アーカイブ | 2017年11月20日

『虫の知らせ』って、信じますか?


 

虫の知らせって、信じますか?

バカバカしいと言われればそれまでですが、

不思議だけれど、これって身の周りでもよく聞きますよね。

 

いよいよ年末も近づき、

ぽつりぽつりと

悲しいお知らせが届いたりする時期になりました。

 

昨日、私の故郷の大好きな叔父(亡き父の兄)が、

今年亡くなっていたことを、

いとこからの喪中はがきで知りました。

叔父の家では、私が遠方なので、

気を遣って知らせなかったようです。

故郷を後にしてからは、何年かに一度しか会えない叔父ではありましたが、

ちょうど、ハガキを受け取る2日前に、

叔父はどうしてるかなぁ、元気かなぁ・・・

と、気になって考えていました。

ちょうど、いとこが喪中はがきを投函した頃でしょう。

なんだか、いとこの優しい気持がこちらに届いていたような気がします。

 

ふと、気になって、

(叔父が亡くなった日に、私は何をしていたのだろう?)

と、パソコンに残している記録を見ると、

なんと、その夜に私は久々に亡くなった父の夢を見ていました

しかも、珍しいことに、

会話までしていたのです。

夢の中で、

なぜか、とある新築の2階で、

身内と何かを話している父に

私が一方的に話しかけただけの内容が記されていましたが、

父が亡くなって4年、

ほとんど夢に出てこない父と、会話までしていたので、

わざわざパソコンに記録していたようです。

 

父は、

「徳子。今日、叔父さん(=父の兄)が亡くなって、天国に来たんだよ。」

ただ、そう知らせたかった気がします。

兄弟をとても大切にする父でしたし、

自分が病床にありながらも、

年老いた兄(私の叔父)の健康をとても案じていましたから。

あいにく、鈍感な私は、そんなお知らせだと気づきませんでしたが、(笑)

・・・・伝えたかったのでしょうね。

 

私の母が突然亡くなった日の前夜も、

不思議な虫の知らせ現象がありました。

母は突然亡くなっていますから、

誰一人として母が亡くなるなど思いもしなかったはずですが、

母の兄弟姉妹の全員が前夜真夜中に

なんと、

居間をネズミが走り回る音を聞いたそうです。

もちろん、ネズミなどどこの家にもいませんでした。

それなのに、母の兄弟姉妹全員が、

それぞれの家の居間から

ネズミの足音が聞こえて目覚めたというのですから、不思議なものです。

 

虫の知らせの話題になると、

必ずたくさんの人達から、

「そう言えば、うちの親戚でも・・・!」

などと、色々なエピソードを聞くことができます。

不思議だけれど、

なんだかちょっと楽しい話題にもなって、盛り上がりますよね。(笑)

なぜだかわからないけれど、

たくさんの人達が、科学で解明できない現象を、同じように体験するのですから。

 

亡くなる人は、亡くなる一週間くらい前から(魂はそのことを知っているので)、

親しい人のところを(魂が)周って歩く・・・・

というのはよく聞くことがありますよね。

男の人はおトイレから

女の人は台所から・・・・

何か気配や音がする、と言うお話し、

信じてもいいのかな、という気がします。(^_^)

大切な人だからこそ、会いたくなったり、

お知らせしたくなるように思います

そう思うと、怖いのではなく、

あったかい気持ちになりますよね。

 

あなたも、不思議な虫の知らせ、

経験ありますか?

 

よろしければ、楽しいお話を、コメント欄でお話してくださいね。

 

 

#虫の知らせ #突然 #故郷 #居間 #夢 #ネズミ #喪中はがき #年末