チェコ・プラハ Praha, Czech Republic


遠方の素敵なお友達から、

チェコのビールをおいしく飲んでいる・・・というメールを頂きました。

飲めない私はうらやましいな~・・・と思いながら、

せめてチェコの美しさでも紹介して対抗(?)したいと思います。  

 

さて、本日は、チェコの首都・プラハをご紹介します。 こちらは駅なんですが、ちょっと幻想的だと思いませんか?

czech republic staion  

 

夜の旧市街。フツーにロマンチック!日本の街角にはこんなロマンはなかなかありませんねぇ。 praha 1    

 

プラハ城の入口に向かっていくところです。全景が見えてきます。

ボヘミア王家の居城と宗教施設群が一緒になってます。

まあ、そんな説明は置いといて、ヨーロッパの建物はデカイ。なんでもデカイ。圧倒されます。

Prague Castle/St Vitus Cathedral (Prazsky hrad/Kathedrala Sv. Vita)

プラハ城

プラハ城・聖ヴィート大聖堂

 

 

城内に入って行くとまず噴水のある広場に。

昔の人々の息遣いをそのまま感じるような雰囲気です。

Prague Castle

プラハ城・コールの噴水

プラハ城・コールの噴水

 

 

城内の大聖堂は大迫力。

なんと、中にはあのチェコを代表する国民的画家、アルフォンス・ミュシャのステンドグラスがあります。

豪華ですねぇ。

プラハ城・聖ヴィート大聖堂  St Vitus Cathedral

 

 

全体像はこんな感じ。

プラハ城 聖ヴィート大聖堂  St Vitus Cathedral

 

 

旧王宮側から出ようとすると、おや? なんと、あのトム・クルーズが、

あの映画の撮影をした階段が! 道理で観光客が夢中になって写真を撮ってます。

もちろん私も、パチリ。私はミュシャに対抗して、ミーハーやりました。(悲壮感のあるシャレになってしまいました・・・。)

ただの階段と見過ごしそうなものも、

トム様が撮影に使われただけで、一番の撮影ポイントになってしまうのですね。

トムクルーズ撮影場所    

プラハ城を出て街に向かうと、

まあ、右も左も・・・・ヨーロッパ~~~~!

街角がどこもおしゃれです、おしゃれ。

   

 

下の写真、カレル橋はプラハ城からマラー・ストラナ(世界遺産登録の歴史地区)に渡る最も古い橋。

Saints Sculpture

橋には30もの聖像彫刻が並びます。    

 

この橋は、スリやひったくりの被害に合う観光客が多いのでも有名ですが、

聖像を鑑賞していたり、路上パフォーマンスに見とれていると、

平和ボケ代表・チームニッポンはやられてしまいがちですねぇ。    

 

 

カレル橋と橋塔 Charles Bridge (Karlův most)

 

 

 

lock橋の途中には、恋人たちが記念につけていく南京錠がいっぱい。

どこの国も、多いですねぇ、これ。

皆さん、その後の結末はいかがなんでしょうかね。

どうぞ、お幸せに・・・・。

(あれ?まさか皮肉に聞こえてませんよね?)  

 

 

 

さあ、旧市街広場に入って行きます。  

 

旧市街広場です。 美しい~。

でも、でも、暗くなってきたら、もっとすごいんですよ~。

それを出し惜しみしながら・・・・  

Old Town Square

 

 

広場にあるティーン教会。

ちょっと暗くなってきました。いい感じ。

Church of the Virgin Mary before Týn

 

 

どうです! 別に私がデザインしたわけではないけれど、

誇りたくなる夜の旧市街広場。

Night View of Old Town Square

 

 

下は旧市庁舎。プラハ名物の時計塔。

毎正時に12使徒の仕掛け人形が現れます。

Old Town Hall and Astronomical Clock (Staroměstská radnice)

 

 

どっちを向いてもすごいんです。  

 

ね、素敵でしょう? うっとりします。

 

 

                   

 

さて、ここで腹ごしらえです。

チェコの皆さんは、日本人よりがっつり肉を召し上がっている印象。

ボリューム、ハンパないです。

次は、煮込みが基本の伝統料理。

ポークの横にある輪切りのかまぼこチックな見た目の食べ物は

クネドリーキと言いまして、チェコ人の主食のゆでパンです。

蒸しパンに近い?  

 

いやはや、それにしても、本当に美しい街です。

チェコもお勧めですよ。

どうぞ、ステキな方とお出かけください。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください