アーカイブ | 2017年11月9日

エネルギー泥棒、育ててませんか?


 

今日は、特に女性に向けてのお話です。

 

ねえねえ、ちょっと聞いて~~~~!」

 

そう言って話しかけるパターン。

よく、女性にありがちですよね。

女性って、とにかく話を聞いてもらいたい動物です。

 

それほどカッコよくもないのに (笑)、よくモテる男性や (?)、

そ~んなお金持ちでもないのに (笑)、何度も結婚している男性とかも (?)、

よく見ていると、女性の話を、よ~~~~~く聞いたり、

聞いている素振りがうまい人 (笑) が多いものです。

それくらい、女性は話を聞いてもらえることで

かなり欲求が満たされストレスも解消出来るようです。

 

「聞いて、聞いて~~~♪」

って、女性は思いついたことを

ペラペラペラペラ話してしまいがちですが、

そんな女性だからこそ、私たちは、

日頃どんなことを話題にしちゃっているのか、

時々は考えた方がいいかもしれません。

 

実際、自分のストレス解消の為に、好き勝手な言動をして、

相手を疲れさせ、他人のエネルギーを奪ってしまう人・・・

近くにいませんか?

そういう人々は、

エネルギー泥棒、もしくは、エナジーバンパイア

と呼ばれます。

あなたも、誰かにエネルギーを奪われた経験、ありますよね?

その人と話していると、

なんだかいつも疲れてしまったり、

どうもスッキリしない・・・

それは、明らかにエネルギー泥棒(エナジーバンパイア)です・

 

そして、恐ろしいことに、

エネルギー泥棒は、

無自覚の場合がほとんどです。

あなたからエネルギーを奪っている相手も気付いていませんが、

あなたも、私も、気付かずに

エネルギー泥棒になってしまっていることがあるかもしれません。

 

まず、最もわかりやすく、誰にでもありがちなのが、愚痴

愚痴ばっかり・・・・という人が、あなたの周囲にいませんか?

あるいは、あなたが “嘆きの人” (笑) 、“ボヤキ人間” になっちゃったりしていませんか?

 

女性は、他人に愚痴を聞いてもらうだけで、かなりすっきりするように出来ています

 

一方、優しい人ほど、相手に、

「愚痴、聞くよ~?」

みたく言ってあげたりしがちですが、

愚痴のめちゃくちゃ多い人は、

あなたが愚痴を散々聞かされた後に、

相当なエネルギーを奪われてしまって、

そして、そこから這い上がる為に、

また更に相当なエネルギーを使わなければいけないことなど

微塵(みじん)も考えていません。

無意識のうちに、あなたのエネルギーを奪って、自分のエネルギーにしているのです。

その名の通り、エネルギー泥棒です。

 

そういう人をも、優しいあなたは、

ついつい救ってあげようとしてしまい、

(辛そうだから、愚痴くらいは聞いてあげなくちゃ・・・。)

なんて思っていませんか?

・・・そんな人にまでいい人になっていると、

あなたの健康にすら影響を与えることがあります

だって、どよ~~~~んとした話しや

イライラしながら、怒りの話を聞かされていると、

自分の自律神経すら乱されてしまいますから。

どうかあなたは、そんな人とは距離を置いて、自分で自分を守って下さい

 

しかし、それだけでなく、実は、

愚痴を言い続けている人は、

また愚痴を言いたくなるようなことを

どんどん引き寄せ続けるものなのです。

ですから、そんな人へのホントの優しさは

愚痴を聞いてあげないこと

そっちの方が  なんです。

でも、優しいあなたは、

なかなかそれを切り出せませんよね?

そんな時は、知っていることを話題にして切り出す感じで、

「ねぇ、知ってる?愚痴って、言ってると、

またそれを言いたくなるようなことをどんどん引き寄せて

そのループから抜け出せなくなるんだって。

きっと、いつもあなたの愚痴を聞いている私は

かえってあなたの辛さを増大させちゃってたのかもね~。

これからは、敢えてあまり聞かないようにするね。」

と、しっかりと線を引いてください。

 

もちろん相手は、いいところもある人かもしれませんが、

ホントにあなたを大切にしてくれている人は、あなたに愚痴ばかり聞かせません

本当の意味で、他人のことを考えてあげられない

自分自身のことでいっぱいいっぱいの未熟な人なのです。

相手は相手で、愚痴ばかり言っているとどうなるのかを自分で学ぶ運命なのです。

つまり、そんな愚痴のオンパレードの人は、相手にしなくていいのですよ。

あちらも、学ぶ時が来たら、学ぶのです。

 

あっちが痛い、こっちが痛い

・・・・と嘆いてばかりの人もいます。

確かに病気は辛いのですが、

私たちも、家族などにはついつい甘えて

「今日も、ここが痛くて・・・。」

などと言ってしまいがちです。

でも、あなたが医者でもないならば、

いくら聞かされても、どうしてあげることも出来ません。

しかも、病気の相手は

聞かされているあなたまでもが

相当切ない思いをしていることに配慮は出来ません

やむを得ないことではありますが、

自分のことでいっぱいの状態なのです。

ですから、一緒に辛くならないでください。

あなたが解決できないことにエネルギーを奪われないでください

「そっか~。もう少しの辛抱だね。きっとよくなるよ。」

・・・・と、さらっと聞き流して、

あなたはあなたで明るい波動を維持してください。

逆に、その明るい波動が、

暗くなってしまいがちな病気の人の救いになるくらい、

明るく人生を楽しんでいてください。

その方がお互いの為なんです。

 

苦労話が好きエネルギー泥棒もいます。(笑)

自分が以前、どれだけ大変だったのかを、切々と語ります。

20年前のいやな思い出を引き合いに出して、

今もまだ言っている人もいます。(笑)

ひどいのになると、

「戦時中は・・・・。」

と始まったのでは、聞いているあなたもやってられませんよね。(笑)

(一生、言ってろ・・・・。)

心でそうつぶやいて (笑)、

エネルギーを奪われる前に、サッとその場を立ち去ってください。

 

また、悩み相談という形で、

あなたのエネルギーを奪う人がいます。

解決出来たならいいのですが、

あなたが一生懸命答えてあげたとしても、

「でも・・・・。でも・・・。」

「だけど・・・・。」

「それは出来ないのよ~。」

と言っては、何もやろうとしません。

何かと理由をつけて、アドバイスは聞かず、

結局は同じ悩みの繰り返しの人がいます。

(だから~、それは、こないだ教えたじゃない~・・・。)

と、あなたをイラッとさせる、堂々巡りの悩み相談です。

そういう人は、1つ悩みが解決がつけば、必ず言って来ます。(笑)

そんな人も、エネルギー泥棒なのです。

 

エンドレスの悩みであなたの貴重な時間を奪っていますが、

貴重な時間です。

優しいあなたは、そんなことを思わずに、

一生懸命悩み相談に乗ってあげているのですが、

潜在意識レベルでは、貴重な命(時間)を無駄に使わされているのを知っていますから、

知らず知らずのうちにストレスになっているものです。

あなたもすっきりしない上に

相手もいつまでたってもエンドレスですっきりしない。(笑)

この場合は決して相手の救いになっていませんので、

(相手はあなたのエネルギーを奪って一時的に回復はしますが、一時的です。)

やはり、エネルギー泥棒なのです。

エネルギー泥棒の兆候があったのなら、

あなた自身はどうしたいの

それは、あなた自身が決めることよ。」

と、きっぱり断ち切ってください。

付き合い続ければ、あなたが体をこわします。

 

まだ起こっていないことを心配し過ぎる

杞憂人間もいます。(笑)

被害意識が高いのです。

自分だけで心配している分にはいいのですが、

「こうなったらどうしよう。」

「ああなったらどうするの?」

「でも、そうなっちゃうかもしれないじゃない。」

・・・って、他人を巻き込む人。

お前ひとりでやってろ~~~~!!!」(笑)

という世界ですよね。

何しろ、まだ起こっていないのですから、

そういう人の “空想の世界に付き合う必要はありません

 

相手の興味のない話しを延々と続けるエネルギー泥棒もいます。

話しが長い人も然り。

会話はキャッチボールでなければいけません

もし、どちらか一方が、

ひたすら相づちを打っているような会話でしたら、

相手にとって、あまり興味がない話題なのかもしれません。

いや、自分の話が面白くないのだ、とハッキリ気付きましょう。(笑)

あなたも、私も、やりがちかもしれませんよね。

特に女性は、自分が少しでも多くしゃべりたい系の人が多いものですが、(笑)

会話は常に、自分が50話したのなら、

相手にも話題を振り、50話してもらうように気配りしたり、

饒舌ではない相手でも、少なくとも40くらいは話してもらう・・・

そんな配慮は絶対に必要です。

気付かないうちに夢中になって、誰しもこんなエネルギー泥棒になりがちです。

 

他にも、

すきあらば自慢・・・・そんなエネルギー泥棒もいますよね。(笑) 

比較するのがやめられない人たちです。

うらやましくなくても、ちょっと疲れますよね。

 

自己正当化のために、攻撃的になってしまうエネルギー泥棒もいます。

上司のパワハラなんかがそれですよね。

 

気分屋で、自分の気持のコントロールができなかったり、

自分が辛いからと言って、周りのことも考えず

どんよりした雰囲気をまき散らすエネルギー泥棒・・・

 

いろんなエネルギー泥棒がいますが、

そういう人達に出会ったのなら、

まず、自分もそうなってしまっていないか

他人のエネルギーを奪ってしまっていないか

気付くきっかけを戴いてもいることにもなるのです。

他人の身体の中に入って自分自身を見つめるような感覚で

ちょくちょく振り返って反省するいいチャンスだと思いましょうね。

 

また、エネルギー泥棒とは、付き合い続けてはいけません。

関係を絶つには、

依存し合わない関係を作ることも大切です。

いつも愚痴を聞かされて疲れているけれど、

その人は、あなたも時には愚痴を聞いてもらう相手だったりする・・・それが依存関係です。

 

人体には、疲労やストレスを軽減する器官・副腎がありますが、

エネルギーをうばわれ続けていると、

心の疲労から、副腎に疲労が蓄積され、疲労物質が分解出来なくなるそうです。

その疲労が限界に達すると、うつ病を発症するという説もあり、

米国の医師・ジェームズ L. ウィルソンは、うつ患者の6割以上に、副腎疲労が隠れていると唱えています。

 

ナイス・パーソンなばかりに、他人にエネルギーを奪われ、

病気や心の病なんて、やってられませんよね。

 

優しい人ほど、相手がエネルギー泥棒であるにもかかわらず、

かまってあげがちです。

でも、一番大切にしなければならないのは、まず、自分自身です。

自分がストレスを感じて体をこわしたのでは、

いざという時に誰も助けてあげられません

 

エネルギー泥棒は病原菌のようなものです。

病原菌にナイスにして、育てることはありません。(笑)

相手にしっかり思いを伝えること。

あるいは、相手と距離を置くことを恐れないでください。

ちょっとだけ、勇気を持って、しっかり線引きをしてください。

強くなってみてください。

それがゆくゆくは、かえって相手の為にもなるのですから。

相手の為、と思えば、優しいあなたも強くなれますよね。

 

自分に対しても、相手に対しても、

愛を持って線引き・・・・

やってみてください。

そこからあなたの人生がまたひとついい方向に展開していきますよ。

 

今日も素晴らしい一日を!

 

 

 

#エネルギー泥棒 #エナジーバンパイア #ナイスパーソン #愚痴 #悩み相談 #攻撃的 #パワハラ #気分屋 #依存 #病原菌