなトンネル(第3トンネル)に実際に入って見学します。

(え~~~~?こんな狭いトンネルで、南に侵攻しようとしてたの~?)

と、人がやっとすれ違えるような細くて低めのトンネルに驚きます。

その狭いトンネルを、北朝鮮から多勢が徒歩で一気に攻め込もうと目論むとは・・・。点点点。

 

次に、都羅トラ展望台 👇で、南北の境界を眺めます

展望台と言っても、例えるなら、かなり高さのあるコンクリート製の塀で出来たバルコニーといったような場所なのですが、

その高めの塀から少し離れた床面に引かれた線があり、その床の線からは決して前に出てはいけないのです。

つまり、手すり(塀)に近付けないので、線のところから離れた塀越しにあちらを覗く感じです。

バルコニーの向こうを、遠巻きに、団体で背伸びして覗く・・・そんな状態です。(;´・ω・)

DMZ tour:  DeMilitarized Zone at Dora-chonmangdae 都羅展望台

 

そして、最後に、いつか和解した後に、南北を結ぶであろう、都羅山トラサンを訪問します。

空港のように立派な、使われていない駅です。南側にはこんな建造物があるんですねぇ。(+_+)

Dorasan Station near DMZ   都羅山駅

 
 
さて、それでは最後に、ソウル便の機内食比較です。
 
こちらは、某日本のエアライン。
 
 
こちらは、某韓国のエアラインですよ。
このチューブに入っているコチジャンは、味が絶品で、韓国料理も結構作るのが好きな私のお気に入りです。
 
 
こちらも某韓国のエアライン。
 
またまた、日本のエアラインです。
 
 
こ・・・これは・・・ちびっこ時代の我が子でした。 悪ガキっぽさ全開ですね。
ソウル便のごちそう、明らかに昔の方がよかったですね。

 

こちらは、某韓国のエアラインの現在のビジネスクラスのディナー。チョイスはフィッシュです。

Dinner for business class

 

おっと、韓国のお札の紹介を忘れていました。

日本のお札にゼロを一個足したくらいの価値なので(極端に言うと、10,000ウォンが1,000円という感じ)

韓国では、10倍に札束の入ったお財布に、なんだかリッチになった気分になります。(^_^)b

KRW bills: 1 Won @ 0.09 Yen as of Aug 2017

 

とっても近いお隣の国。

もし、まだ行ったことのない方は、是非是非、た~~~~くさん下調べをして、いらしてみてください!

おいしいものを見つけて、親切で素敵な韓国の人々に出会ってきてくださいね。

間もなく、私の韓国禁断症状も出てきそうです(笑)。そのうち、焼肉食べに、行って来ま~~~~~す♪

 

 

 

#南大門市場 #肉まん #ホットック #明洞 #水原華城 #水原カルビ #ロッテ・ワールド #都羅山駅 #都羅展望台 #非武装地帯 #DMZツアー #機内食 #KRW #ウォン 

ソウル 2! Seoul Report Vol. 2」への2件のフィードバック

  1. 韓国行って来たんですね
    韓国には何回ぐらい、行かれてるんですか?
    先生同様に、息子さんもちびっ子時代から行かれてるんですね
    うらやまし〜い〜
    私は観光というより、ショッピング・ランチ系な人間で
    それよりなにより、エアライン系人間なのは
    先生も知ってる通りです
    南大門とかも行かれたんですね
    最初に見られたときと、やはり変わってますか?
    何年か前に事件みたいなものがあったと記憶にありますが
    その影響は残ってますか?
    私の韓国観光といえば、そんな感じです
    ロッテワールドは、どうでしたか?
    どこかのように、パクリ系はありましたか?
    グルメも、焼き肉はおいしそですが
    カラ系がダメな私には、食べることで困りそうですねね
    肉まん、大きいですね
    大きいメロンパンかと思いました
    あの肉まん食べたら、しばらくは、持ちそうです
    機内食、なんていうか、ランク落ちてますよね
    ロッテのチョコパイがデザート代わりに
    付く時代になるとは、思わなかったですよね
    ドリンクサービスのお菓子なら分かる気もしますが・・・
    コストダウンでしょうか?
    ドリンクサービスのお菓子といえば
    TDA時代にHNDーCTSででた、金と銀のそれぞれの箱に入ったお菓子、おいしかったのを覚えてます
    韓国って 、飛行機のドア開けた途端、ニンニクとかの匂い
    ですか?
    南国の空港とかも空気が違うって、感じがありますもんね
    いまでも、いっしょい飛べなかったのが
    心のこりの私です

    • 典ちゃん、コメントありがとうございます!
      今回はレポートだけですが、韓国は数え切れないくらい行ってますよ~。ソウルオリンピック前の準備段階の頃、FLTで行っては2泊3日・・・・という、おいしい~~~仕事がありました。当時は航空3社が競争で、エコノミークラスでもフルトレー(テーブルがいっぱいになるサイズ)で、小さいけど1枚3000円するらしい柔らかいステーキがメインだったりして、機内食もよかったし、サービスもすごかったですよ。離陸してすぐに40kgもあるカートを出して、山登りのようにふんばって押して(笑)、2時間、嵐のような忙しさでした。そして、到着してスライド式のドアをウィーンと開けると・・・独特のニンニクの混じり合った韓国の匂い。また来たぞ~~~、という瞬間でした。

      ソウルの街は30年前とはえっらい違いですよ~。だって、かつてのランドマークの新世界デパートがビルに埋もれて遠くからは全く見えませんから。
      街は相変わらずエネルギッシュで平和。安心して行けると思います・

      ロッテワールドは、ディズニー好きの典ちゃんには物足りないかも(笑)。

      あちらの肉まんは写真では大きく見えるのかもしれませんが、小さいですよ~。2~3個は食べれるかと。(私だけ?)
      辛いのがダメだと、韓国では結構食べられないものもあったのでは?私は相当辛いのが好きだからか、韓国の食べ物が辛すぎて食べれない、というのはないけど、人生で一番辛い食べ物の経験は韓国です。シシトウのキムチで口の中が燃えそうになって、しばらく悶絶したことがあります。(笑)

      それにしても、さすがエアラインマニアの典ちゃん、機内食の分析も鋭い!確かに、落ちてきてますね。たった2時間なので、胃袋に入れるだけ、的な内容になってきましたね。それでも、機内食って楽しみですよね。TDAのお菓子を覚えているあたりも、さすが!です。

      ご一緒フライトは、まさか私のような者の為に、わざわざ永濱ファミリーを動かすわけにはいかない・・・と思っていたのに、心のこりとまで言ってくださるとは、こちらこそ、今更ながらザンネンでした。
      いつか、典ちゃんとソウルで合流でも出来たら楽しいだろうな~、なんて、夢を見たりもします。でも、私の食べっぷりと、行動しまくりの姿に、典ちゃんが四つん這いになってうなだれるくらい呆れるでしょうね(笑)。

      また、いつでもコメントくださいね~。体に気を付けて!!(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください