アーカイブ | 2018年10月7日

がんばっている仲間が、いっぱいいますよ♪


 

ステロイドの副作用と戦っているみなさん。

辛く、長い日々を送っていらっしゃることと思います。

どうしたって症状はすぐには変わらないので、

心を奮い立たせてよくなる日を待つしかない・・・

そんな気の遠くなりそうな状況に、泣きたくなる日も多いでしょう。

でもね、

この病気は、必ずいつか脱出出来る病気です。

二度と治らない病気ではありません。

希望だけは捨てないでほしいと思います。

 

今日は、そんながんばっている仲間、

戦友と呼んでもいいかもしれないみなさんから、

このブログに寄せられたいくつかのメッセージと、

私とのやりとりをお送りします。

 

一緒に戦っている仲間が、

がんばって前に進もうとしている仲間が、

日本中にたくさんいますよ

 

少しでも、あなたの力になれば・・・と思い、ご紹介しますね。

 

私のコメントは、この色(青)

読者さんのコメントは、この色(緑)、と分けました。

(皆さんにわかりやすいように、多少加筆させていただいております。)

 

                   ******************************************

 

最初のご紹介は、顔の症状に苦しむ読者さんからです。

 

はじめまして。

毎日何度も何度もこちらのブログで自分を奮い立たせ

勇気をいただいています。

脱ステから6年。

約2カ月前から2度目のリバウンド様の大悪化を迎えました。

使っていた保湿ゲルに

グリチルリチン酸が配合されている事を知り愕然としました。

これだけが原因かわかりませんが、

当時の脱ステ時より顔と首の症状が爆発して

現在、顔面瘡蓋だらけになってしまい

もちろん日常生活が送れず

精神的に追い詰められてしまいました…

出来ることなら入院したい…と初めて夫に泣き言を言ってしまいました。

同じように自宅で必死に療養されてる方が多いと思います。

自分も頑張らねばと、とりあえず3カ月はひとりで頑張ろうか、

遠方でも入院か どうしたらいいかわからない状態です。

助言をいただけませんでしょうか?

こんな変なコメント、申し訳ありません。

 

 

〇〇様


繰り返し読んで下さり、少しでも元気になっていただけているなら、

こんなありがたいことはありません。お力になれているなら光栄です。

 

リバウンドは本当に、何度繰り返されるのか、

誰にもわからないようですが、

私は4回ひどいのを経験はしたものの、毎回、

これが最後だやった~~~!」

と、(根拠もなく)喜んできました。

今も、もう二度と起こらないと信じています。

 

最初の2回は、都内のクリニックで診てもらいながら、

なんらかの保湿軟膏を全身に塗っての治療で、

少しよくなったりはしても、ずっと見た目も症状も半病人の2年半でした。

3回目は入院しましたが、そこで脱保湿を初めてやってみて、

けた違いに速くよくなるのを知りました。

4回目は退院直後に起きましたが(環境の変化が原因と思っています)、

もうやり方を知っていたので、恐れることなく、

病院で学んできた過ごし方を徹底してやりましたら、

異例の速さでよくなりました

 

全国から佐藤先生の治療を求めて阪南中央病院に集まる方が多い中、

仕事や学校の事情や距離、入院待ちなど、いろいろな事情でかなわない方も

多数いらっしゃるのを知っています。

それだけに、(家でひたすら耐えている苦しみを理解できるからこそ)

このブログで脱保湿という素晴らしい治療を広めております。

よくなった者が、よかった治療を広めると同時に、

このようなことがこれ以上地球上で起きないように

啓蒙活動していくのは、経験者の使命だと考えています。

読んで下さるだけで、その一翼を担っていただいているわけですから、

感謝しかありません。本当に、ありがとうございます。

 

どこの症状だと楽だ・・・というのはないかもしれませんが、

顔は見えるところなだけに、切ないですね。

でも、なってしまったからには

乗り越えるしかありません

他に道はないのです

ですから、同じ道を通るなら

無理やり楽しくしながら通りましょう

というのが私のスタンスです。

 

