ひどいことを言われてしまったあなたへ


 

人の気持ちなど、慮る(おもんぱかる)こともなく、

言いたいことを言いたい放題に言って他人を攻撃してしまう人々がいます。

どこにでもいるものですよね、そういう人って。

 

言った方は、すっきりしているのでしょうが、

言われた方はたまりません。

ましてや、争ったりすることが苦手なあなたは、

こちらからは攻撃していないのに、

あちらからは猛攻撃されたのですから、

やられっぱなしのサンドバッグ状態で、

やり場のない心もズタズタ。

それでも、優しいあなたは言い返すことも出来なかったのですから、

ただただ、言われたイヤな言葉が、頭の中に蘇っては

何度も何度も繰り返してしまう・・・・。

本当に、体に悪いくらい、イヤな経験ですよね。

 

特に、私のブログを続けて読んでくださっているみなさんは、

思いやりがあって、優しい派動を出している方々が多いと思いますので、

傷つくようなひどい言葉を一方的に受けたことは、何度となくあることでしょう。

(“派動” とは、その人の “雰囲気” として感じ取れるもの、とご理解戴くのがわかりやすいかもしれません。)

このブログも、私と同じような派動を出しているからこそ読んでくださっているのであって、

これが違う派動だと、そもそもしっくり来なくて、読んでいられないでしょうから、

優しさゆえにそういうった辛い経験をされているあなたのことは、よ~~~くわかる気がします。

 

「そんなひどいことを言うような性格の悪い人、

付き合わなきゃいいでしょ。」

とアドバイスされることもあるかもしれませんが、

キツイ性格の相手が職場の同僚だったり、

上司だったり、

あるいは家族だったり、

どう考えても離れられない関係にあると、

それはもうただただストレスで、

心さえ病んでしまいそうになるほど、恐ろしい記憶となります。

 

(もっと、なんとか言い返してやりたかった・・・!)

(私は攻撃してないのに、丸腰の人をどうしてあそこまで責められるの?)

(私がやり返さないのを知ってるから、

強気であんなひどいこと言うのね・・・。)

何度もその場面を思い出し、

繰り返しそのことを考え

どうにかしてあの人に、あれはひどすぎる言い方だった、と反省させたい。

もう、あんな攻撃は二度とされたくない。

私に、あんなひどい言葉を浴びせるのはお門違いだとわからせたい・・・。

そんな風に、何度も何度も思い悩んでしまっていることでしょう。

 

ただ、結論から言いますと、

相手は・・・・・変えられないのです。(ごめんなさい・・・。)

どういうことかと言うと、相手の行動は、相手の課題なのです。

あちらが、そういった、人を傷つける言動をし続けて、

周囲がどういう反応をするか、

そこから、あちらはあちらで学ぶのです

あなたにキツイことを平気で言えるような人は

他でもキツイことを言っています

そういうことが出来る人なのです。

そういう付き合い方しか出来ない人なのです。

 

キツイことを言われても平気な太い神経の方も一部にはいますが、

傷ついて、ただただ耐えている優しい皆さんのような方々もいるものです。

ですから、相手がたくさんの人を傷つけた行いは、形を変えて

必ず、本人になんらかの形で返ってきます

ちょうど、池に投げた石の波紋が広がってから、ゆっくり中央にもどってくるのに似ています。

投げかけたものが、投げかけた人に返って来るのです。

その時、人は学びます

ですから、そんな身勝手な人々の行動を変えようとするのは、

あなたの役割ではなく

その人本人の課題なのです。

どこまでも、他人は変えられません

説得して、なんとか変えようとしても、

本人が自ら納得して気付くまでは変わりません

変わったとしても、あなたが変えてあげたわけではないのです。

相手が勝手に変わったのです。

相手が変わることを期待すると、あなたが苦しくなるだけです

 

ですから、

あなたがやるべきことは、

淡々と、

そういう理不尽な、あるいは意地悪なことを言えるような人の言動を

そして、そんなことを言っちゃえるような無神経な人のことを

自分の思考の中から排除して

別な明るいことを考える、という努力だけです。

自分の脳をコントロールできるのは自分だけ。

何を考えるのかはあなたの自由

あなたにしか出来ない選択

つまり、いやな事を言ってきた人のことを考えない

という努力をして戴きたいのです。

 

(そう言っても、あれほどひどいことを言われたんだから、

何度も思い出してしまうものは仕方ないでしょう。

頭から離れないから、こうして傷ついて悩んでるのに・・・。)

と、思われるかもしれません。

しかし、実は、イヤな思いをしているのは、ひどいことを言った相手のせいではなく、

あなたの捉え方に原因がある・・・・ということを知れば、

繰り返し思い出すほどのことでないことに気付くかもしれません。

 

では、ひどい言葉も、あなたの捉え方次第で、全然違って聞こえてしまう実例をお話ししましょう。

つまり、ひどい言葉で傷ついたと思っていても、実はそれはあなたの心が「ひどい」と思っているだけで、

実は、ひどい言葉ではないのです。

(へ?ど~ゆこと~?)と思われますよね。

この事に関しては、私の尊敬する日本一の金持ちの 斎藤一人さんが、

とてもわかりやすいお話をされていました。

 

上司に、毎日、「このバカ野郎」などと怒鳴られている人がいるとします。

それはもう、プライドもずたずたで辛いですよね。

バカ、と聞くたびに、グサッ・・・。またバカと言われて、グサッ・・・。

 

しかし、もし、バカと1回言われるたびに、1万円もらえるとしたら・・・?

バカ、と言われて、(よっしゃ、1万円ゲット!)

そしてまたバカ、といわれて、さらに1万円!

次に言われたらまたまた1万円。

(おいおい、今日はもう3万円行ったぞ~~~♪

あと何回言ってくれるかな~♪)

と、わくわく・・・♪。

同じバカという言葉がワクワクでしかなくなるのです。

もし、ホントに1万円もらえるなら、

バカという言葉で(おっしゃ~~~っ!)というくらい、

うれしくなると思いませんか?

つまり・・・・

あなたは、バカという言葉に傷ついたのでなく、

あなたの捉え方で傷ついているのです

 

・・・・こういう考え方をすると、相手のひどい言葉も

あなたが別な捉え方をすれば、(つまり、言われた言葉をただの現象と捉えれば)

相手は相手の行動に見合った人生修行をするのだから、

こちらは、こちらで楽しく生きるだけ。

そうすれば、「イヤな経験を思い出さず、他の楽しいことだけを考えよう!」

という努力が、易しく出来ると思いませんか?

 

特に、「笑顔で、明るく、人に親切にして楽しく生きて行こう!」と心底決めた人々には、

不思議と、これ以上ないというくらい、理不尽なことを言われたり、

理屈で到底解決できない、ひどい目にあってしまうようなアクシデントに見舞われたりします。

多分、神さまが、あなたにさらなる成長をしてほしくて、与えて下さっている素敵な修業なのです。

 

どんなひどい状況でも、あなたが腹を立てることなく、

理不尽だったのだから、

くよくよ悩む必要は全くないのだ。

いい経験だったし、

あの人はあの人で、

あの態度と行動で、自身で学んでいくから、

私は私で機嫌よく、明るく生きて行こう・・・・。)

そう思えるかどうかを、神さまは上から見ている気がします。

 

また、そんな理不尽なひどいことを言われて、

自分の波動を落としてしまうと、あなた自身がその低い波動の未来を引き寄せます

行いは、形を変えて自分に返ってきますから。

そんなの、ばかばかしいですよね。

 

『復讐するは我にあり。』

という言葉があります。

ただの小説や映画のセリフではありません。

我、とは、神さまのこと。

『我これに報いん。』

と、言葉は続きます。

あなたはやり返したり、相手をやり込める為にあれこれやらなくても、

神さまはちゃんと、人を傷つける生き方をしている人達を見ていて、

その人達がそれに見合ったことを経験することになるのをご存知なのです。

いやなことを言われても、それをただの「言われた」という現象ととらえ、

成り行きを天に任せ、

あちらはあちらで勉強して、成長するから

こちらはこちらで明るく前向きなことを考えよう・・・と生きて行くだけでいいのです。

 

ひどいことを言って来た人に

「いい勉強をさせてもらった。」と、相手ではなく、自分にだけ焦点をあてる。

どこまでも、主役は自分です。

相手に振り回される人生にしてはいけないのです。

 

さらに、スピリチュアル的ではありますが、

あの人は、私の魂を成長させてくれる為に、わざわざ悪役を買って、

この世に生まれ出た、大切な役割を担ってくれたソウルメイトなんだ・・・・。)

と、相手の魂に感謝する・・・・。

そうすると、相手の守護霊さんですら、あなたの強い味方になってくれるようですよ。

そして、そこまでいけたら、完全に、相手はもう、イヤな人でなくなっているはずです。

 

今日も、素晴らしい一日を!

 

 

 

 

P.S. 私は無宗教ですが、どこかに神さまはいて、私たちに平等に愛を注いでくださっている・・・と信じています。その方が、きっと幸せですから♪

 

 

 

#斎藤一人 #イヤな人 #サンドバッグ #魂 #とらえ方 #キツイこと #思考 #理不尽


ひどいことを言われてしまったあなたへ」への13件のフィードバック

  1. いつもタイムリーなテーマ、そして心に響く言葉にとても癒されています。
    この世に生まれたことは修行だとわかってはいても、気持ちが沈んだり怒りがこみ上げたりついついしてしまう…
    そんな時徳子さんの文章を読むと、いけないいけない落ち着いて落ち着いてと心を戒め、納得し、そしてブログ名のとおり元気が出てきます。
    日々ストレスと戦う我が家の超ネガティブCAの娘にも、こんな事が書いてあったよと勇気づけに使わせて頂いております。
    本当に素晴らしいお心の持ち主だなと尊敬しております。
    旅行の記事も行先が結構かぶっていて愕き、楽しく拝見しております。
    これからもブログ楽しみにしておりますのでどうぞよろしくお願い致します。

    • えんじぇるさん

      いつも読んでくださり、またステキなメッセージもありがとうございます。
      こちらこそ、このようにお言葉を戴けると、とても励みになります。

      「見事にタイムリーな内容が続く」という偶然に起きたシンクロを知らせてくださる読者の方々がよくいらっしゃるのですが、えんじぇるさんにとってもタイムリーだったのでしたら、それはえんじぇるさんが、天のご意向通りに(上昇しようと日々前向きに)がんばってらっしゃるからで、「あなたの今進んでいる道は、間違ってませんよ。そのまま明るくがんばっていってくださいね。」と言うお知らせだと思います。えんじぇるさんこそ素晴らしいですよ。スゴイことだと思います。

      CAのお嬢様も、普通では出来ない色々な体験をされる日々でしょうから、とってもラッキーですよね。私も、CA時代は毎日が楽しい経験で、もう一度やりたい職業第1位ですよ♪(現在の仕事もとても楽しんでいますし、今やっていることが常に1位ですが、振り返っても、エアラインの仕事はとっても楽しい経験でした。)。労働条件は昔と違ってよくないとは聞いていますが、オフィスで一日座っていたり、炎天下で一日耐える・・・よりも向いている職業だからこそ与えられたのでしょうね。是非、今の非日常の経験に感謝しながら楽しまれるようにお伝えください。

      旅行もよくいらっしゃるのですね。私も旅と食べることが大好きなんです。
      時間のあるときにもっとアップしたいとは思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。

      本当にステキなメッセージありがとうございました。
      お心配りの素晴らしいえんじぇるさんに、心より感謝をこめて。

      徳子

  2. お忙しい中ご返信いただきありがとうございます。
    本当にいつも温かいメッセージ、皆が徳子さんに救いを求めるのがよくわかります。
    徳子さんの言葉は魔法みたいに、ムクムク起こる悪い心をよい心に戻してくれます。
    誰にでも元気を与えてくださる今世紀の救世主です♡

    春早々からまたもやおきた息子の離脱症状もようやく落ち着き1年遅れの就活を再開しました。徳子さんを見習って前向きに頑張っていきます。

    徳子さんも沢山の人々に頼りにされる分本当にお忙しい毎日と思いますがどうぞお身体無理をなさらないようにしてくださいませ。ありがとうございました。

  3. もしその人がほかの人にはものすごいやさしい人だったらどうしたらどうとらえたらいいですか?私にだけひどい言動.. 私にも非があるんだと一般のひとはいうでしょう。
    自分でも自覚はあります。これは自分のしたことがそのまま帰ってきたととらないといけないんでしょうか? その人には、優しくもしたし、優しくされたし、迷惑もかけたし、迷惑をかけられた、そういう認識です、でもそれでも私は慕っていました。、相手は自分のしたことはすべて正当化し一方的に被害者だと思い込んで、私を責めました。
    慕っていた人がほかに友人を見つけたとたん、嫌われ..裏切られ、責められ、傷ついているのはこっちなのに、一般論では私が悪いからになってしまう。 

    • がーこ様
      とても心が苦しい状態なのですね。辛いですね。

      詳しいことはご説明の範囲ではわかりませんし、相手の方の言い分も聞かないで適切なアドバイスが出来るとは思っていませんが、がーこさんはその方とまた仲良くされたいのでしょうか?それとも、その一方的に言われたことが納得いかずにひたすら苦しんでおいでなのでしょうか?

      人生のなかで、人は多くの人に出会います。しかし、本当に信頼し合って仲良くなる人と言うのは、おそらく生涯でも100人にも満たないかもしれません。もし、がーこさんが仲良くしていたのに納得いかないほどひどいことを一方的に言われたのでしたら、そのお相手は果たしていい人でしょうか?他の皆さんに対して’いい人’だとしても、一人の方を有無を言わさず攻撃出来る方だとしたら、決して’いい人’ではなく、どこかにそういうものを持っている方です。いい人はそんなことをしません。そういう方に、こだわっている必要があるのでしょうか?短い人生、深く付き合っていく人の数はそれほどいないにもかかわらず、それでも付き合っていく必要があるのでしょうか?

      がーこさんはがーこさんでこのことから必ず何か学んでいらっしゃるはずですし、そんなイヤな経験をされたなら、それを生かして前に進んだ方がいいと私は思います。その方にこだわっている必要はないと思います。例えば同じ職場内の方だったとしても、毎日顔を合わせる相手だとしても、心の中で一線を引いてみてください。
      自分を責める必要は全くありません。相手の機嫌をとる必要もありません。このことからがーこさんが成長するだけでいいのです。そして、次、です。

      立ち止まらずに、楽しそうにしていてください。笑って過ごしてください。そこから次が始まります。表面的でもいいから、笑顔で日々を過ごしてみてくださいね。周囲が、「がーこさんっていつも楽しそうね。」と思うような生き方をしてみてください。辛くても、その行動に素敵な未来が付いてきます。自分の心を自分で盛り上げる力をつけられるように、まず一歩目として、無理やりにでも笑ってみてください。笑った顔で怒ったりは出来ないものです。心は表情についてくるんですよ。心が楽になる為には、行動(まずは笑顔から)です。自分でやるしかないんです。( ◠‿◠ )
      少しずつ楽になって行きますよ。元気にがんばってくださいね。

  4. すいません追記で、

    この苦しみについて悩みサイトなどで吐き出したのは今回が初めてではありません。
    その時の状況と自分のいいぶんなど何度もわかってもらおうと説明書きをし表現することが楽になり、読み返してみてロジックも明確になり、やっぱり自分は悪くないかもしれない、と思える気が今回でちょっとしてきました。

    長文かいてすみませんでしたが、
    本当にありがとうございました。

    • がーこ様
      『コメントしてくださる皆さまへ』のコーナーに説明させて戴いておりますように、一旦画面に反映されると、世界中からどなたでも見れることになり、コメント欄も現時点で、少なくとも何千人の方が毎日ご覧になっています。

      どなたも元気になりたくて、必死に自力で起きあがろうとこのブログを読んで下さっていますので、コメントを3通戴きましたが、このブログのポリシー上、一部省略して掲載することをお許しください。

      • すみません、メールでありがとうを言うだけつもりがとまらなくなって長くなってしました。消していただいて大丈夫です。

  5. 私は、あるSNSで周りに相談しました。今度、職場の人と映画を見る約束をしていて悩んでいることを書き込みしました。そしたらある人から、「あなたみたいな非常識な人とは見たいと思っていないと思われてるよ」と来て心に傷がつきました…
    でも…あなたのメッセージ見て…少し傷が癒えそうです

