アーカイブ | 2018年5月19日

いったい、いつ、治るのでしょう?


 

***こんな題名ですが、病気でない方にも、是非読んで戴きたい内容です。

ほんの少しだけ、あなたの人生が楽になるかもしれませんよ。***

 

このブログでは、(少しはどなたかのお役に立てるかな~?)

という、私の趣味の投稿以外に、

脱ステロイド(アトピー性皮膚炎で使ってきたステロイドをやめること)をして

恐ろしい副作用の症状と戦っているみなさんに、

脱保湿と言ういい治療がありますよ。」とお伝えしながら、

激励メッセージを送り続けています。

 

闘病中の方々やそのご家族は、

壮絶な症状がありながらも、

脱ステのノウハウを知っている病院が少ないことから、

医者でもない私が (笑)、来る日も、来る日も、

莫大な数のご相談やSOSを

日本中、世界中の脱ステ患者さんやそのご家族から戴いています。

(どう考えても、笑うしかない状況ですね。

何度も言いますが、

私、医療関係者ではないので・・・。

ろくなアドバイス、出来てません。)(笑)

SNSが盛んになっている昨今では、簡単に私のことを見つけることも出来ますので、

個人的に相談して来られる方も相当な数です。

何しろ、日本人だけではありませんから、その数たるや、ハンパありません。

逆に、私なんかでいいんですか~?という恐縮な思いです。

 

ただ、最悪の副作用を経験した私には、

みなさんの辛さが手に取るようにわかりますので、

よい治療方法もわからずに、苦しんでいる方々を少しでも救えるものなら、と、

寝る間を惜しんででも !(笑)、出来るだけお返事させていただいています。

 

それでも、一人での作業には限界があります。

みなさんのメッセージには、必ず、目を通させて戴いておりますが、

全員にお返事できないことは、ご理解戴けたらと思います。

そんなわけで、共通した質問には、時々、

この場を通じてお返事させていただきたいと思います。

 

また、コメント欄も読んで下さっている方々が本当に多いのですが、

そこでお答えしたものに関しては、

同じく知りたい方が多い場合

みなさんにわかりやすいように多少編集し、

やはりこの場を通じてお伝えしたいと思います。

 

                    *********************************************

 

今回のご質問は、

脱ステ脱保湿をされている学生のお嬢さんの重い症状に心を痛め、

何度かご相談を戴いている、心優しいお母様からのものです。

 

内容は、

脱保湿をしたお嬢さんが、睡眠時間は少し長くとれるようになったが、

今度は浸出液が増えている症状に困っていること、

いつよくなるやもしれない不安に、

どのくらいでよくなるのか、

徳子ケースではどのくらい治癒に時間がかかったのか

ということを質問して下さったものです。

 

知りたいですよね。わかります。

同じような質問をたくさん受けていますから。

心優しい方だからこそ、切ないのが伝わってきます。

でも、解決方法は・・・・・

 

多くの方にお伝えする為に、加筆して以下にお届けします。

 

                    **********************************************

 

〇〇〇様

 

浸出液が多い時は、水分を取り過ぎだということで、

入院中(阪南中央病院)は、浸出液の多くないみなさんも、

水分制限は厳しくやっておいででした。

(退院してからも、みなさん水分の摂りすぎには相当注意されているようです。)

私も、入院一週間で12kgやせたくらい浸出液でパンパンでしたが、

他の皆さん以上に厳しい水分制限をしましたから、

(砂漠で水を求めて死にそうな人くらい、きつかったです・・・。)(笑)

限界まで喉が渇いた記憶がありますが、それは見事に功を奏しました

水道の様に流れていた浸出液は止まりました

医療指導はできませんので、ひとつのご参考までに。

(ただし、これも、おわかりのように、医療の監視下で行っています。)

 

また、多くの方に、

いつよくなるのでしょう?」

あとどのくらいかかるのでしょう?」

この症状だとどのくらいで治るのでしょうか?」

・・・と、写真添付などと共に、

未来のことについてたくさんの質問をお受けしていますが、

例えば私が仮に「2週間」という答えを差し上げたところで、

個人差によりそれは2週間では済まないかもしれません。

(**実際には、そういった医療アドバイスや診断的なことは一切していません)

 

未来のことを予測したり、他の方と比較するのは、

症状も、重さも、部位も、ステロイド使用期間も、

体質も、開始時期も、何もかもが人それぞれ違うので、

意味のないことではないかと思います。

(***皮膚炎自体がデータをとりにくい病気だ

と言うことを想像すると、わかりやすいかもしれません。)

お話の内容からも、私と比べるのは全く意味のないくらい

けた違いの症状と思われます。

 

自宅療養を繰り返していた頃の私は、

頭頂から足指先までの全身症状

脚は何度も直径2倍に腫れ、激痛で歩行も不可

完全にズル剥け火傷状態

頭部は禿げ顔も別人

乾いた部分からは、上着を脱いだだけで痂疲は両手にてんこ盛り・・・。

そんなリバウンド症状を繰り返していました。

(それでも、入院施設が見つからなかったのです・・・。)

 

ただし、そんな私でも入院して脱保湿をやってみたところ

たったの3カ月で症状は引いたのです

 

世界のどこにも、特別な治療薬があるわけではありません

人間の自己治癒能力を伸ばすという、画期的な方法を指導してもらっただけです。

佐藤健二先生の治療法と、

次々キレイになって退院していく入院仲間を見て、

ひたすらこの治療法を信じて、

先生の指示通り先生の本で勉強しながら

その時の自分の出来ることをやっただけです

 

入院当初は歩くことも不可能だっただけでなく、

歩行は禁止されていました。

歩行許可が出てからも、かなりの痛みで、10m先まで歩くのも、

激痛にあえぎながらでした。

隣にあったお手洗いまで行くのも、決死の覚悟。

(行くぞ~~~!う~~りゃぁ~~~!くらい気合いを入れました。)(笑)

運動なんて、退院間際の最後の方まで出来ませんでした。

それでも、リバウンド症状は3カ月後に消えました

これだけが、医師ではない私のお伝えできる事です。

 

ちょっと厳しい話に聞こえるかもしれませんが、

どなたかの言葉に安心を求める生き方は

次の苦難に立ち向かう実力が育たない

と思います

誰かの「大丈夫ですよ」「もうすぐよくなりますよ」

という言葉を待つよりも、

ご自分自身でそこかしこにある

ありがたいことを見つける生き方をされることで、

心が少しずつ穏やかになっていきます。

そうでなければまたどこかの症状が出てきた時点で

心配になり不安は止まるところを知りません

 

私がよく言う、自分で自分の機嫌を取るというのは、

自分でありがたいことを見つけて、

自力で 元気になると言うことです。

他人に機嫌を取ってもらって(=元気付けてもらって)

自身の心を上げる方法をとることに慣れると

誰かに相談したり、励まされた時に、元気になったり安心したり出来ても、

また、また・・・・・

と、次の問題が出てきた時に、また誰かに相談して・・・と、堂々巡りになりがちです

苦しい相談をされた相手の方も、

あなたを助けたいばかりに、辛いお話を聞いてエネルギーを奪われているでしょうし、

その方はその方で、また、他人の相談によって下がったエネルギーを

自力で上げなければいけない状態になっている・・・

そのことにも思いを馳せなければいけないのです。

 

自分の機嫌は自分で取る

これが出来るようにならなければいけません。

偉そうに言っていますが、是非とも皆さんに伝えたいのです

これが出来ると、人生が相当楽になってきます

苦難を乗り越える実力がついてくるのです。

(でも、他人の機嫌は絶対にとってはいけないですよ。

これは、ストレスのもとになります。)

私はこのブログで、そういった ‟自分で自分の機嫌を取る方法” も

少しずつお伝えしていきたいと思っています。

人生では、どんな方でも、辛いこと、苦しいことにぶち当たるのですから。

 

佐藤健二先生脱保湿の治療方法を採られ、

参考にしながら徹底的にやってみると、

本当に何より早くよくなるのは間違いありません

ただし、

素人の私が言っていいのはそこまで

なのです。

 

その方法を採られて、

信頼できる身近な先生が、「危険な状態にない」と判断されたなら、

あとは、あの症状が、この症状が・・・と次々出てくる心配のループに落ち込まずに、

苦難の中でも恵まれている部分に意識を向けて

時がたつのを待ってみてください

 

何ごとも時間がかかるものです。

目的地に着くまでには、

いくつもの駅を通過してやっと到着するものです。

手前の駅でいちいち降りては、「まだ目的地に着いていない・・・。」

と悩むのは、もったいない時間の使い方の気がします。

 

目的地に向かうと決めて、

目的地の行き方を誰かに教わったのなら、

覚悟を決めて向かってください

 

時間がかかるのは仕方のないことなのです。

手前の駅で、途中下車して、

「ここはなぜ私の目的地の駅ではないのですか?」

と誰かに聞いても、空しいだけです。

聞かれた方も、きっと困るでしょう。(笑)

大まかな日数は、何度もお伝えしてあるのです。

それが目的地です

 

真摯に症状に向き合われて、

(近場の)いいお医者さんにも診てもらえている〇〇〇様もお嬢様も、

とてもありがたい環境においでかとお察しします。

そこに意識を集中されることをお勧めします。

 

一番心が救われるのは

感謝を見つける生き方です。

症状を心配しまくるよりも、

ありがたいことを見つけてみてください

今を憂えても、(今すぐには)どうすることも出来ないのですから。

 

なんのお役にも立たない素人のアドバイスですが、

コントロール不能な現状にあるなかで、

少しでも〇〇〇さんの心が軽くなられたら・・・そんな思いでお伝えしました。

お大事になさってください。

 

 

徳子あぶふぁぶ

 

                    ********************************************

 

 

みなさん。

心は自分次第ですよ。

あなたにしかコントロールできません。

そこに気付いたあなたには、きっと、素敵な未来がやってきますよ。

なんとか、明るく今を乗り越えてくださいね。

心より、応援しています。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

  👇 英語バージョンはこちら 👇

外国人のお友達にシェアしてあげてくださいね。

When Will I Heal??

 

#脱ステ #脱保湿 #相談 #いつよくなる #比較 #水分制限 #阪南中央病院 #皮膚科医 #佐藤健二先生 #どのくらいかかる

#浸出液 #自分で自分の機嫌を取る