顔は、滅多なことでは別人になれないので、

誰とも判別つかないようになった自分の顔を鏡で見るたびに

(ぷぷっ。)と(私は)笑っていました。

髪の毛がほとんどなくなった時も、それをネタに冗談を言っていました。

決して楽な症状ではなかったと思います。

でも、通り抜けなければいけない道だから

笑って通り抜けた、というだけです。

これは、強さではなく、考え方の違いだけだと思います。

 

まだまだ世の中には大変な人たちもいるしなぁ。)とか、

苦しい病気よりはましだよなぁ。)

餓死する人もいるのにこのくらいで泣いてるわけにはいきませんよ~)と、

自分に言い聞かせ、というより、自分の中にそれが根付いているので、

ただただ、楽しさ探しをしました。

 

顔も動かせないほど痛い時がありましたが、

それでも、よく笑いました

笑うとあちこち裂けましたが、それも笑いました

 

もし、入院が難しい環境であれば、どうか、

このブログの細かい情報をノートにでもまとめて

なんとかこの療法をやってみてください。

ただし、時々医療のプロの健康診断は必要ですので、

脱ステをやることに反対しないクリニックなどに通って

危険な部分がないか、感染がないか、

などを診てもらいながら進めてください。

 

実際、海外の方は、

私が阪南中央病院に入院して習ってきた生活方法を紹介した記事を読んで、

この治療(脱保湿)がすばらしいらしい、と知っても、

なかなか日本に来られません。

それでも、3か月前のそのポストを

繰り返し読んで学びながら

海外で自力で脱ステ脱保湿を始められた方が相当な数いらっしゃって、

3か月たった今(2018年初頭現在)

世界中から、たくさんの感謝のメールが届き始めました。

みなさん一様に、

よくなった!」

この治療が今までで最高!」

と喜ばれています。

 

一方、一部のなかなかよくならない方々は、

やはりお風呂に毎日入ったり、

オイル等を塗ったり、

深夜まで起きていたり、

運動しなかったり

毎日(顔の炎症が恥ずかしいからと)ひたすら瘡蓋を剥がしてしまったり・・・

と、独自のやり方を加えている方々です。

やるなら腹をくくって、徹底的にやるということが救いの道だ、と痛感しています。

 

また、途中の極限の乾燥による

(素人的に)悪化に見える症状で、

「ちっともよくならない!」

と途中放棄してしまう残念なケースもあります。

その乾燥を乗り越えた先に治癒があるのですが、

不安になり、そこまで待てない方もいらっしゃいます。

 

症状がステロイドの副作用である限り、

佐藤先生の治療法では45~90日で相当よくなります。

ただし、やるときは、説明通りに徹底的に

ということだけはアドバイスできます。

入院している状態ほど徹底的にやるのはなかなか難しいでしょうから、

その分、多少日数がかかることは考慮に入れてください。)

 

辛い日々でしょうが、どういう環境にあったとしても

道はあります

感謝をたくさん見つけながら、なんとか乗り越えてくださいね。

また、よくなってきたときには、どうぞいつでもコメントをくださいね。

一緒に喜びあいましょう。

お大事に。

 

                   ******************************************

 

次のコメントも、症状が顔に広がり、お悩みの学生さんです。

辛い症状でありながら、前を向いてがんばろうとされています。

 

初めまして。私は今年〇〇歳の大学〇年生です。

幼い頃からアトピーというわけではありませんでしたが、

肌が弱く湿疹や汗疹が出やすい体質でよく皮膚科にかかり

細々ではありましたがステロイドの入った塗り薬を長年に渡って使用していました

ステロイドが悪いことを最近知り使用を辞めたのですが、

その後突然アトピーの症状が出るようになり、

今は整体院にかかり脱ステ脱保湿をしています。

最初は腕や首だけの症状だったのですが

徐々に顔に広がり

今では鏡を見るたびにどうしようもなく

悲しくなってしまう程に醜い状態になっており、

精神的にダメージが大きく

学校も休みがちになってしまっています。

そんな時に徳子さんのブログを見つけて読ませて頂き、

私より遥かに過酷な症状を乗り越えてらっしゃるのにその前向きな姿勢に

良い意味で大きな衝撃を受けました。

ここ数日めそめそと泣いてばかりいた私ですが

これからは己との戦いだと思い必ず良くなると信じて

前を向いていきたいと思います

 