    • アヤさん
      状況はわからないながらも、傷ついたんですね。辛かったですね。
      他人に対して非常識と面と向かって言うこと自体、ハンパない非常識だとは思いますが(笑)、それはあちらの課題であって、アヤさんはひとつの経験を終了したということで、次に行ってください。この経験も、必ず、アヤさんの将来に役立ちますよ。「あんなイヤな言い方をされたから、今の私がある」といえるような生き方をするのがアヤさんの課題です。そして、そんなイヤな言い方を出来るような方のことは考えないようにするのがアヤさんのすべきことです。
      サクッと行きましょう。あちらはあちらで修業しているのです。あなたはあなたで、明日に向かって素敵な経験を重ねてください。

      経験は、必ずいい方向に転じますよ。というよりそう転じるように生きてください。
      素晴らしい未来に向かって、日々楽しい修行を続けてくださいね。「あ~~~、いい修行だった。終了!」と、スカッと前に進んで下さい。これからの健闘を祈ります!

  6. はじめまして。

    数ヶ月前に五人から酷いことを言われたりされたりして、どうしても立ち直れません、、、。

    でも、どうしてもこのまま終わるわけにはいかなくて、振り切りかたを探して、このページにたどりつきました。

    僕の事を詳しくしらないのに、なぜあそこまで強い言葉で自信ありげに酷い否定ができるのか?と思いながら、でも言われた言葉にひっぱられ続けています、私はその方向にしか考えられなくなりました。

    でもこのブログを読ませて頂いて、明日の朝読めば、数時間はがんばれるかも知れない、つらくなったらまた読もう という優しいような気持ちになれました。

    ありがとうございます。
    お休みなさい。

    • しの様
      本当に辛い経験をされたのですね。苦しい心、お察しします。
      文面からも、しのさんがとても優しい方なのだというのが伝わってきますよ。そして、優しい方の前には、強気になって攻撃してくるような人が往々にして現れます。
      ご自分でもわかっていらっしゃる通り、相手はあなたの素晴らしさを知らない方々なのです。そして、自分と自分の利益になることしか(あなたとの関係性の中では)見い出せない方々なのです。
      そのレベルの方々のことを思い続ける必要があるでしょうか?・・・生きているステージが全然違う気がします。

      もっともっと、ご自身を大切にされてください。
      ややスピリチュアルに感じられるかもしれませんが、ひとつ、コツを話させてください。ご自身をご自身の中から見つめると、周りからひどい目に合っているあなたは、とても可哀そうですよね?でも、ちょっと視点を変えて、ご自身を外側から見てみてください(感覚の話です)。外側から見ると(傍から他人目線で見る感覚で見ると)、周囲から攻撃されているしのさんは、他人目線でとっても可哀そうに見えませんか?傍から見ていたら、しのさんを応援したくなりませんか?こんな悪気のない人を攻撃しているひどい人たちから守ってあげたい、と思いませんか?
      この見方が、ひどい人たちに(もし、何か言いたいのであれば)伝えたいことを伝える強さを身に着ける視点です。

      自分自身のこととなると、強気で言い返したりできなくても、他人を守ってあげようと思った時には、意外と少し強く言えたりするものです。その他人目線でしのさんという、一人の素敵な存在を守ってあげてください。
      または、他人目線で見ると、意外と(そんなやつらは、ほっとけよ。)と、しのさんご自身が、しのさんにアドバイスしてくれるかもしれません。

      いやな人のことを考えるのは、短い人生、命の無駄遣いになってしまいます。そんな嫌な人々のために、ご自分の貴重な時間を捧げないでください。しのさんが眠れないほど辛い思いをしている時に、ひどいことを言った相手はきっとグーグー寝ています。深く考えないから、そんなことを言える人々なのです。

      とても優しい方なだけに、辛いと思いますが、もっとご自分を大切にされると、考える必要がないことだと気づいてきます。
      今回の経験を生かして、這い上がってください。もっと優しくなれて、もっと素敵な成長をするために。
      こころのきれいなしのさんを、大いなるものも守ってくれていますよ。
      一日も早く、しのさんの心が晴れますように。

      P.S. このブログは、ステロイドの副作用の方がたくさん読んで下さっているのですが、ステロイド関連の記事の中にも、たくさん考え方のヒントになるものがあるそうで、心の病を患った方々や、心を傷つけられた方々もたくさん読んで下さっています。是非、そちらも読んでやってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください