アーカイブ | 2018年8月15日

アナタ ハ ホニャララ ヲ シンジマスカ? ー Part2 読者さんコメント編


 

さてさて、ホニャララ・シリーズ第2弾ですよー。

本気で脱ステ(ステロイドをやめること)と

脱保湿(脱ステのリバウンドから早く脱出する治療)を始める方に、

やるなら覚悟を持って徹底的にやってください!」

と、脱保湿治療を勧めている私ですが、

なかなか、「やるぞ!」となれないけれど、

背中を押してほしい・・・。」という方のために、

今日は、このブログに寄せられた素敵なコメントとそのやり取りをいくつかご紹介しますね。

 

私のコメントは、この色(青)

読者さんのコメントは、この色(緑)、と分けました。

あなたの安心につながれば、と思い、いくつかご紹介させていただきます。

脱保湿治療にもあれこれあり、どの先生のお考えも素晴らしいですが、

私は私が教わってやってみた治療しか説明できませんし、

それが長いアトピー人生の中で一番救いになったので、

このブログでは、阪南中央病院(大阪)の佐藤健二先生の脱保湿を説明させて戴いています。

 

コメント欄にいただくコメントは、

どなたも、とっても素敵な思いを伝えてくださっていますので、

全てこちらにもお載せしたいくらいですが、

載せられなかったコメントは、

またの機会にお伝えさせて下さいね。

また、本当にたくさんの方が、

古い記事にすら、

今もたくさんコメントを寄せてくださっていますので、

お時間のある時に、振り返ってそちらもご覧ください。

コメントのやりとりから、何かまたひとつ、

あなたの心の安定につながることや役立つ情報があるかもしれませんよ。

 

     ******************************

 

まず最初は、

さわやかに脱ステを乗り越えている真っ最中の男性からのコメントと、私のお返事です。

 
徳子さん初めまして!僕は33歳の男です。
 
3〜4年前からステロイドの副作用に悩まされ、仕事も今出来ない状態です。
 
ですがこうしてネット上で脱ステロイドのことを知れて
 
本当によかったと感じております。
 
まだ完治には時間が必要みたいですが、
 
徳子さんのお人柄と経験のシェアによってとてもとても救われました。
 
ただただ感謝の気持ちを伝えたくコメントしました。
 
ありがとうございます(^ ^)
 

 

〇〇様

とても心温まる、素晴らしいコメントをありがとうございます!

ご自分が大変な時に、このようにメッセージをくださるお人柄、

私の方がファンになるくらいですし、こちらの方が励まされます。

感謝の気持ちでいっぱいです。

仕事も出来ない状態というのは、日常生活すら難しいので、

本当に大変な日々だとお察しします。心よりお見舞い申し上げます。

脱ステ・脱保湿も、少ないながらも

いろいろな先生、いろいろなやり方がありますが、

早い時期からステロイドの危険性に気付いていて、

莫大な数のリバウンドの患者さんを長年診続けている佐藤先生の脱保湿は、

入院した患者たちも、皆、救われています。

アトピー自体が完治する方法ではありませんが、

今のその苦痛から一番早く脱出させてくれます。

(筆者注・アトピーが完治する薬は、いまだに世界中でも発明されていません。

現在の薬は、どれも対症療法であり、その副作用には未知のものがあります。)

やり始めると一度(乾燥するので)相当悪化したかのように見えますが、

そこで悪化ではなく治る過程なのだということを信じ切れるかどうかで

結果が違ってくると思います。

乾くと当然痒くなりますが、

とにかく、掻いてしまっても悔やまず、「よし、次!」と思いながら、

また乾かしてください。

えんえん、その繰り返しですが、本当に肌が強くなっていきますよ。

100%を求めず、ちょっとでもよくなったところを見つけては、

そこに注目して、「よかった!よくなってる!」

・・・その気持ちを持ち続ける闘病にしてみてください。

それは闘病でなく、希望になっていきます

陰ながら、心より応援しています。

お大事に。

 

     ******************************

 

次のコメントは、このブログを参考に、

自宅で脱ステ・脱保湿をがんばっている読者さんです。

よくなっていく方は、やはり徹底的に取り組んで前向きな思いを持ち、

しかも、繰り返し復習されるという努力を惜しんでいません。

みなさんに希望を与えてくれるコメントをお読みください。

 

このブログで教えていただいた佐藤先生のメソッドのお陰で、

良くなってきましたお礼をお伝えしたく、コメントさせていただきます。

20年ぶりにアトピー が爆発し、ステロイドを使ったのが4年前の夏。

当時から脱ステロイドの言葉や症状は知っていましたので、

ステロイドを使うことに恐怖があり、

最初はステロイドを使わない治療をしていましたが、

ちっとも良くならないどころかどんどん悪化していく症状に心が折れ、

最後は医師の薦めに負けてステロイドを使用し、

アトピー の症状をねじ伏せました。

その後毎年、梅雨から夏にかけて

「目の周り」「首」「腕」「脚」にアトピー が出るようになり、

悪化を怖れて期間中は常にステロイドで応戦していましたが、

去年は冬にも症状が現れ

このままだと年中ステロイドを使うことになると怖くなり、

今年からステロイドの使用を辞めました

辞めた後、症状はまずは顔から、全身に広がり、

3月中旬まで症状はどんどん悪化しました。

その間、皮膚科に行ってステロイドを薦められるのがイヤで、

自宅でひたすら保湿を心がけていましたが、

出口の見えないトンネルに居るような、不安な毎日でした。

そんな時ヒットしたのが、徳子さんのこのブログです。

全ての投稿を何度も拝読させていただいた後、

この方法にチャレンジすることに決めました

全てを完璧に実践することはできなかったので、少し時間はかかりましたが、

着実に回復しており、ついに!あとは4箇所の浸出液ポイントと、

症状が治った箇所の色素沈着を残すのみとなっています。

悪化中は何をする気持ちにもなれず、

仕事とノルマの散歩以外はひたすら家に引きこもっていたぶん、

今日は何をしようかとワクワク現状の幸せをかみしめる毎日です。

徳子さん、お忙しい中、

このブログを立ち上げて下さって本当にありがとうございます。

このブログがなければ、

私が佐藤先生のメソッドに辿りつくことは無かったと思います。

今後、同じ状況に苦しむ人が居たなら、

是非このブログを紹介させていただきたいと思います。

 

     ******************************

 

次の読者さんはヨーロッパ在住で、このブログを見つけられてから、

佐藤先生の脱保湿をやってみようと決意され、

私とブログ上でコメントのやりとりをしていました。

そして、一旦帰国され、阪南中央病院で受診された行動派の読者さんです。

在住の国では、ステロイドを処方されるので、戻ったら

”ステロイドなしでよくなった姿をあちらのお医者さんに見せる”

という前向きな決意で、闘病されています。

まさに、パート1で話した ”ペイ・フォワード” で、

こういったお考えに、私は心よりエールを送りたいと思います。

 

ちょうど帰国する1週間前に脱保湿を始めたので、飛行機乗る頃に悪化が始まり、
 
痒い痛いのフライトで大変でしたが、
 
阪南中央病院の佐藤先生に見てもらえて安心したのか、
 
その後からメキメキ肌再生が始まりました
 
すごいっですホンマに!!!
 
掻いて乾かしの繰り返しが皮膚を強くする、と何度も自分に言い聞かせ
 
悪化状態を乗り切りました
 
そこ、信じきれるかどうかですよね。
 
酷くなるから不安になると、治療法に疑問を抱く、
 
そうなると途中でやめてしまうのでしょう。
 
半端ない忍耐力を要します
 
私の症状は、徳子さんとは比べものにならない程、軽いですが、
 
悪化時は本当に辛く希望と確信を維持する為に
 
徳子さんのブログをずーっと読んでました
 
本当に助けられました。
 
そして、佐藤先生素晴らしいです。クールですよね(笑)
 
この暑い中、外に出るのは大変だから、
 
ラジオ体操を1日3回くらいすれば、良い運動量になると教えてくれました。
 
いいアイデアです。

 

     ******************************

 

次のコメントは、

どこの皮膚科でも顔にプロトピックを出されて改善しなかった方で、

さらに出された漢方の化粧水には ”甘草水” とあり、調べていたら、

このブログを見つけて、痛く納得されたそうです。

あれこれやりとりをしていた中のひとつのお返事と、

次の段階として、

お化粧のことで質問を戴きましたので、

「是非、他の記事も見てほしい」とお返事させて戴いたところ、

また素敵なコメントを戴きましたので、そちらもご紹介いたします。

 

〇〇様

お役に立てる情報があったなら光栄です。

皮膚炎と言うのはなかなか

よくなったり悪くなったりのループから抜けられないものですよね。

長い闘病に辛い日々であること、お察しします。

プロトピックネオーラル免疫抑制剤です。

臓器移植の時に他人の臓器に拒絶反応を起こさないように発明されたのが免疫抑制剤です。

それをアトピーなどに使っているわけです

私もかつて、シクロスポリンネオーラル)を既定の範囲内の期間で

何度か処方されていますが、一度目は嘘のように炎症が引きましたが、

治ったわけではなく、文字通り引っ込めただけ。

しかもよかったのは本当に短期間です。

2度目からはほぼ効かなくなり、結局は同じような激烈な悪化症状に戻りました

(シクロスポリンも臓器移植手術前に飲む免疫抑制剤、劇薬です。)