 

〇〇様

 

とっても温かいメッセージをありがとうございます。

皮膚炎って、ホントに大変ですよね。とってもよくわかります。

ほんのちょっとの炎症でも一般人(笑)は嘆いているのに、

私たちは広範囲で不快な症状を経験しているわけですから、

それはもうこたえると思います。

 

〇〇さんは若いし、お顔に出たりするのはとても切ないと思います。

特に女性は顔の炎症で泣いている方も多く、

励ます言葉が見つからないですが、

それでも、なってしまったからには

明日よくなるものではないことは、私たち自身が誰より知っています。

だから、変わらない状況なら、

明るく生きた方がお得ですよ、というのがわたしの考え方です。

そのためには、ありがたいことを見つけ出す

などの生きるコツがある気がします。

お時間のある時に、他の記事も読んでやってくださいね。

少しでも助けになればうれしいです。

 

いずれにせよ、ステロイドを続けていたなら、

私のような恐ろしい事態になっていたかもしれません。

早い時期に気付いた〇〇さんは賢いですし、

若くして最高の選択をされたことに拍手を贈ります。

 

脱ステは、本当に私のご紹介している治療方法が一番早く脱出できます。

多くの体験した患者さんが同じ思いですので、記事を参考に、前向きに取り組んでみてください。

まったく同じように出来ると、自宅療養でも2~3か月後にかなり改善してくると思います。

 

前を向いて進もうとしているあなたは、

すでにそれだけで美しいんですよ

中身だけは、常に輝かせていてください。

 

幸せ見つけをやりながら、なんとか乗り越えてくださいね。

応援していますよ。

 

                   ******************************************

 

次のコメントは、阪南中央病院に入院されていた方で

退院後に悪化されたにもかかわらず、

病院で教わった脱保湿を実践してがんばろうと心に決められ、

前向きに頑張っていらっしゃる方です。

その素敵なコメントに元気を戴けます。

 

はじめまして。

〇〇と申します。

今年の2月末から4月末まで阪南中央病院に入院していました

同じ入院患者の友人に徳子さんのブログの事を数日前に初めて聞き、

読ませていただきました。

 

徳子さんがされた壮絶な体験。

私なら耐えれなかっただろうなぁと思います。

 

退院して、どんどん悪化していく状態に不安になったり、

イヤイヤ!教わった事を実践する時と言い聞かせて、毎日を過ごしています。

 

自分で自分の機嫌をとる!

大事な事ですね。

自分の身体を信じて毎日やってみたいと思っています。

これからもブログのアップを楽しみに読ませていただきます。

 

                   ******************************************

 

コメントを下さった皆さま。

覚悟を持って取り組む姿勢、本当にご立派です!

ご投稿、ありがとうございました!

 

                   ******************************************

 

読者のみなさん。

皮膚炎と言うのは、メンタルの維持が大変な病気です。

そして、よくなったり、悪くなったりを繰り返すのが普通です。

 

でも、ひとつだけ気付いて下さい。

そして、どうか、心に留めておいてください。

実は、

あなたのゴールは ‟完治” ではないのですよ

 

あなたの本当のゴールは病気に振り回されなくなること

病気にコントロールされなくなることです。

とにかく、そこまで到達して、まず、ゴールのテープを切ってください。

そこからが、あなたの新たなスタートです。

 

そんながんばっている素敵なあなたのサポートが出来たなら、

私もとっても幸せです。

せっかくの自分の経験を、有効に生かせることになりますから。

 

がんばるあなたと共に、私はいつもここにいますよ。

両腕を広げて、あなたがゴールに向かうのを待っています。

 

よくなる日は必ずやってきます。

なんとか乗り越えてくださいね。

 

今日も素晴らしい一日を!