世界ではまだ、“治る薬”がないのです。

どれも引っ込めるだけで、あとは、自分の体が自分で治していっているだけです。

ステロイドで治った、という患者さんも、ステロイドで炎症を引っ込めている間に、

自然治癒能力がうまく機能しただけです

うまく自分で治せなかった場合、あとに残るのは恐ろしい副作用だけです。

脱保湿を始められるとのこと、賢明な判断だと思います。

最初はかなりの悪化で辛いことと思いますが、

ブログの中の説明通りに進めるだけで、かなりよくなります。

独自のやり方を加えると、少し時間がかかります。

世界中で、私のブログを見ながらやってみた方がいっぱいいらっしゃるのですが、

3か月たって

自分の人生の中でも最高の治療だ!」

よくなった!」

もうほとんど気にならないくらいになった!」

と、数えきれないほどのメッセージをいただいています。

しっかりと説明通りにやり通せば

少なくともステロイドの副作用によるリバウンドは最速で乗り越えられます。

(筆者注・ステロイドのリバウンドは、何度繰り返すのか、

どのくらい重くなるのか、どのくらいの期間になるのか、

全て未知の世界ですので、またぶり返すことは残念ながらあり得ます。

ただ、最速で楽になる方法を知っておくと、メンタル面でも楽になれます。)

あとは、心の問題だけです。

とっても辛い時には、是非、また拙ブログでも訪れて、

自分で自分を元気づけてみてくださいね。

必ずよくなりますよ。お大事に。

 

このあと、さらにお化粧についての質問がありました。

まだ読まれていないであろう記事をご紹介しましたところ、コメントを戴きました。

徳子様

お忙しい中 早々に 返信下さって ありがとうございます

女優 記載記事 拝見しました

(**筆者注・以下の記事👇のことです

  女優ではありませんが・・・。  )👈クリックしてね

 

何やら 面白い(笑)やら 感動に似た 涙が…

前向きに ポジティブに 笑う門には福来るですね

仕事柄 バッチリ しかも 厚めのメイクをしてたので 今はスッピンです。

アイメイクを濃い目に したら 良いのですね! 少し気持ちが楽になりました。

徳子さんは 本当に皆様に少しでも 脱ステロイド 脱プロトピック等を 伝えておられて

私も ブログにご縁があり本当に 感謝なんです。

今は 脱皮中(笑)で ポロポロ 皮が剥けてますが

これは 皮膚が強くなってる 証 ですね

嬉しいです。

リバウンド 二回目ですが

断然 一回目より 凄いスピードで回復してます

私の皮膚さん(笑) 頑張ってくれてます。

一回目は 一年たっても 赤みは取れず 湿疹も繰り返して …良くなり 悪くなりでした…

化粧品は 人体実験(笑)少しづつ まだ先ですがやってみます

同じ様に 悩んでられる方

脱洗顔 脱保湿は 本当に 効果があります

楽しみながら ボチボチ 頑張って行きましょうね

徳子さんに 感謝を込めて…

 

          ******************************

 

今日は、以上のご紹介です。

しかし、それでもまだ、ちょっと不安な、

まだ、ちょっと信じ切れない、そんな 脱ステ・脱保湿” 開始間もない方

よかったら以下の記事一番下の写真を勇気を持ってご覧ください

記事は英語版ですが、脱保湿をしっかりと指示通りやると、

一切の塗り薬なしでステロイドのリバウンドから

短期間でここまでよくなるという私の写真が載っています。

(脚、ですが・・・。)(笑)

相当グロテスクなので、このブログでは(元気ポリシーに則っている為

数回しか患部の写真は載せていません。

ご面倒でも、他のページに飛んでご覧くださいね。

How to get over Topical Steroid Withdrawal asap!

 

たくさんのコメント、全て、本当にありがとうございます。心より感謝しています。

また、新たにコメントされる方は、

必ず一番上のタブから、コメントしてくださる皆さまへを読んで

ご理解の上、メッセージを戴ければと思います。

 

他にも素晴らしいコメントをたくさんいただいています。

また、別の機会にご紹介させてくださいね。

 

今日も素晴らしい一日を!